写真や動画をメインに活用することで人気を集めているInstagram(インスタグラム)。近年は企業の集客ツールとしても活用され、さまざまな施策が打たれています。実際にInstagramならではの形式を活かして、購買に結び付けている企業も多数存在。現在も利用者数が年々増加していることから、企業の宣伝媒体の1つとして有効に機能するでしょう。

参考:2020年5月更新! 12のソーシャルメディア最新動向データまとめ|Social Media Lab

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます

しかし有効なツールであるがゆえに、競合が多いのもInstagramです。アルゴリズムやユーザーの特性を理解した、的確なアカウント運用が必要となるでしょう。そこで本記事では、Instagramを利用したユーザーの消費行動を促進するための活用Tipsを紹介します。活用の基本から振り返りますので、より強固な運営ノウハウを習得していきましょう。

Instagram(インスタグラム)集客の基本4選

何をするにしても基本は押さえておくべきです。Instagramの運用にはさまざまな手法がありますが、Instagramで実績を残しているアカウントには特徴があります。その中からアカウントの運用に大切な4つの軸に沿って紹介しますので、現在のアカウントの運営方法と照らし合わせてみてください。

コンセプトを明確にする

まずはコンセプトを明確にしましょう。発信の軸がはっきりしていることで、ユーザーに情報を受け止めてもらいやすくなります。企業のアカウントの利用目的は、自社のサービスや商品を購買に結び付けることです。そのために写真や動画を使って、どのように興味や感情を刺激するかが勝負所になります。

自社の商品をどのように魅せたいのかを明確にする。これを徹底して行うことで、ブランド性の軸を定めることにつながるのです。軸が定まれば発信内容についても答えが見えてきます。アパレル系であれば、着用した時の華やかな様子を表現したコンテンツ展開をするなど、顧客にとってのベネフィットを提示できるのです。アカウントの核となる部分ですので、徹底して方針を立てていきましょう。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

統一した世界観を構築する

コンセプトを明確にすることに連動して、コンテンツ自体の統一感も必要です。軸が保たれたコンテンツによって世界観が生まれ、より的を絞ったコアなユーザーにアプローチができます。

また、世界観を作るためにはルールも忘れてはいけません。旅行会社であれば、取り扱っている旅行プランをテーマにした観光スポットの美しい風景など、1つの明確なルールを設定しましょう。そのコンテンツユーザーの感情を動かすものであればあるほど、Instagramは有力な集客ツールとして機能します

色味を統一するのか、興味を引くために色味を変えてインパクトを与えるのかなど、企業のブランド性や目的に応じて選択していきましょう。企業ならではの真似できない質の高さも、大きなアドバンテージとなります。

参考:2020年のインスタマーケ、成否を分けるのはやっぱりコンテンツ【松屋の公式アカウント仕掛け人が解説】|MarkeZine

PDCAサイクルを回していく

1回で結果が出ない場合は、分析と改善を繰り返していきましょう。Instagramは競合が多いことやアルゴリズムの変動などにより、思うような結果がでないことも多いです。そこである程度の運用をして行く中で、実験をしてみましょう。

世界観の統一をしていく過程で、よりユーザーに魅力的に見えるのは何なのか。結果が出なかった場合は、属性の同じアカウントの評価の高い投稿などを参考に比較・分析しましょう。改善点が見つかり、運用の方向性を見極めることが可能になるはずです。

SNS運用は地道に信頼を積み上げていくことが鍵となります。よりよい発信のためにも、PDCAサイクルを絶えず回していきましょう。

適切なハッシュタグを使う

Instagramにおいてハッシュタグは、全く関わりのないユーザーをつなげるための大事な機能です。商品を販売したい企業が、フォロワーがいない状態で発信しても結果には繋がりません。そこでハッシュタグを活用します。

ターゲットとなる顧客層にマッチしたハッシュタグを利用することで、的確に届けたいユーザーに投稿を届けることが可能です。化粧品メーカーであれば、メイクに関心のある人が利用するハッシュタグを利用しましょう。

またハッシュタグは、1つの投稿に対して30個まで設定可能です。関連性の高いタグを設定し、投稿を効率的にユーザーに発信していきましょう。ただエンゲージメントを高めようとして、関連性の低いタグを多くつけても、逆効果となるので気をつけましょう。

参考:Instagramで見つけてもらう方法|Instagram