店舗や施設の情報をGoogleマップ上に表示させるGoogleマイビジネスは集客や売上を伸ばすためには欠かせないGoogleのサービスです。利用者も増加して、Googleマイビジネス運用におけるローカルSEOはまさに戦国時代に突入しています。運用担当者は他社の順位や店舗の編集、社内・クライアントへのレポート作成に追われる日々を送っているのではないでしょうか。

このようなローカルSEO(地域情報検索のSEO)の課題を解決するツールである「MEOツール」が注目を集めており、Googleマイビジネスを効率良く運用するにはMEOツールが必要になってきています。そこで本記事ではGoogleマイビジネスの運用における課題や解決策について詳しく紹介します。

Googleマイビジネス運用者の悩みとは?

Googleマイビジネスは、会社や店舗情報が検索結果のすぐ右側に表示されるため、積極的に利用したいサービスですが、その一方で運用に課題を抱えているケースも少なくありません。運用担当者のよくある悩みを紹介します。

複数店舗の情報改ざんに対応する余裕がない

「店舗数が多く、第3者からの情報改ざんに対応できない」という声は多いです。競合からの嫌がらせやユーザーのいたずらなどで、カテゴリ、住所、電話番号などが悪意を持って改ざんされるケースがあります。

これは管理権限がオーナーでも防げない問題であり、特に複数店舗を管理している場合は目が行き届かないことも少なくありません。

こうした情報改ざんが繰り返されている場合は、マンパワーでの管理には限界があります。なるべく管理を自動化して効率的に対応する仕組みを作るのがベストでしょう。

複数店舗の編集に時間がかかる

複数店舗を運営している場合は、各店舗の編集にも時間がかかります。Googleマイビジネスに記載されている情報と公式サイトに記載されている情報が異なっていると、Googleマイビジネスで誤った情報を見たユーザーが休業日に来店する、違う電話番号にかけてしまうといったトラブルが起こり、クレームの原因になってしまうため、変更があれば迅速に編集して変更しなければなりません。

また、口コミへの返信や、悪質な口コミの対応などに手が回らないこともあるでしょう。口コミは信頼性を大きく左右する要素であり、ブランディングに直結するため、きめ細やかな対応が求められます。これらの編集・対応に手が回っていない場合は、早急な業務改善が必要です。

何をすれば上位表示や集客に繋がるか分からない

店舗・施設のオーナーがGoogleマイビジネスを活用する理由は、Google検索及びGoogleMaps検索における集客増加です。Googleマイビジネスで出来ること自体はシンプルですが、実際に何をすれば上位表示に繋がるのか、どうすれば来店に繋げることができるかといった部分は、Googleのブラックボックスになっている点や答えがないのも課題の1つです。

社内報告用やクライアントのレポート作成に時間がかかる

広告代理店や社内報告に関する悩みになりますが、Googleマイビジネスの運用担当者は「報告用のレポートを作る手間がかかっている」という悩みを抱えています。実際の検索結果やインサイトデータ、内部分析や競合分析など、調べなければならないデータは多く、多店舗展開しているクライアントであれば各店舗のデータを集めてまとめるのに莫大な時間がかかります。

レポート作成を人の手ですべて行うのは至難の業です。特に多くの店舗を抱えている場合、分析ツールなどを活用してスピーディーにレポート作成するのが理想的です。

Googleマイビジネスを効率よく運用する方法

このように、人為的にGoogleマイビジネスの管理・運用をするのは業務効率が悪く、多くの課題が浮き彫りになります。Googleマイビジネスの運用に成功している企業はどのように運用しているのか、効率的な運用方法を解説します。

MEOツールを導入する

Googleマイビジネスの運用業務を効率化させるにはMEOツールを利用するのが良いでしょう。MEO(Map Engine Optimization)とは「マップ最適化」という意味で、店舗情報をGoogleの検索上位に表示させるための対策のことを指します。MEOツールとは、MEOを目的として専用ツールのことでSEOのマップ版だと考えると分かりやすいです。

MEOツールを活用することで、自社・競合の検索順位や口コミ数との比較が簡単にできたり、アクセス数、検索される地域や時間帯、ユーザーの検索流入経路や行動履歴を解析したりして、Googleからの集客がしやすくなります。ほかにも全店舗の一括編集やデータ分析、口コミの自動管理などができるようになり、業務の効率化に繋がります。

特許取得済みのMEOツール「MEOチェキ」

MEOツールにもさまざまな種類があり「どれを選んだらいいかわからない」と感じる人も多いでしょう。ここでは、特許を取得したMEOツールとして注目されているMEOチェキについて解説します。

MEOチェキでできること

MEOチェキはローカルSEO(MEO)の順位計測・効果測定ツールであり、導入数は12,000店舗以上を誇ります、どういった機能があるのか、特に強みとなっている3つの特徴を紹介しながら説明します。

複数店舗を一括で編集が可能

meo09.jpg

MEOチェキには「MEOチェキ for 複数店舗」という複数店舗運営企業向けにカスタマイズしたクラウドツールがあり、「複数店舗一括編集」や「クチコミ一括管理」といった機能で複数店舗の運用にかかる工数を激減させます。

一括編集機能では、各店舗をグルーピングし、グループのGMB情報を一括で登録・編集することが可能です。たとえば、写真、メニュー、営業時間などを一度に編集できるので、かなり作業が楽になります。

meo_05.png

口コミ一括管理では、各店舗のネガティブクチコミのアラートを出したり、クチコミのパターンに合わせて自動返信をしたりすることができ、クチコミ返信漏れによるエンゲージメントの低下を防げます。また、複数店舗のクチコミを横断して比較することも可能であり、エリア別のクチコミ特性を捉えることもできます。

Google IPによる正しい検索住所での順位取得

meo_02.png
ローカルSEOでは、検索する場所や位置情報のオン・オフによって検索結果に表示される順位が異なります。MEOチェキでは「Google IP住所=位置情報OFFの地域名含むキーワード検索を行うユーザー」「任意の住所=位置情報ON(想定される検索者の母数が多い地点)」というように指定できるため、詳細な検索地点を設定可能です。

順位取得地点を自由に選択することができ、たとえば「スクランブル交差点」などを指定して順位計測できます。こちらは特許出願済みの機能です。また、順位取得時点での検索結果画面を画面キャプチャにて保持できるため、順位取得した際の検索結果画面を管理できる点もメリットの1つです。

改ざん防止機能

meo_03.png

Googleマイビジネスの情報に悪質な改ざんをされてしまうリスクを下げるため、改ざん防止対策が必要不可欠です。MEOチェキにはNAP情報と営業時間の悪質な改ざんを防止する機能があり、電話番号、営業時間、住所、URLなどの情報を自動で監視し、自動か半自動で防止することができます。

これにより誤認によるトラブルやクレームを防止でき、ブランドイメージ低下を防げるようになります。多店舗展開している企業であれば、ローカルSEOの業務改善のためにもこうした自動管理が必要不可欠です。

内部分析・競合分析機能

meo08.jpg
ローカルSEOの上位表示要因を分析することは至難の業です。MEOチェキでは、12,000店舗のビッグデータを活用し、基本的なGoogleマイビジネスの分析と任意で指定した競合との比較分析を行える機能を搭載しています。分析をツールで自動化することにより、自社Googleマイビジネスの不足点洗い出しを簡単に行うことができ、Googleマイビジネスにて行う施策に時間を確保することが可能となります。

レポートいらずのインサイトデータ

meo_01.png

Googleマイビジネスの「インサイト」機能は、アカウントを見た人の情報をまとめる機能です。表示された回数や予約につながった回数、写真が見られた回数などが分析できます。これらのデータをレポートにするのが担当者にとっては大きな負担になりますが、MEOチェキではGoogleマイビジネスとAPI連携させることにより、過去最大2年間分のインサイトデータを簡単に確認できます。

MEOチェキで手軽に一元管理できるので、複数店舗をグルーピングし横断して比較・確認ができるようになります。画面上で運用効果を比較できるので、インサイトデータのレポート作成が不要になり、業務効率が一気に上がります。

MEOチェキでGoogleマイビジネス運用を効率的に

店舗・施設などのローカルビジネスにおける課題は多々ありますが、Googleマイビジネス運用の業務改善もその一つです。MEOツールを導入することで業務効率が改善され、本業やローカルSEOでの戦略に時間を割くことができます。選定する際は、問題をピンポイントで解決できる機能が充実しているかどうかを検討しましょう。

MEOチェキはローカルSEOの課題解決能力に優れた機能を多数搭載しているので、こうしたMEOツールを積極的に活用し、Googleマイビジネスの運用を効率的に行っていきましょう。