ferret編集部:2015年9月3日に公開された記事を再編集しています。

Google アナリティクスのデータを他のメンバー共有したいけれども、やり方がややこしくてわからない...そんな経験をしたことはありますでしょうか。

今回は、Google アナリティクスの権限の共有方法をご紹介します。

Google アナリティクスのデータ(レポート)の共有方法

まずは、アカウント自体を共有する方法を説明します。

1.Google アナリティクスの「アナリティクス設定」のアカウント列にある「ユーザー管理」をクリック
「ユーザー管理」をクリック

2.「ユーザー管理」の「権限を付与するユーザー」に権限を共有したい相手のアドレスを記入し、権限の種類を選んでください。
権限の種類を選んでください

権限の種類

  • ユーザー管理
    アカウントを作った人と同じ権限です。最も自由度の高い権限となります。

  • 編集
    基本的な操作はできるものの、ユーザーの追加、変更、削除ができない権限です。

  • 共有設定
    目標設定などの数値設定を変更できない権限になります。

  • 表示と分析
    レポートを見るためだけの権限です。
    外部などに共有する際にどの権限にすれば良いかわからない際、この権限にしましょう。

レポートの一部を共有する方法

次に一部だけを共有する方法を説明します。

まず、Google Analyticsは以下のような構造になっています。
Google Analyticsの構造

一番大きい「アカウント」という括りの中にプロパティと呼ばれる分け方(Webサイト、モバイルアプリなど)があり、その中に各条件(コンバージョン設定、フィルタなど)があります。

例えば、企業での活用では以下のような形になります。

株式会社◯◯(アカウント)

サイトA(プロパティ)
	サイト全体(ビュー)
	社内からのアクセス除外(ビュー)
	スマートフォンからのアクセス除外(ビュー)
	PCからのアクセスのみ(ビュー)

サイトB(プロパティ)
	サイト全体(ビュー)
	社内からのアクセス除外(ビュー)
	スマートフォンからのアクセス除外(ビュー)
	PCからのアクセスのみ(ビュー)

よって共有したい単位で「ユーザー共有」を設定することで、全体を見せることなく一部だけを共有することができます。

なお、設定も「アナリティクス共有」の各列ごとに用意されているので確認してみて下さい。
「アナリティクス共有」

まとめ

アナリティクスの共有は難しそうに見えて意外と簡単に設定することができます。
共有や権限の範囲設定に気をつけて、より効率よくGoogleアナリティクスを活用していきましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

アクセス解析のカリキュラム一覧
Googleアナリティクスとは
Googleアナリティクスでできないこと

Googleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定をしよう

Googleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定をしよう

コンバージョン設定はとても重要です。流入からページ閲覧、それらが成果とどう関連性があるのかを把握することで、改善の一手がひらめくようになります。