WebサイトやWebメディアを運営する方が利用する「Googleアナリティクス」は、サイトへ訪れた人数やサイト内での行動を計測する利便性の高いツールです。自分のアクセスを除外して、正確な訪問者数を算出する方法を紹介します。

自分のアクセスを除外したほうがいい理由とは?

サイトの運営者はコンテンツのアップロード確認などで、ほとんど毎日Webサイトへアクセスしています。その際に、コンバージョンとして設定したページを訪れたり、順位が上がっていない新しいコンテンツを表示したりといった行動を取りやすく、Googleアナリティクスで計測したい「自然流入のユーザーの数や動向」が正確に分からなくなってしまうのです。

広告や検索から流入してくるユーザーのみを対象として計測できれば、より正確なデータをもとに施策を考えることができ、改善や追加するポイントも割り出しやすくなります。

これらの理由から、ユーザーのアクセスのみをカウントするために、自分のアクセスを除外することが推奨されているのです。

自分のアクセスを除外する2つの方法

自分のアクセスを除外するには、大きく2つの方法があります。どちらを選んでも問題はありませんが、初心者におすすめなのは「オプトアウトドメインという拡張機能を利用することです。

ひとつずつ詳しく解説します。

1.拡張機能「オプトアウトドメイン」を利用する

Google Chromeの拡張機能である「オプトアウトドメイン」を利用すれば簡単に自分のアクセスを除外できます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. 「オプトアウトアドオン」へアクセスする
  2. Googleアナリティクス オプトアウト アドオンをダウンロード」をクリック
  3. ポップアップが表示されるのを待ち、「Chromeに追加」をクリックしてインストール完了

拡張機能としてインストールした時点で自動的に自分のアクセスは除外されるようになります。設定が不要なので非常に簡単です。

ただし、サーチコンソールでのアクセス数は計測されてしまうので、注意が必要です。また、スマホやタブレットからのアクセスもカウントされてしまうので、あらかじめ把握しておきましょう。

2.IPアドレスを指定する

自分のアクセスを除外するもう一つの方法として、IPアドレスを指定する方法が挙げられます。こちらはアナリティクス側に「このアドレスからのアクセスは計測しないでね」と指示をする方法です。詳しく手順を見ていきましょう。

  1. Googleアナリティクスにログインし、メニュー欄の「管理」をクリック
  2. 「フィルタ」から「フィルタを追加」をクリック
  3. フィルタの情報(フィルタ名やフィルタの種類、IPアドレスなど)を記入
  4. 入力内容に間違いがなければ「保存」をクリックし、フィルタリングを完了する

このように、自分のアクセスを除外するには2種類の方法がありますが、どちらを選んでも問題はありません。最後に、自分のアクセスが除外されているか確認するのを忘れないようにしましょう。

アクセスが除外されたことを確認する

アクセスが除外されているかどうかを確認するには、以下の手順がおすすめです。

  1. 自分のWebサイトにテストページを作成して反映させる
  2. 作成したテストページGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設定
  3. Googleアナリティクスのメニューから「リアルタイム」>「コンテンツ」を選択
  4. テストページにアクセスがなければ、自分のアクセスが除外されている

このような手順を踏むことで、簡単にアクセスが除外されているかどうかが確認できます。ここまでの内容を参考にしながら、ぜひ試してみてください。