LINEを活用したプロモーションが増えています。

LINEとはNHNジャパンというIT企業が公開しているメッセージングアプリです。無料でつかえiPhoneやAndroid、フィーチャーフォンに対応し、全世界でユーザー数を増やしています。

実店舗でLINEを使ったプロモーションが増えている

スマホ拡大とともにLINEというメッセージツールも普及が広がっています。いまや小学校の連絡に使うケースも。

Thumb 01
URL:http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/562101.html
 スマートフォン向けアプリLINE(ライン)の利用が拡大する中、LINEを通して特売や特典などの情報を客に知らせる店が道内で増えている。

実店舗をもっていればビジネスにLINEを使える

LINEは基本ビジネス利用を禁じています。しかし、実店舗を持っていればLINE@を安価で利用でき販促活動などに使うことができます。

Thumb 02
URL:http://at.line.me/jp/
LINE@は国内5000万人以上が利用するLINEで、お店のホームページが無料で簡単に作成できたり、ユーザーへメッセージやクーポンを一斉配信できる、リピーターの獲得や集客、売上UP効果が期待できる店舗オーナー向けの販促サービスです。

公式アカウントとして商用利用も可能だが高額

高額ながら公式アカウントとしてプロモーションに利用することも可能です。ただし、非常に高額ですので、現状は大手企業の利用にとどまっています。そのため、予算の少ない企業でも導入しやすい前述のLINE@が提供されました。

Thumb 03
URL:http://www.lawson.co.jp/socialmedia/
ローソン公式ソーシャルメディアアカウント ローソンクルー♪あきこちゃん Twitter・モバゲー・facebookで最新情報をお届けしてます♪

もはやテレビ番組の様相も

LINEはソニーミュージックと組んでオーディションを開催しています。すでに大手メディアとしての立ち位置を確立しはじめたといっても過言ではありません。

Thumb 04
URL:http://linecorp.com/press/2014/0902807
ソニー・ミュージックエンタテインメントと共同で実施しているオーディションプロジェクト「LINE オーディション」・・・。

実店舗がクーポン配布

すでに実店舗でもLINE@の成功事例がではじめています。具体的には週に1回クーポンを配布するなど、メルマガのような活用で広がっているようです。

Thumb 05
URL:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/157/157169/
LINE@は無料メッセアプリ『LINE』が昨年の12月から開始した小規模ビジネス向けの法人アカウントサービス。LINE@でいかに成果を上げられるか。実例をふまえたLINE@セミナーのレポート。