Googleアナリティクスでサイトの解析をする際、特に設定をしていなければ自分のパソコンで自分のサイトにアクセスすると「一人のユーザー」としてカウントされてしまいます。

今回は、誰でも簡単に設定できる「Googleアナリティクス オプトアウト アドオン」についてをご紹介します。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンとは

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンは、Googleアナリティクスによるデータの使用をユーザーが無効にできるように開発された、Google公式の無償Webブラウザーアドオンです。

Googleのアナリティクスヘルプには、

ウェブサイトを訪れたとき、自分のデータが Google アナリティクスで使用されることを望まないユーザーは、Google アナリティクス オプトアウト アドオンをインストールできます。

と記載されています。
主な目的は「自分がいろいろなサイトを訪問する際のアクセスデータの取得を拒否すること」とされていますが、応用として自社サイトへの自分のアクセスを除外したい際に利用されたりもしています。

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンのメリット・デメリット

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンのメリット・デメリットとして以下のような点があげられます。

メリット

  • 導入が簡単
  • 一度設定すればIPアドレスが変わっても継続して対応可能

デメリット

  • スマートフォンやタブレットには導入できず、それらからのアクセスは除外できない
  • chromeやfirefoxなどの各ブラウザごとにインストールする必要がある
  • Googleアナリティクス以外のアクセス解析ツールに影響しない

以上を踏まえた上で利用していきましょう。

Googleアナリティクスオプトアウトアドオンッションの設定方法

1.URLアクセス

2.アクセスすると以下のような画面が表示されます。
右側の「Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード」をクリック。
Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード

3.Chromeを使用している場合、Chromeウェブストアの下図のページに誘導されるので、右上の「CHROMEに追加」をクリック。
CHROMEに追加

4.下図のようなポップアップが表示されるので、同意の上で「追加」をクリック。
追加をクリック

以上で完了です。
他のブラウザの場合も、手順1のサイトにアクセスしアドオンをダウンロード後、表示された指示に従って操作を完了してください。

まとめ

オプトアウトアドオンに関して簡単に説明しました。
オプトアウトアドオンのように簡単にインストールできて役立つアドオンは他にも多数あります。

設定がすんでいない方は、すぐに設定することをオススメします。

参考:
こんなことまで出来るの!?Googleスプレッドシートのアドオン15選

このニュースを読んだあなたにおすすめ

アクセス解析のカリキュラム一覧
Googleアナリティクスとは
Googleアナリティクスでできないこと

Googleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定をしよう

Googleアナリティクスの目標(コンバージョン)設定をしよう

コンバージョン設定はとても重要です。流入からページ閲覧、それらが成果とどう関連性があるのかを把握することで、改善の一手がひらめくようになります。