Webを担当されている方なら、一度はSEO会社の営業を受けたことがあるでしょう。
以前と比べて、Googleのアルゴリズムが大きく変更された影響もあり、有料リンクの販売を薦めてくる会社は少なくなりました。
しかし、それでもGoogleの裏をかくような被リンク対策やスパムリンクを薦めてくる会社は根強く残っています。
なぜなら、現状でも被リンクの効果はまだまだ健在(リスクは更に高くなっている)で、それゆえに被リンクを販売する会社は無くならないからです。

今回はGoogleが公式で発表している「SEO会社に確認するべき項目」の紹介に加え、どうしても有料リンクを使いたいという方のために、本当に確認するべき項目を5つご紹介します。
長年SEOに携わってきたFerretだからこそ実感している部分をご紹介するので、このリストが手元にあれば悪質なSEO会社にひっかかることはほとんど無いでしょう。

グレーな被リンクをすすめてくる会社はどのような言い回しを使ってくるか?

基本的にSEO会社の多くは、テレアポでアプローチしてきます。
例えば、競合の多いキーワード(上位表示できると効果が出るキーワード)で2ページ目や3ページ目に表示されているホームページを見てテレアポをしてくるケースがほとんどです。

悪質なSEO会社のテレアポ例

「現在よりホームページの集客を伸ばしたいとお考えですか?」
「○○というキーワードで上位表示させたくないですか?」
「弊社の保有するリンクは安全で品質の高いものなので、上位表示率は非常に高いです。」

このような謳い文句で言葉巧みに営業トークを展開します。

SEO会社の営業トークに納得し、今回のSEO会社は違うかもしれない…と契約してしまったという会社様は少なくありません。
それでは、そのような悪質なSEO会社にひっかからないためには、何を確認すればいいのでしょうか。

Googleが提唱するSEO会社に確認すべきこと

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Googleが公式ヘルプで発表している「SEO会社に確認するべきこと」は下記の10項目です。

1 過去の事例のサンプルを見せてもらい、成功事例を紹介してもらう。
2 Google のウェブマスター向けガイドラインに従っているか。
3 通常の検索を補完するオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
4 期待される結果とその日程、成果を測定する方法。
5 同業種での実績。
6 国内/地域での実績。
7 外国語サイトの開発経験。
8 最も重視している SEO 技術。
9 創業年数。
10 連絡方法。サイトに加えたすべての変更に関する情報、

  およびアドバイスの内容に関する詳しい情報とその理由を伝えてくれるかどうか。

ただ、実際にこれらの項目を全て正確に確認することが難しい場合があります。
例えば下記の3項目を見てみてください。

3 通常の検索を補完するオンライン マーケティング サービスやアドバイスを提供しているか。
7 外国語サイトの開発経験。
8 最も重視しているSEO 技術。

この辺りはそもそも質問内容が高度なため、内容を理解しづらいのではないでしょうか。
また、下記2項目においても注意が必要です。

5 同業種での実績。
6 国内/地域での実績。

 
例えば、会社の実績を聞いても、「○○で上位3位以内に入っています」「ただクライアントの名前は出せません」というようにはぐらかされる可能性があります。

有料リンクを利用する場合に確認するべき5つの項目

では、悪質なSEO会社を回避するには、どのような質問をすれば良いのでしょうか。

1 被リンクサイトを全て開示してくれるか

リンクを開示できない会社はグレーなリンクを使用している可能性があります。基本的にリンクを全開示できない会社は疑った方がいいでしょう。
 

2 自社で管理出来ないサイトにリンクを貼らないか(ブログ、リンク集など)

ここ数年で、SEO会社によって無作為に貼られたブログリンクリンク集が原因でペナルティが頻繁に発生しています。それらのリンクのほとんどはSEO会社が管理しておらず、もしペナルティを受けたとしてもリンクを外すことが出来ないため、非常にリスクが高いです。
これだけは絶対に避けましょう。
 

3 リンクを貼る数を根拠と共に提示してくれるか

リンクの影響は健在ですが、現在は被リンクの本数ではなく質を重視される傾向にあるので、本当に質の良いリンクを保有していれば数本~数十本のリンクで効果を得られることもあります。
設置されるリンク数が1,000本、2,000本などあまりにも多い場合はその根拠を確認しましょう。
 

4 契約終了時、リンク削除に費用を請求しないか

極稀に、SEOの契約が終了したら、リンク削除費用を請求してくるSEO会社がいます。リンク削除は本来しっかり管理されているものであれば削除に大きな手間がとられることはないため、費用は発生しないはずです。無駄な費用を出さないために契約前に確認しましょう。
 

5 ペナルティを受けてしまった時、どのような対処をするのか

もしSEO会社が設置したリンクが原因でペナルティを受けてしまっても、「ペナルティが出ても対処できない」「ペナルティ解除料を請求する」という対応をしてくるSEO会社が存在します。
いくら有料リンクのリスクが高いとはいえ、ペナルティを受けた後の保障がないというのは危険と言えるでしょう。
 

そもそも有料リンクがグレーな為、利用する時は細心の注意を払うこと

有料で被リンクを設置すること自体、現在は非常にリスキーな施策です。
しかし被リンク検索結果に大きな影響を及ぼすことも事実です。
(影響が大きいからこそ、不正リンクの取り締まりが強化されているのでしょう。)
競合に勝つために、どうしても有料リンクを利用したいという方は、上記の内容は徹底的に確認しましょう。