チャットボットを活用してお問い合わせや予約受付などの業務効率化に動く企業が増えています。しかし、自社でも導入してみたいものの、実際の活用に向けたイメージができていない方もいるのではないでしょうか。

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

今回は、LINEのチャットボットを実際に活用している企業の事例を紹介します。自社でも導入できそうな活用例がないか、探してみましょう。

LINEはユーザーにとって身近なコミュニケーションツール

LINEは、性別や年齢を問わず、多くのユーザーに利用されているコミュニケーションツールです。LINE株式会社の発表によると、84%のLINEユーザーが毎日利用しています。

参考:
LINE アカウント 2018年1月-2018年3月媒体資料|LINE AD CENTER

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

つまり、それだけLINEはユーザーとの接点が多いツールであるといえます。企業とユーザーのコミュニケーションを図るチャットボットにとって、LINEは効果的なプラットフォームなのです。

また、LINEのトーク画面はユーザーも使い慣れているため、他のチャットボットよりも抵抗感や違和感をもちにくいといえるでしょう。