Web担当者は、Twitterの「高度な検索」という機能を利用されていますでしょうか?
Twitterは単純なキーワード検索だけでなく、Googleのように少し複雑な検索にも対応しています。

今回は、高度な検索機能をまだ利用されたことが無い方に向けて使用方法を解説します。
エゴサーチ(自社に対してネット上でどのように言及されるかを調べること)にも大変便利なので、ぜひチェックしてみてください。

一般的な検索機能の使い方

1.画面右上にある検索窓にキーワードを入力し、虫眼鏡のマークをクリックすると検索結果が表示されます。
検索窓にキーワードを入力

2.検索結果には「トップ」「ライブ」「アカウント」「画像」「動画」の5つのカテゴリがあります。
検索結果

「トップ」は、検索キーワードを含むツイートで人気のもの(お気に入り・リツイート数が多いもの)が優先して表示されます。「ライブ」は投稿された順に表示されます。
アカウント」は検索キーワードを含むアカウント名、「画像」は検索キーワードを含むツイートと一緒に投稿された画像が表示されます。「動画」も同様です。

画像検索
画像検索の表示画面

高度な検索機能の使い方

1.検索カテゴリの右端にある「その他の設定」をクリックしたら表示されるメニューの中にある「高度な検索」をクリックします。
高度な検索

2.「高度な」検索の画面に入ります。
検索の画面
高度な検索では複数のキーワードを異なる条件で検索できます。
キーワードを複数入力するときは、間に半角スペースを入れます。

「高度な検索」では、以下のような検索が行えます。

単語

これらのすべての単語

これからのすべての単語
入力した単語が全て含まれるツイートを検索できます。
Google検索エンジンの「AND検索」と同じ機能です。

これからのすべての単語検索結果
この場合「ferret」「マーケティング」「コンテンツ」の3語が全て含まれるツイートが表示されます。

このフレーズ

このフレーズ
入力した語順通りのフレーズを含むツイートを検索できます。
「ferret マーケティング コンテンツ」というフレーズが含まれるツイートが表示されます。

これらの単語のどれか

入力した単語のいずれかを含むツイートを検索できます。
Google検索エンジンの「OR検索」と同じです。

これらの単語を含まない

入力した語句を含まないツイートを検索できます。他の機能と組み合わせることで、例えば「ferret」は含むけれど「マーケティング」は含まないツイートを検索することができます。

これらのハッシュタグ

ハッシュタグ検索ができます。

使用言語

使用言語
特定の言語に絞って検索できます。

ユーザー名

このユーザーからのツイート

入力したアカウントから発せられたツイートを検索することができます。

このユーザー宛ての返信

特定のアカウントに対しての返信(リプライ)ツイートを検索できます。

このユーザーへの@ツイート

特定のアカウントに対しての@ツイート(メンション)を検索できます。

地名

この場所の近く

位置情報を有効にしている状態であれば、自身が今いる場所の周辺のツイートを検索できます。

日付

日付
期間を指定することができます。

その他

その他
判断基準は明瞭ではありませんが、ネガティブな内容なのかポジティブな内容なのか、というところまで指定できます。

まとめ

「高度な検索」は、各機能を組み合わせて利用することで検索対象をかなりの精度で絞込むことができます。
例えば、特定の期間内で、自社サービスに対してポジティブなツイートをしたユーザーがどれだけいるのかも簡単に調べることが可能です。

エゴサーチだけでなく、ユーザー調査や運用改善のヒントも得ることができますので、活用することをオススメします。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Facebookページ(フェイスブックページ)に関する事例
Facebookページ(フェイスブックページ)のカリキュラム一覧
広告に頼らずに成果を出せるグロースハックの概要と成功事例記事

****

Facebookページの店舗登録方法と店舗集客に役立つ機能まとめ

facebookはリアルとのビジネスにも相性が良いものです。タイムセールや特売情報などもリアルタイムに投稿して、反応を見たいものです。