画像検索ツールを使って快適に検索

Twitter上でコマンドを入力することで、検索を効率的に行う方法を紹介してきましたが、ここからは外部ツールの利用についても見ていきます。外部ツールを利用は、より簡単な検索が実現する方法です。

Twitis

外部ツールの1つ目は「Twitis」です。Twitter上での画像検索ではできない手順での検索が可能となっており、画像検索により特化したサービスとなっています。やり方は簡単で検索バーにキーワードを入力するだけ。

あとは結果から気になる画像の詳細を確認することで、画像について深堀りすることができます。Twitterの検索だけを利用して画像ツイートを探そうとすると、目的の画像ツイート以外のものも引っかかることがおこってしまうもの。それを避けるためにも外部ツールは有効なのです。

参考:【Twitterで画像検索するやり方】検索のためのテクニックも紹介!

TwiGaTen

TwiGaTen」は画像転載を見つけるために開発されたツールです。画像転載は著作権的にも問題となる点が多いため、特定が容易になるという点で使い勝手のよいものとなっています。また特定の画像を見つけたい人にとっても、使い勝手のよいツールとして活用可能です。
特定のアカウントに絞って類似画像を検索することも可能となっているので、無断転載画像を特定するための機能としては十分すぎるものがあります。

参考:TwiGaTen

TweetDeck

また「TweetDeck」というツールを利用することで、Twitter上で見つけた画像に写っている人やものの名称を調べることも可能です。ツールを用いることによって、画像の右上に表示されるボタンをクリックするだけで検索ができるものとなっています。Googleの画像検索のために、1回1回スクリーンショットをとる手間が省けることもメリットの1つです。

効率的な検索で楽しいTwitterライフを

Twitterで画像検索する方法について紹介してきましたが、コマンドを利用する方法もあれば外部ツールを活用する方法もあります。実際に利用していく中でどちらが正しいというものはありません。自分に適したものを利用するようにしましょう。

今後もより便利な機能が登場する可能性は大いにありますので、その都度チェックをしていくとよりよいTwitterライフにつながるはずです。ぜひ本記事も参考にしつつ、画像検索を活用してみてください。

関連記事

Twitterのハッシュタグを有効に使おう!効果的な使い方とは?

Twitterのハッシュタグを有効に使おう!効果的な使い方とは?

Webマーケティングの中でも主戦場になりつつある「SNS」。中でも人気の高いTwitterでは「ハッシュタグ」という機能を使えば、フォローしていないまたはフォロワーではないユーザーにも投稿を見つけてもらいやすく、よりSNSマーケティングの効果を高められます。ハッシュタグの基本から使い方まで詳しく解説しているので、ぜひ今日からハッシュタグを活用してみましょう。

Twitter(ツイッター)で拡散を狙うなら朝5時が穴場!100万ツイートの分析で判明した拡散されやすい時間帯

Twitter(ツイッター)で拡散を狙うなら朝5時が穴場!100万ツイートの分析で判明した拡散されやすい時間帯

Twitterアカウントを運用する上で発生しうる悩みの1つに、「リツイートされるツイートを増やしたい」があります。フォロワーの活動時間帯やTwitterの使い方によっても、拡散されやすいタイミングは異なります。そこで、平日・休日、朝・昼・夜など、いろいろな曜日や時間に投稿し、運用しているアカウントはどの時間帯が相性がいいのか探ると「投稿=拡散される最適なタイミング」というのがわかってきます。そこで今回は、ユーザーの100万ツイートを分析してTwitterで拡散されやすい時間帯を調べた調査した結果をご紹介します。

Twitter(ツイッター)トレンドを駆使して今や過去の流行や話題を知ろう

Twitter(ツイッター)トレンドを駆使して今や過去の流行や話題を知ろう

Twitter(ツイッター)トレンドとは、独自のアルゴリズムによって、今注目を浴びているトピックをピックアップするものです。今注目の話題が分かるTwitterトレンドについて、その見方や地域別での表示のさせ方について解説していきます。