TikTokは中国に本社を置くByteDance社が運営しているショートムービーシェアアプリです。BGM付きの短尺動画をTikTokアプリ1つで撮影・編集・アップロードができ、若者を中心にブームを巻き起こしました。TikTokアプリだけで動画編集ができますが、最近はクオリティの高い動画をアップしているユーザーもたくさんいます。

TikTokではすでにカメラロールに入っている完成した動画をアップロードできるため、事前に動画を作っておくのもいいかもしれません。そこで今回は、TikTok用の動画編集ができる無料のアプリ・ツールを紹介します!

TikTokの編集機能

image7.jpg

さまざまな動画編集アプリがありますが、やはりワンストップで撮影・編集・投稿ができるというお手軽さでいえばTikTokの右に出るものはいないでしょう。

撮影し、動画編集のために別のアプリを開き、投稿のためにTikTokを開き……という煩わしさがありません。

TikTokの編集機能にはエフェクトやステッカー、効果音、アフレコなどがあり、動画編集に困ることはほとんどないでしょう。何より動画を1カットずつ撮影・その場でやり直しなどができて効率的です。

LightMV

image2.jpg

LightMVにはプロのデザイナーによる豊富な動画テンプレートが用意されており、中にはTikTok用のおしゃれでクリエイティブなテンプレートもあります。

そういったテンプレートを選べばアスペクト比の設定やエフェクトの選択などを省略でき、さらにオリジナリティも加えられるでしょう。

テンプレートには真四角や横長タイプもあるため、Instagram用やYouTube用の動画もこのアプリ1つで編集できます。

BeeCut

image4.jpg

Bee CutはiPhoneやAndroidなどのスマホアプリはもちろん、Windows、MacOSのパソコンでも利用できる動画編集ツールです。

フィルターにトリミング、TikTokでも反響がありそうなトランジョンなどの機能が備わっており、音楽も用意されています。9:16のアスペクト比もあるのでスマホ画面に合わせた縦長動画をパソコンで編集できるのがいいですね。

さらに写真を選択して写真スライドショーなども作れるため、動画の撮影が面倒という人にもおすすめです。

VivaVideo

image5.jpg

初心者でも使いやすいうえにプロ級の編集ができるのがVivaVideoです。テーマ、トランジション、コラージュなど動画編集の幅を広げてくれる本格的な機能が備わっており、なおかつ直感的に操作できるUIが特徴です。

まったくの初心者であればテンプレートが用意された動画編集アプリでも十分ですが、これから本格的に動画編集を学びたいのであれば、VivaVideoのようなアプリからスタートしてみるといいかもしれません。