この記事は2015年12月17日の記事を再編集しています

インターネットが普及し、メール、手紙以外にもブログやホームページなど文章を書く機会は多くなっています。
最近では、自社のホームページブログで記事を書いているという人も多くいます。

一方で、文章を書くことに慣れない人や苦手意識を持っている人にとっては非常に負担が大きい作業でもあります。
何を書いたらいいのか、どこから書き始めたらいいのか、と迷ってしまい、なかなか進まないという人も少なくありません。

今回は、良い文章とは何か。そして、文章力を上げることができる記事をご紹介します。
文章が苦手な人はもちろん、文章力をさらに高めたいにも参考になる内容となっています。
コツを掴めば一気にスキルアップできますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

良い文章とは

一般的に「良い文章」とは何なのでしょうか。良い文章とは誰が見ても意味が通じる「理解しやすい文章」です。

もちろん、日本語で正しい文章を書くのは大事です。しかし、その言葉が正しくても一般的にあまり使われていないものであれば、極力他の言葉で言い換えるなどの配慮が必要です。漢字も同様です。

例えば

符牒(ふちょう)

という漢字の意味は、仲間内で通じる合言葉の意味です。この場合、合言葉と使ったほうが意味が万人に通じるはずです。

このように誰に対しても、誤読・誤解が起きないように配慮された文章が良い文章といえます。

読むだけで文章力が向上する記事12選

1.文章を書くのが苦手な人に伝えたい、わかりやすい文章を書く10のポイント

文章を書くのが苦手な人に伝えたい、わかりやすい文章を書く10のポイント
http://liginc.co.jp/life/useful-info/145548
株式会社LIGが運営する「LIGブログ」の記事です。
元編集長である朽木氏が業務経験の中で見つけた、わかりやすい文章を書くポイントを10個を紹介しています。
チェックすべき項目と同時に事例を掲載していますので、問題点がよく分かります。
あらゆるビジネスシーンですぐ使える実践的なものばかりですので、ライターはもちろん、全てのビジネスマンに参考になる内容です。

2.わかりやすい文章を書く5つのコツ 凄腕ライター・藤吉豊さん

わかりやすい文章を書く5つのコツ 凄腕ライター・藤吉豊さん
http://media.lifenet-seimei.co.jp/2015/02/13/2255/
ライフネット生命が運営するメディア「ライフネットジャーナル オンライン」の記事です。
多くのベストセラーの編集を手掛けるライターの藤吉豊氏が勉強会で語った、わかりやすい文章を書くコツ5つをまとめています。
1文を長くしない、型にはめ込む、といったどんな文章にも効果的なポイントを紹介しています。
まだ文章を書くことに慣れていない、という人であればまずは目を通しておきたい内容です。

3.わかりやすい文章・伝わりやすい文章、何が大切?

わかりやすい文章・伝わりやすい文章、何が大切?
http://yamayoshi.hatenablog.com/entry/2015/07/09/222548
フリーライターのけいろー氏が運営する日記的ブログ「ぐるりみち。」の記事です。
混同してしまいがちな「わかりやすさ」と「伝わりやすさ」、「伝える」と「伝わる」の違いについて考察し、丁寧に解説しています。
また、文章に批判があった時の心の持ち方についても書いています。
読んでもらう文章を書く時の意識について考えるきっかけになる内容です。
文章力向上にはテクニックを学ぶことも大切ですが、基本や考え方を学ぶことも重要ですので、テクニック記事とあわせて読むと効果的です。

4.読みにくい文章にありがちな、7つの問題点

読みにくい文章にありがちな、7つの問題点
http://ji-sedai.jp/editor/blog/post_157.html
株式会社星海社が運営するメディア「ジセダイ」の記事です。
読みにくい文章によくある問題点の傾向を7つ取り上げて解説しています。
多くの読みにくい文章では、省略してはいけないものを省略している、繰り返しが多い、などの問題点が複合していることがよくあります。
また、傍点・ルビの振りすぎ、記号あとの一角アキの抜けもあわせてチェックしたい点です。
基本的な内容ではありますが案外できていない人も多い部分ですので、自分の文章に問題点がないか一度チェックしてみることをオススメします。

5.文章力を高めるトレーニング

文章力を高めるトレーニング
http://waterman.hatenablog.jp/entry/2015/03/27/205646
日本の技術、伝統を紹介する「ニッポン手仕事図鑑」編集長のブログ記事です。
文章力を高めるためのトレーニング方法について、筆者が実際にやってみて効果を感じたものを掲載しています。
紹介するトレーニング方法は、写す・プレゼンシーンを想像する・人の文章を直す・難しい言葉、かっこつけた言葉を使わずに書くの4つで、いずれもすぐに実践できる有効な内容となっています。
今よりもっと文章力を上げたい、と思っている方にご覧頂きたい記事です。

6.文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント

文章力を向上させて、伝わる文章を書くために気をつけたい5つのポイント
http://liginc.co.jp/life/useful-info/160391
株式会社LIGが運営する「LIGブログ」の記事です。
文章力をあげたい人に向けて、基礎的ながらも文章のクオリティを高めるポイント5つを紹介しています。
特に、アウトラインの説明に関しては実際の記事をサンプルとして使っておりますので、非常に理解しやすくなっています。
これらの基礎的なルールに従って書けば、商業的な記事、Web向きの文章において、良い文章が書けるに違いありません。

7.書評家が経験から教える「読ませる文章」に必要な4つのポイント

書評家が経験から教える「読ませる文章」に必要な4つのポイント
http://suzie-news.jp/archives/9432
身近な数字を分かりやすく伝えるニュースサイト「Suzie」の記事です。
『プロ書評家が教える 伝わる文章を書く技術』の著者である印南敦史氏が、年間600本の書評を寄稿した経験に基づき「読ませる文章」において必要な4つのポイントを解説しています。
長いライターの経験を持つプロが紹介するコツですので、すでにある程度書けるけれどスキルアップしたい、という人は特に必見です。

8.ちょっとひらがなに直すだけで、文章はこんなにプロっぽくなる

ちょっとひらがなに直すだけで、文章はこんなにプロっぽくなる
http://www.huffingtonpost.jp/2015/06/01/tarareba-tips_n_7481856.html
政治、経済からライフスタイルまで、様々なテーマを扱うメディア「The Huffington Post」の記事です。
出版社勤務の現役編集者がツイートし話題になった、ひらがなにしたほうが読みやすい表現について紹介しています。
例えば「更に」や「お早う」のように、わざわざ漢字で表記しないほうがいいものは沢山あります。
プロならば当たり前のテクニックですが、文章に慣れていない人は意外に知らない人も少なくありません。
表記に迷った時、なんとなく漢字にしていたという人には是非読んでいただきたい内容となっています。

9.人の心を動かす「伝わる文章」を書くために意識したい3つのこと

人の心を動かす「伝わる文章」を書くために意識したい3つのこと
http://liginc.co.jp/life/useful-info/165250
うまい文章に共通している特徴は、わかりやすく伝わることです。
相手に伝わる文章には人を動かす力がありますが、そうでない文章であれば何が言いたいのかわからない、という結果になります。
この記事では、伝わる文章にするための重要な基礎をテーマに紹介しています。
ターゲット意識、目的意識、反応・行動の3点を意識すれば、読み手の心を動かす文章が書けるようになります。

10.この10の言葉使いをやめれば文章の説得力が大きく増すのに

この10の言葉使いをやめれば文章の説得力が大きく増すのに
http://jmatsuzaki.com/archives/15346
夢実現のためのメソッドを発信するブログ「jMatsuzaki」の記事です。
なんとなく文章を書くと入れてしまいがちな、文章の説得力を無くしてしまう残念な表現10個を紹介しています。
「思う」「たぶん」といった、言われてみれば理解できるものばかりですが、知らず知らずのうちに使っているという人も少なくありません。
取り上げている10個のNGワードを避ければ、文章の曖昧さを無くし、インパクトと説得力のある文章を書くことができます。

11.一流ライターが知っている、文章を相手に読ませる4つのコツ

一流ライターが知っている、文章を相手に読ませる4つのコツ
http://www.lifehacker.jp/2015/02/150225writer_knows.html
ライフハック術のあらゆる情報を提供する「lifehacker」の記事です。
トップクラスのライター誰もが知っているであろう、文章のコツ4つを紹介しています。
テクニックを実践するまでの過程はなかなか難しいこともありますが、実際に実務で取り入れると文章のクオリティが大きく高まること間違いなしです。
読者にしっかり読ませる文章にするためにはどうしたらいいか、と悩む人にオススメしたい内容です。

12.最後まで読んでもらえて、わかりやすくて伝わる文章の書き方ガイド

最後まで読んでもらえて、わかりやすくて伝わる文章の書き方ガイド
http://www.lifehacker.jp/2015/05/150525how_to_write.html
わかりやすく伝わりやすく、しかも最後までしっかりと読んでもらえる文章の書き方を紹介した記事です。
相手に配慮していない自分に向いた文章では、読者とコミュニケーションをとることはできません。
文章を書く際には、必要な部分だけを狭く深く書いたり、誰かに向けて書く意識をする必要があります。
この記事では、最後まで読ませるための小技もあわせて紹介していますので、ガイドに沿って書けばとても分かりやすい文章が書けるようになります。

まとめ

以上、 文章力を上げる記事を厳選してご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。
どのような文章であっても、相手に伝えるという役目があります。
せっかく文章を作成しても相手に理解してもらえなかったり、うまく伝わらずに誤解されてしまっては意味がありません。

ちょっとしたコツを身につければ、誰でも読みやすく伝わりやすい文章にすることは可能です。
ご紹介した記事を参考に執筆すれば、必ず文章作成のコツが掴めますので、ぜひ参考にして文章力向上にお役立てください。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

売れるメルマガの書き方~3つのフレームワーク
メルマガのキャッチコピーを考えよう
メルマガの開封率を上げるタイトル

このニュースに関連するカリキュラム

メールマーケティングカリキュラム

メールマーケティングカリキュラム

ユーザーの獲得に効果的なメルマガ(メールマガジン)を活用したメールマーケティングは、以前から多くの企業が取り入れている手法です。メルマガ発行に必要な、配信システムの説明やメルマガを作る際のお作法といった基礎から購読者を増やすための方法についてご説明します。