「Instagram」で広告を配信しようとして、予算をつけて出稿したものの、審査でNGになって配信ができなかった経験はありませんか?「Instagram」の広告審査でNGになるケースは、画像や動画のクリエイティブに原因がある例が多々あります。

そこで今回の記事では、企業のWeb担当者、SNS担当者に向けて、Instagram広告が配信できないケースにまつわる疑問を、具体的な事例とともに分かりやすく解説していきます。

Instagram広告には「テキスト20%ルール」がある!

[画像]Instagram広告のクリエイティブ事例

Instagramの広告審査は、Facebook広告の審査ガイドラインに準拠しています。その中で、テキスト20%ルール」というレギュレーションが存在します。

[画像1]について
①=本文
②=広告画像(動画またはサムネイル
③=画像テキスト
をそれぞれ指していますが、
ここで「③=画像テキスト(動画またはサムネイル内に含まれるテキスト)」の量が多すぎると、広告審査でNGとなって配信ができなくなったり、リーチが低下する原因になったりしてしまいます。

ただし、「①=本文」は「20%ルール」の対象外です。

FacebookおよびInstagramの広告では、「一般ユーザーと出稿企業の双方に最大の価値をもたらすことを目指している」と明言されています。また、Facebook社は、自社の調査により「広告のパフォーマンスは、画像に占めるテキストの割合が20%未満のときに高くなる」と公表しています。

そのため、Facebookでは、FacebookおよびInstagramで配信される広告内で使用されている画像テキストの量を調査しています。
その中で、文字が多すぎる広告画像や広告動画は、低品質とみなされるのです。

##「テキスト20%ルール」のOK例とNG例

テキストがほとんど(または、まったく)含まれない

image12.png

こちらの例はそれぞれ、「テキストがまったく画像に重なっていない」か、「ほんの少しだけ、センターや左肩にロゴやエンブレム程度のものを重ねている」という事例です。
こういったスタイルが、広告クリエイティブとして望ましいものとされています。

少量のテキスト

image5.png

画像の上に数行のテキストが重なっている事例です。
こういったタイプでは、広告のリーチがやや減少する可能性があります。
リーチを伸ばすためには、画像に重なるテキストを減らしたり、テキストのサイズを小さくしたりするか、テキストベースのロゴの使用をやめることを検討してみてください。

テキストが中程度

image10.png

画像の上に大きめの文字サイズで数行のテキストが重なっていたり、さらにはテキストベースのロゴも含まれていたりする場合です。こういったケースでは、広告リーチが大幅に低下する可能性があります。こちらも先述した「少量のテキスト」の場合と同様、対策としては、画像に重なる文字量を減らすか、文字サイズを小さくする、あるいは、テキストベースのロゴを外してみてください。

テキスト量が多い

image2.png

このように、大量のテキストが画像を覆い隠してしまっていると、「テキスト20%ルール」に抵触し、広告が配信されない可能性があります。画像に重なる文字量を減らすか、文字サイズを小さくする、テキストベースのロゴを外して出稿手続きを再度やり直す必要が出てきます。ただし、文字サイズを小さくして視認性が低下すると今度はその「視認性」の観点でNGになる場合も考えられるため、注意が必要です。

##「テキスト20%ルール」には本の表紙、イベントのポスターなど例外もある

ただし、この「テキスト20%ルール」には例外もあります。具体的には「本の表紙」「商品画像」「ゲーム画面」「イベントのポスター」など、情報としてもともとテキストが多く含まれている場合です。

本の表紙

image14.png

商品画像

image6.png

ゲーム画面

image1.png

イベントのポスター

image8.png

そのほか、公共サービスの広告についても、その広告が公共の利益に寄与するもので、販売、宣伝を意図した商品を含まない場合は、例外として認められることがあります。

チャート、グラフ、雑誌や新聞の紙面、映画やテレビ番組のポスターも例外と考えられます。

また、「利用規約」などの法的記述も例外とみなされます(※広告内の商品と認められるため)。