SEOを本格的に実施するために、1から勉強しようと思い立っても、どのように勉強すればいいのか、何を見ればいいのかわからないという方は多いのではないでしょうか。
SEOに関する情報は毎日のように更新されています。

しかし、そのような最新情報は既にSEOについてある程度の理解がある方々に向けて発信されているため、初心者が見てもすぐに理解できるものではありません。

今回は、SEOの基礎から応用までを体系立てて学ぶための情報をご紹介します。
SEOに本腰据えて取り組もうとしている方は是非チェックしてみましょう。

まずはSEOの大元を抑える

まず一番に確認するべきは、Googleが公開している「検索エンジン最適化スターターガイド」と「ウェブマスター向けガイドライン」です。
日本国内で主に使われている検索エンジンGoogleとYahoo!の2つですが、Yahoo!はGoogle検索エンジンアルゴリズムを採用しているため、SEOGoogle検索エンジン最適化と言えます。

Googleから高い評価を獲得すれば、検索結果上位に表示される確率が高まるので、まずはGoogleがどのような評価基準を持っているかを知っておくのはSEOの基本中の基本です。

スターターガイドは初心者でも0からSEOを行えるよう、ステップごとに丁寧な解説が付いています。
ウェブマスター向けガイドラインは長いうえに少し解釈が難しい部分もありますが、まずは一旦読んでみて、自分なりの解釈を構築してみましょう。

そのうえで他の解説記事を読むと習熟度が違ってくるはずです。

検索エンジン最適化スターターガイド

ウェブマスター向けガイドライン - Search Console ヘルプ

SEOを学べる書籍

1.検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

1.png
検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

著者:渡辺 隆広
出版社:翔泳社
発売日:2008/6/17

SEOの第一人者渡辺 隆広氏によるSEOのバイブル的な著書です。
7年前に発売されたものですが、現在でも通用するほど普遍的な内容となっています。

SEOの基本からスパム業者にだまされないためのポイントまで、こちらをひと通り読むだけでSEOの概要は把握できるでしょう。

2.いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

ScreenClip.png
いちばんやさしい新しいSEOの教本 人気講師が教える検索に強いサイトの作り方

著者:安川 洋 ,、江沢 真紀 , 村山 佑介
出版社;インプレスジャパン
発売日:2014/2/17

昨年末に発売された、最新のSEO手法について解説している書籍です。
Googleの大型アップデート以降、大きく変動したSEO市場に合った施策を、初心者にもわかりやすく解説しています。

SEOが学べるホームページ

SEO 検索エンジン最適化 | 自分で実施するためのSEO情報

FireShot_Capture_98_-SEO_検索エンジン最適化_I_自分で実施するためのSEO情報-https___www.searchengineoptimization.jp.png
https://www.searchengineoptimization.jp/

個人でSEOコンサルティング事業を行われている住太陽氏による、SEOに特化したブログです。
SEOの基礎知識をつけるための情報が蓄積されており、最新情報も随時更新されているため初心者~上級者まで参考になることの多いサイトです。

SEMリサーチ

FireShot_Capture_97_-_SEM_R_____検索エンジンマーケティングのことなら_SEMリサーチ-http___www.sem-r.com.png
書籍の項目てもご紹介した、アイレップ渡辺氏が運営するブログです。
SEOだけでなく、検索エンジンに関する最新情報を解説付きで配信しています。

上級者向けの内容も含まれるので少し内容が難しい部分もありますが、検索エンジンの動向を把握しておくために定期的にチェックすると良いでしょう。

SEOのカリキュラム一覧|ferret [フェレット]

FireShot_Capture_99_-SEOのカリキュラム一覧|ferret__フェレット_-_https___ferret-plus.com_curriculums_seo.png
https://ferret-plus.com/curriculums/seo

ferretでも、SEOの基礎から具体的な施策方法をまとめたカリキュラムを設置しています。
現在有効なSEO施策を体系立てて解説しています。

まとめ

SEOは変化の激しい業界ではありますが、2008年に発売された渡辺氏の書籍が今でも大変有用な書籍であるように、基礎的な部分はGoogle検索エンジンの誕生以来ほとんど変わっていません。
Googleの使命は 「世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすること」であり、ユーザーの利益を再優先しています。

その時々でのトレンドの変化はあるにせよ、ユーザーにとって有益な情報を継続的に提供しているホームページは自然とSEOが強化されていくでしょう。
SEOの核となる「ユーザーファースト」を常に念頭におきながら、SEO施策に取り組みましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。