顧客からの問い合わせに一つ一つ対応するには、人件費や作業コストがかかります。そこで多くの企業が実施しているのが、LINEのチャットボットを活用したサービスです。LINEチャットボットを活用すれば、少ない労力で多くのユーザーからの問い合わせに自動で回答可能です。

本記事では、LINEチャットボットを活用すべき理由やメリットと、実際にLINEチャットボットを活用した3つの企業事例を紹介します。

LINEチャットボットとは

自動でユーザーと対話してくれるロボット

チャットボットとは、ユーザーが送った内容に対して、自動で回答してくれるロボットのことです。LINEでは、2016年に「Massaging API」が発表され、そのときからLINEアプリ内で運用できるチャットボットが開始されました。

LINEでチャットボットを行うには、「LINE公式」もしくは「LINE@アカウント」を取得すれば、運用が可能です。LINEで行う通常会話のように対話ができるので、ユーザーも非常に操作がしやすいでしょう。

代表的なLINEチャットボットとしては「リンナ」が有名です。そのほかにも、俳優や女優などと自動で自由にやり取りできるチャットボットもあります。

このように、LINEチャットボットは、現在さまざまな場面で利用されており、非常に注目を集めています。

LINEチャットボットの基本的な機能

LINEチャットボットは、大きく分けると4つの機能があります。

運営側からの話しかけ
コンバージョンに繋がるCTA(Call To Action)ボタンの送信
カルーセルテンプレート
画像カルーセルテンプレート

運営側からの話しかけ

LINEチャットボットでは、運営側からもユーザーに話しかけられます。すべてが自動で行われると思われていますが、難しい内容の質問などはチャットボット機能で対応できません。

自動で回答できない内容に関しては、人材を配置して対応をしていくため、運営からも話しかけられるようになっています。

コンバージョンに繋がるCTA(Call To Action)ボタン機能

LINEチャットボットでは、直接コンバージョンに繋がるCTAボタンの設置ができます。例えば、飲食店への予約に繋がるボタンや、展開しているサービスに入会するためのWebサイトへの誘導ボタンなど。

画像やテキストなどの複数のボタンを組み合わせてメッセージを送ることが可能です。

カルーセルテンプレート機能

カルーセルテンプレートとは、複数の選択肢をスワイプで表示できる機能のこと。ボタン機能と同様に、画像やテキストと一緒に複数のボタンを組み合わせられます。

画像カルーセルテンプレート機能

画像カルーセルテンプレートは、複数の画像をスワイプできる機能です。アンケートなどではなく、日用品やファッションアイテムなどを紹介する際にオススメの機能になります。