メリット・デメリット

YouTubeのSEOをすることにメリットばかりがあるわけではありません。メリットとデメリットの両方を把握しておく必要があります。

メリット

YouTubeにアップしている動画がSEOにより上位表示を実現すれば、見込み客となるユーザーに視聴してもらえる機会が増えるでしょう。動画コンテンツの品質が高く、ユーザーのニーズを満たしているものであれば、その確率も高まると予測します。また、YouTubeに投稿した動画を埋め込んだWebページが、ユーザーにとって価値のあるものであり、間接的なSEO効果をもたらすなら、検索による恩恵も受けるでしょう。何より動画が検索エンジン検索結果の上位に表示されることもあります。Googleの検索画面で動画検索にせずともデフォルトの状態の「すべて検索」で動画を視聴してもらう機会が得られれば理想的です。

デメリット

YouTubeのSEO検索エンジンSEOと同様に確実なものではありません。成果が出るまでの時間は読めませんし、自身にとってベストを尽くしたつもりでも、思っていた結果に結びつかない可能性があることを忘れてはいけません。コンテンツに魅力がなかったのか、そもそも動画を視聴してもらえていないのか等、YouTube Studioのアナリティクスをチェックするといった改善プロセスが必要です。ここに時間を費やせない場合は、SEO作業が半端になってしまう恐れを知っておくべきでしょう。また、過剰にキーワードを使ったり、動画と関連性の薄いタグを大量につけるなど、逆効果を生む取り組みをしてしまうと大変です。

活用方法

それでは、最近のトレンドを踏まえてYouTubeにアップした動画にSEOをするには、何をするべきかご紹介します。大切なのはユーザーからのリアクションを得ることです。動画の内容が最重要ですが、ユーザーが動画の存在に気がつきやすいように可能な限り入口をつくるというのがSEOを活用する必要性と言えます。また、YouTubeのSEO活用ではありませんが、動画をWebページに埋め込むケースが多いので、最後にそれもご紹介します。

投稿動画の品質を重視する

ユーザーのリアクションを重視しましょう。ユーザーから視聴され評価やシェアをされることが価値を評価されることはSEOにとって非常に重要です。価値のあるコンテンツユーザーに届けるというYouTube側のことも考えましょう。

動画のクオリティを上げるには、徹底的に競合動画や人気のある動画をチェックすることです。リアクションの大きいものをチェックすると、構成の仕方や見せ方なども参考になるでしょう。また、それらの競合では満たせない独自性のある動画は、ユーザーから強く支持されるため、ぜひ目指したいところです。

【事例】
image2.png

北欧、暮らしの道具店YouTubeチャンネル

「北欧、暮らしの道具店」のYouTubeチャンネルには、クオリティの高い動画がたくさんあり、視聴回数や高評価数などユーザーからの反応も高い印象です。オリジナルストーリーの動画やVlog、ドキュメンタリーなど独自性を追求しています。チャンネル登録者は34.1万人(2020年10月時点)です。公式サイトも覗いてみたくなる独特の世界観は動画の価値づくりの良いお手本でしょう。

メタタグ等見直す

以前はハッシュタグを多数入れたり、説明文をできるだけ長くしたりする動画が多くありましたが、最近のトレンドは比較的シンプルです。説明文は、ユーザーには最初から全文が表示されるわけではありませんので、重要なことを先頭に書くようにしましょう。ユーザーからの検索を意識したキーワードを交えつつ文章を作成します。関連性のある動画を紹介して、遷移先をつくるという方法は人気ユーチューバーも多くやっていますので、チェックしてみましょう。

また、ハッシュタグタイトルの上に3つまで表示されます。これ以上の数を説明欄に記述してもタイトル上には3つまでですので重要なものを優先して先頭から設置しましょう。「#」をつければいくつでも説明欄にハッシュタグを設置できますが、5つ以内にしておくとよいでしょう。人気ユーチューバーの動画では、3つのみといったシンプルに設置する傾向も見られます。

YouTube動画をWebページに埋め込む

サイトを持って入れば、該当するページにYouTube動画を埋め込みましょう。例えば、商品販売のページに商品の使い方を紹介する動画を埋め込むという方法は、ユーザーにとって価値があるのではないでしょうか。直接的なSEOではありませんが、埋め込み先のページの評価に間接的に貢献できる可能性がある手法だと考えます。YouTubeにアップした動画をユーザーが知る機会にもなりますし、リアクションが得られればYouTube動画としてもメリットがあるでしょう。

【事例】
image1.png

フセハツ工業株式会社YouTubeチャンネル

「ばね 製造」をGoogleで検索すると、1位に表示されるフセハツ工業株式会社は、YouTubeにバネの製造に関する動画を投稿し続けています。Google検索では、動画ページトップページの次に掲載されており、YouTubeでも同キーワードで3位(2020年10月1日時点)と上位です。専門性の高い動画であり、見る人は限られると思いますが、YouTube動画をページに埋め込み、検索でも上位を獲得している例としてピックアップしました。