SEOリスティング広告では、検索ボリュームが多い人気なキーワードほど競合も多く、獲得するためには予算や時間が必要となります。
特に、リスティング広告においては、予算の多い大手企業がビッグワード広告枠をほとんど占めているということも少なくありません。

一方、SEOでは、長年運営されてきた大手企業のホームページが上位にされており、簡単に検索結果の上位に表示されることが難しいことがあります。

今回は、競合に左右されずに、人気キーワードで上位に表示された結果、全体のセッション数が150%上昇、全体の販売個数が日で最大200%上昇したSEOの事例をご紹介します。

【事例対象】
事例ホームページ:デザインスマホケースストア「phocase」
どんなホームページか:ネット通販によるデザインスマホケース販売。
参考リンクデザインスマホケース|phocase(フォケース)
参考リンクphocaseのFacebookページ

改善結果

【施策後】

全体のセッション数が150%上昇、商品ページセッション数は860%上昇!
全体の販売個数が日で最大200%上昇

【ポイント】

トレンドを見極め、SEOで先行施策を行った

iPhone6発表がもたらしたネットショップへの影響力

つい最近、2014年9月9日にApple社から新型スマートフォンのiPhone6が発表されました。
この発表により、日本だけでなく海外のあらゆるところで、取り上げられるほどの話題となりました。

実際に、iPhone6の発表があった9月10日付けの検索件数をGoogleトレンドで見てみると、『検索件数500,000人以上』堂々の当日1位となる検索件数だったことが分かります。
※前日の1位は、全米オープンテニスで準優勝した錦織圭選手の『錦織』で、検索件数200,000人以上でした

Googleトレンドiphone6

ちなみに、日本では、スマートフォン利用者のほとんどが、このiPhoneとAndroidを利用しており、iPhoneに至っては、シェアが7割とも言われるほどの人気スマートフォンでもあります。

そして、新型のスマートフォンiPhone6の発表で、需要が高まる関連商品がスマートフォンケースです。

先ほどと同様に『iphone6 ケース』でGoogleトレンドで調べてみると9月の集計途中のデータ(執筆時9月18日のため、まだ反映されてないため)で、グラフが跳ね上がっています。

Googleトレンドiphone6 ケース

このように新型スマートフォン発表時には、ファンが多ければ多いほど関連商品の需要が急速に高まります。
つまり、それほど人気のキーワードになるため、スマートフォンケースを扱う各社が強豪ひしめくような状態となるのです。

それにも関わらずphocaseでは、この人気キーワード『iphone6 ケース』で1~3位の順位を確保し、全体のセッション数が150%アップ、全体の販売個数が日で最大200%上昇する結果となりました。

全体のセッション
iphone6 ケースセッション数

なぜ、人気キーワードにも関わらず高順位を獲得することができたのかについて説明していきたいと思います。