Googleのアルゴリズムアップデートは事前の予告なしに行われる時があります。
SEO なまず」ツールは、インターネット全体の検索順位の変動を無料で通知してくれます。Web担当者様であれば毎日チェックしておいて損は無いでしょう。
今回は、SEOの最新動向調査に特化したツール「SEO なまず」の使い方を解説します。

「SEO なまず」とは?

SEO なまず」は、株式会社ディーボによって開発されたGoogle検索順位変動確認ツールです。
直近2週間~1年に発生したGoogleの順位変動を表示し、変動が発生した際にはアラートメールが届きます。
また、TwitterやFacebookでも情報発信されていますので、いずれかの方法でGoogleによる更新をいち早くキャッチすることができます。

機能紹介

直近2週間、3ヶ月、6ヶ月、1年の期間で、Googleによる検索順位の変動を調べることができます。
変動は「安定」(6.7位未満)~「不安定」(6.7位以上~10.0位未満)~「大変動」(10.0位以上)の3段階に分けられており、1時間ごとに更新されます。

その他にキーワードジャンル別変動幅も公開されており、アラートメールやtwitterで常時情報を得ることができます。
無料のSEOレポートもダウンロード可能です。

検索順位変動の調べ方

「SEO なまず」とは?

まず、ページの左上に「PC」と「MOBILE」というタブがありますので、調べたい方に設定を合わせます。
その次に、ページ右上のドロップダウンメニューから「直近2週間」、「直近3ヶ月」、「直近6ヶ月」、「直近1年」のいずれかの期間を選び、F5キーまたはブラウザのボタンを押してページをリロードします。

SEO関連ニュースの調べ方

検索順位変動の調べ方

リロードして表示された順位変動幅グラフの、棒グラフの一つをクリックしますと、その日に起こったSEO関連のニュースページが新しいページに表示され、変動の原因を分析することができます。

変動アラート配信申込

変動アラート配信申込

Google変動アラートメールを受け取るには、あらかじめメールアドレスの登録が必要です。
ページ上部のグローバルナビゲーションから「変動アラート配信申込」のメニューを選び、「会社名・組織名」、「氏名」、「連絡用メールアドレス」を登録します。

SEOレポート無料ダウンロードの方法

SEO なまずのサイトでは、ディーボ社が開発した他のSEOサービスも多数紹介されています。これらのSEOレポートは無料でダウンロード可能です。
グローバルナビゲーションの「無料ダウンロード!SEOレポート」をクリックして、ニュースの下にある記入欄にメールアドレスを記入し、「今すぐ無料ダウンロード」のボタンを押します。
※登録されたメールアドレスには、不定期にSEOメールマガジンが配信されます。

TwitterやFacebookで変動情報を得るには?

メールよりもSNSの方が頻繁に確認できるという方には、TwitterやFacebookでフォローすることで、リアルタイムでGoogleの検索順位変動の情報を受け取ることができます。

SEOなまずのTwitterアカウント
SEOなまずのTwitterアカウントhttps://twitter.com/namazjp

SEOなまずのFacebookページ
SEOなまずのFacebookページhttps://www.facebook.com/pages/Google%E9%A0%86%E4%BD%8D%E8%A8%88%E6%B8%AC-namazjp/1396767573919461
 

まとめ

数年前までは、外部リンク施策でビッグキーワードをピンポイントで狙うSEO施策が主流でした。しかしコンテンツSEOが台頭してきた今は、単一のキーワードの検索順位を追うというよりは、多数のロングテールキーワードからの流入を増やすことに軸を置くべきです。
Googleの検索アルゴリズムは頻繁に変更されていますが、そのような変動に振り回されず、むしろ検索アルゴリズムと良好な関係を築けるのがコンテンツSEOです。
変動が起きた時に自社のホームページ流入数にそこまで大きな変化が出なかったら、Googleと共存している状態に近づいていると言えます。
検索アルゴリズムの変動に敏感になるより、変動が起きても問題ないホームページを目指しましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
理解できてる?SEOのよくある間違い6選〜キーワード出現率・被リンク・インデックス数など〜
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。