コロナウイルスの流行に伴って、感染防止のために外出自粛が要請される事態になりました。この事態を受けて企業としても、密状態を引き起こしやすい会社への出勤を避ける流れが生まれてきます。それによって今までは必ず電車などを活用していた状態から、自宅にて動画チャットを活用した仕事の形態が採用されるように変わっていきました。

以前から少しずつ広がりつつあった、リモートワークやWFHの考え方が注目されるようになりました。本記事ではそれらの考え方の中から、WFHに注目して解説をしていきます。他の似ている業務形態とも比較をしながら見ていくので、WFHについての理解をより深めていきましょう。

WFH(ワークフロムホーム)の意味とは?

ではまずはWFHという単語そのものの理解を深めていきます。コロナ時代を生き抜くために必須の考え方となっているので、仕事の在り方としてのWFHについて知っていきましょう。そしてそのメリットとデメリットについても確認していきますので、参考にしてください。

自宅で勤務をすることを表す

WFH(ワークフロムホーム)は簡単にいうと自宅で勤務を進めていくことを指します。従来の通勤して会社に向かい業務を行うといった流れが、感染防止の観点から見ると問題視されたことから導入が始まっていきました。Zoomなどのツールを活用することで、自宅に居ながらでもコミュニケーションをとりつつ、業務を遂行することが可能となったことも大きな要因です。

自宅での勤務を進めることによって、会社に向かうまでに使っていた時間が浮くなどさまざまな変化が生まれました。人によって正解はないですが、新鮮な環境での仕事がスタートしたといえます。

WHF(ワークフロムホーム)のメリット

ではメリットはどのような点があげられるのでしょうか。先ほども少し紹介しましたが、時間的なゆとりや自宅でリラックスしながら仕事をすることができる点が挙げられます。会社に行くことで、多少のストレスを自身にかけながら業務を行っていた人も少なくないでしょう。それに対してWFHでは、タスクをこなすことができれば自由な働き方を実現しやすいです。

会社に行かなくても業務を進めることができるのであれば、WFHのよさを最大限に活かせる環境が整いつつあります。ぜひ仕事の可能性としてイメージしてもらえれば幸いです。

参考:ライフスタイルに合わせて働く!在宅勤務のメリット・デメリット

WHF(ワークフロムホーム)のデメリット

ではデメリットには何があるのでしょうか。自由な働き方は多くの人が求めていたものとなっているため、自宅で仕事ができるといった状況に対して喜びの感情を抱いた人もいることでしょう。しかし自由度の高さの反面、コロナであることが再度課題となります。

感染のリスクから自宅にこもることが前提とされた働き方のため、自宅の環境整備が整っていない場合の業務効率においてバラつきが見られてしまうのです。また自由度は高いですが、自宅以外の場所での作業が制限されることで、かえって息苦しさを覚えることもあります。新しい形態に上手く慣れていくには工夫が必要です。

参考:在宅勤務、自由度増すが燃え尽きリスクも。自宅でも仕事・プライベートの境界線は必須