Instagramはトレンドメーカーともなる人気のSNSです。SNS集客を行うにあたって欠かせない媒体だと言えるでしょう。Instagramマーケティングを最適化すれば集客力を大きく高めることができ、商品やサービスの認知度を高めたり、購入や問い合わせなどのコンバージョン率を高めたりしやすくなります。

この記事では、Instagramの特徴や運用するメリット、Instagramでよく活用される動画広告の効果を高めるポイントなどを解説したうえで、Instagramで動画コンテンツを発信して集客に成功した事例を3つご紹介します。企業でInstagram運用を担当している方や、SNSマーケティング担当者の方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. Instagram(インスタグラム)の特徴
  2. Instagram(インスタグラム)広告のメリット
  3. Instagram(インスタグラム)広告を成功させる方法
  4. Instagram(インスタグラム)運用の成功事例3選
  5. Instagram(インスタグラム)でうまく動画を活用すれば、SNS集客が成功する
Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。

Instagram(インスタグラム)の特徴

Instagramは若者を中心に広がっている、写真・動画共有用のSNSです。FacebookやTwitterよりも新しいSNSで、ユーザー数の伸びも大きく成長が期待できます。そんなInstagramの特徴を解説します。

image3.jpg

女性・若者が多く利用している

Instagramのユーザー層は20~30代の女性がメインで、女性や若者向けのSNSだと言えます。そのためトレンドメーカーとしても機能し、人気のハッシュタグで多くの新規ユーザーの注目を集めることも可能です。SNSマーケティングとしては、女性向けの商品やサービスを提案するのに適しているでしょう。

ハッシュタグ検索がよく行われる

InstagramはTwitterやFacebookのようなシェア機能がなく、フォロワー以外はハッシュタグ検索で流入するケースが多いです。すでに興味関心を持っているユーザーがハッシュタグ検索してコンテンツを自主的に見つける可能性が比較的高く、角度の高いホットユーザーにアプローチすることが可能です。

テキストではなく写真や動画がメイン

Instagramの投稿には写真や動画が必須で、ユーザーもテキストより写真や動画を重視します。テキストが長い場合は「もっと見る」ボタンをタップしないと全文が表示されず、タイムラインをざっと流し見するユーザーが多いため、視覚的にインパクトを与えることが重要です。

Instagram(インスタグラム)広告のメリット

Instagram広告とは、その名の通りInstagramに掲載できる広告のことです。代表的なメリットは3つあります。

image5.jpg

若い女性に配信しやすい

日本では、Instagramユーザーの約6割が女性で、18~29歳が約7割と多くを占めています。日本国内の月間アクティブアカウント数も、2019年の時点で3,300万人を突破しているので、SNSで若い女性にアプローチしたいならInstagram広告がおすすめです。

ブランディングに向いている

Instagramは写真や動画を投稿するため、画面占有率が7~8割と非常に高いのが特徴です。そのためメッセージや世界観を伝えやすく、テキストメインの媒体よりもブランディングに適していることも大きなメリットだと言えます。しっかりコンセプトを反映したコンテンツを発信するならInstagramが適しています。

BtoC商材の配信に使いやすい

Instagramはプライベートで活用しているユーザーが多いため、BtoC商材の配信に適しています。問い合わせや購入などのコンバージョンに直結させるというよりは、継続接触による間接効果を期待して長期的にアプローチしていくケースが多いでしょう。単価が低いBtoC商材だとしても、少額から即日配信できるため気軽に活用しやすいです。

そんなInstagram広告の掲載場所や、Instagram広告のフォーマットについてはPDF資料「Instagram広告はじめてガイド!特徴や配信前に知っておくべきこと」にて詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告の特徴や配信前に知っておくべきことについて解説いたします。

Instagram(インスタグラム)広告を成功させる方法

Instagram広告で成果を出すためにはどうしたらいいのか、おすすめの方法を4つ紹介します。

動画コンテンツを活用する

現在、Instagramに限らず動画広告市場が急速に伸びています。動画広告は多くの情報量を発信でき、効率的にユーザーにアプローチできるからです。インパクトも大きく、ほかのInstagram広告よりも目立たせて印象に残す効果も期待できます。

最初に重要なメッセージを表示する

動画広告は平均3秒しか表示されずすぐスワイプされてしまうため、最初にユーザーの心をつかむのが重要です。3秒しか見なくても内容が伝わるように、動画の最初に重要なメッセージを表示して広告の効果を高めましょう。

テロップをうまく活用する

ほとんどのユーザーが無音で動画広告を再生するため、無音でも広告内容が伝わるようにテロップ(テキスト)を活用するのがおすすめです。テロップのフォントやカラーなどを工夫し、動きをつけるなどしてユーザーが飽きにくいようにしましょう。Instagramのストーリーでは音声つきで再生する人も多いため、ストーリーで動画広告を流す場合は音声にも注力してください。

サイズを最適化する

スマートフォンの画面占有率が高いほうが動画広告に意識が向きやすくなります。 フィードなら正方形、ストーリーズなら画面いっぱい(縦長) になるように動画のサイズを最適化し、少しでも印象に残るようにしましょう。

Instagram広告にかかる費用の仕組み、ターゲティングの種類など、広告運用前におさえておくべき基礎知識はPDF資料「マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイド」でまとめて解説しているので、参考にしてください。

Instagram動画広告完全ガイド

Instagram動画広告完全ガイド

マーケティング担当者のためのInstagram動画広告完全ガイドについて解説致します。

Instagram(インスタグラム)運用の成功事例3選

Instagramをこれから運用する方や成果を高めたい方に向けて、Instagram運用の成功事例を3つ紹介します。

Instagram(インスタグラム)からのEC流入率が120%になった事例

image2.jpg

ジェルネイルをはじめとした化粧品を取り扱っている株式会社グルーブは、これまでもInstagram向けに動画を制作していたものの、外注の場合は動画制作に1か月も時間がかかることが課題でした。新作や季節ものなど、タイムリーに販売したい商品だと動画制作が間に合わず、プロモーションが遅れてしまうことがあったのです。外注費がかかることもネックで、3か月に1本ほどしか動画制作ができていませんでした。

そこで、テンプレートが豊富でAIサポートもついている動画作成クラウドツール「Video BRAIN」を活用し、専門知識がない社内スタッフでも動画を制作できる環境を整えました。メインで運用を担当しているマーケティング営業部4名のうち3名が未経験者ですが、今まで2週間もかかっていた動画制作期間はわずか1日にまで短縮できました。

現在では週に1本ペースで動画制作できるようになり、その都度SNS更新をしています。その結果、InstagramからのEC流入率が120%も増加しました。このように、UIがわかりやすく、未経験者でも簡単に操作できる動画制作ツールを選ぶことで、動画制作を内製化しやすくなり、Instagram運用のハードルが一気に下がるでしょう。

動画活用でわかったInstagram運用のポイント、継続的に動画を制作するコツなどはPDF資料「InstagramからのEC流入率が120%増加!」からご覧ください。

InstagramからのEC流入率が120%増加!

InstagramからのEC流入率が120%増加!

化粧品を取り扱う株式会社グルーブ様がInstagramからのEC流入率120%アップを実現した秘訣を語ります。

Instagram(インスタグラム)ストーリーズのセッション数が130%にアップした事例

image4.jpg

「earth music&ecology」などのアパレルブランドを多数展開する株式会社ストライプインターナショナルでは、Instagramの投稿数を増やせないことが課題でした。Instagram用に新しい素材を毎回用意するのが難しく、手が回りきっていなかったのです。

そのため、現在手元にある素材だけで複数のコンテンツを制作できるように、写真ではなく動画でInstagram投稿をすることにしました。動画にすれば、同じ素材でも切り口や見せ方を変えるだけで複数のコンテンツを制作できるからです。

スピーディーに、しかも手軽に動画制作するために、動画編集未経験者でも簡単に動画制作ができるクラウドツール「Video BRAIN」を導入したところ、動画1本あたり15分で制作できるようになりました。

反響が良い動画は社内で共有して毎日投稿を続けた結果、リーチ数やセッション数の総数が伸びていき、Instagramストーリーズで展開したセール告知のセッション数は昨対比130%にまでアップしました。

商品動画やセール動画でどんなポイントを押さえれば集客が成功するのかなど、詳細はPDF資料「動画活用でセッション数昨対比130%アップ!動画を武器に、投稿数を改善」にて解説しています。ぜひダウンロードしてご覧ください。

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!

動画活用でセッション数昨対比130%アップ!

株式会社ストライプインターナショナル様がSNSでのセッション数昨対比130%アップの秘訣を語ります。

未経験でも月100本の動画を制作できた事例

image1.jpg

全国でスポーツクラブを運営する株式会社ルネサンスは、動画制作(外注)において1本あたり数十万円ものコストがかかっていて、集客用の動画を量産できないことが課題でした。多くの動画を作りたくても予算が足りないため、動画制作を内製化して、そのうえで量産できる体制を整える必要があったのです。

そこで、低コストで簡単に動画を制作できるクラウドツール「Video BRAIN」を導入し、動画制作を内製化しました。「Video BRAIN」は直感的に操作できるため、これまで動画編集していないスタッフでも社内にある素材を活用して動画を作ることが可能だからです。パソコンをネットにつなげばどこでも動画制作できるクラウドサービスであることも、制作のハードルを下げました。動画のサイズをSNSに合わせて変更し複数メディアにも展開できる点、クラウド上で動画を一元管理することで量産しても類似動画が生まれないようにコントロールできる点もメリットです。

「Video BRAIN」を導入してからは、プロカメラマンが撮影した素材とスマホで撮影した素材をもとに月100本もの動画が作れるようになりました。動画の保存数は画像の保存数よりも120%多く、高い集客効果を発揮しています。

動画編集初心者でも月100本制作するポイントや、特にユーザーからの反響が良い動画の特徴などは、PDF資料「月間100本以上制作!社内全体で動画を活用」にて解説しています。

未経験から月100本の動画制作を達成!

未経験から月100本の動画制作を達成!

動画編集ツール『Video BRAIN』の導入事例についてご紹介致します。

Instagram(インスタグラム)でうまく動画を活用すれば、SNS集客が成功する

動画もよく投稿されるInstagramは、動画広告の効果が出やすい媒体だと言えます。Instagram自体もまだまだユーザーが伸びていきそうな成長中のSNSなので、これからSNSマーケティングに注力していきたい企業はInstagramを積極的に運用し、動画広告も活用していくと効果的でしょう。

動画制作にはコストと時間がかかるため、うまくツールを活用しながら簡単に動画を制作できる社内体制を整えることが重要です。今回紹介した成功事例も参考にしながら、効率的にInstagramで動画コンテンツを発信し、SNS集客を成功させてください。

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

特徴や配信前に知っておくべきことについて解説します。