コンテンツマーケティングリスティング広告を行っている企業様は、特集ページランディングページなど、定期的に新規作成しなければいけないコンテンツがあるものです。
そのたびにページデザインを考えるのは専業のデザイナーの方でも簡単なことではありません。

そんな時にすぐにデザインを決められるよう、今回は高品質な無料のデザイン素材をまとめました。デザインテンプレも豊富なので、デザイナーではなくてもある程度のクオリティに仕上げることができます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

1. Photoshopを使う際にデザインの幅が広がる無料のパターン素材80選

Photoshopを使う際にデザインの幅が広がる無料のパターン素材80選
https://ferret-plus.com/1224

じっくりデザインをする時間はなかなか取れない、そんな時に活用したいのがフォトショップ用のパターン素材です。
パターン素材は、レイヤースタイルに適用するだけであっという間にデザインを変えることができます。
パターン素材には無料で公開されているものも多く、種類も大変豊富に揃っています。

2. デザインの参考にもできる無料のPSDファイル80選

デザインの参考にもできる無料のPSDファイル80選
https://ferret-plus.com/1242

ホームページ広告をデザインする時、仮でイメージを作っておきたいことがあります。そんな時に重宝するのがPSDファイルです。
PSDファイルとは、Photoshopの標準画像ファイル形式を指します。
PSDファイルの大半は、レイヤーが分かれた状態で保存されているため、編集・カスタマイズがしやすいのが特徴です。また、デザインテクニックを学ぶためにも利用できます。

3.デザインの雰囲気が手軽に変わるオススメPhotoshop無料テクスチャ60まとめ

デザインの雰囲気が手軽に変わるオススメPhotoshop無料テクスチャ60まとめ
https://ferret-plus.com/1368

テクスチャ素材はWebデザイン、グラフィックデザインなどあらゆるシーンで活用できます。
最近では重ねるだけで手軽に印象をアップできるものも増えているので、ストックしておいて損はないでしょう。
こちらの記事では、photoshop無料テクスチャを60個厳選してご紹介しています。

4. 全て無料!現役デザイナーが選ぶ高品質で無料のベクター素材80選

全て無料!現役デザイナーが選ぶ高品質で無料のベクター素材80選
https://ferret-plus.com/1222

ベクター素材は、jpg、PSD形式と異なり、拡大縮小したり編集しても画質が劣化しないというメリットがあります。
ホームページだけでなく印刷物にも最適なベクター素材は、沢山持っておいて損はありません。

まとめ

ホームページのデザインによって、ユーザーが受ける印象は大きく変化します。
自社サービスに対してこのようなイメージを持ってもらいたい、という部分が明確であれば、それをデザインに反映させてユーザーの印象をある程度コントロールすることができます。
コンテンツマーケティング全盛期の今、もちろんどのような情報が載せられているかも重要ですが、その情報をより伝わりやすくするためにはデザインの力が必要です。
普段からデザイン素材やアイデアを蓄積し、このコンテンツに合うデザインは何なのかをすぐに出せるような環境を整えておきましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

全て無料!現役デザイナーが選ぶ高品質で無料のベクター素材80選
【決定版】もはやデザイン不要!Photoshopの高クオリティなブラシ80選
Photoshopを使う際にデザインの幅が広がる無料のパターン素材80選

このニュースに関連するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関するカリキュラム

LPOに関して、カリキュラム形式で学びましょう