スマホの普及とインターネットインフラが整備されたことにより、時間、場所を選ばずに動画コンテンツを楽しめるようになった今、2016年は本格的に動画マーケティングが拡大すると予測されています。

では実際に動画マーケティングを実施するとなった時、Web担当者の皆様はどのような手段を思い浮かべるでしょうか。
今、動画メディアとして圧倒的なシェアを誇るYouTubeの活用をイメージする方が多いのではないでしょうか。

プロモーションにYouTubeを活用する場合は、主に3つの選択肢があります。

1.YouTubeチャンネルの開設

2.YouTube広告出稿

3.YouTuberとのタイアップ動画

この中でも特に今注目されているのが「YouTuberとのタイアップ動画」です。
現状ではまだ大手企業が利用するプロモーション手法というイメージが強いかもしれませんが、実は広告にそれほど予算を割けないような企業でも、YouTuberを起用したプロモーションを行える環境が整いつつあります。

YouTuberの起用は、あらゆる企業のプロモーションで大きな効果を生み出すポテンシャルを持っています。

今回、YouTuberと企業を繋ぐマッチングサービス「iCON CAST」を運営するTHECOO株式会社監修の下、動画広告市場の隆盛からYouTuberタイアップのメリット、成功事例をご紹介します。

2016年の動画広告市場は急成長、ユーザー行動の中にも徐々に動画が浸透

サイバーエージェントが実施した調査によると、2015年の動画広告市場規模は506億円と前年比160%の成長率を見せており、今後更に急伸することが予測されます。(※1)

動画広告市場の成長の背景には、ユーザーコンテンツ消費行動の変化があります。

1ユーザーあたりの動画接触時間は若年層になるにつれて長くなる傾向にあり、電通総研の調査によると、10代~20代の一日あたりの平均動画視聴時間は1時間を超えており、普段の生活の中に動画が浸透している様子が窺えます。(※2)

動画サービスの中では、YouTubeが圧倒的な支持を得ています。総務省の情報通信政策研究所が2014年に実施した「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」によると、65.1%がYouTubeを利用しており、LINEやFacebookを抜いて利用率1位という結果が出ています。10~20代の比率は高いものの、30代で約80%、40代で75%、50代でも約50%と、どの年代でも高い利用率を示し、他動画サービス(ニコニコ動画、Vine)と比較してもその割合は圧倒的です。(※3)
図3.png

動画を視聴することが一般的となった今、動画のビジネス活用は不可避です。
ビジネスに動画を活用するのであれば、利用者数が多く、幅広い年齢層にリーチできるYouTubeを採用するのが合理的でしょう。

冒頭でも紹介したとおり、YouTubeでプロモーションを行う場合、「自社チャンネルの開設」「YouTube広告の出稿」「YouTuberとのタイアップ動画」の3つの手段がありますが、その中でも特に注目されている「YouTuberとのタイアップ動画」に焦点をあて、効果が期待されている理由とYouTuberを起用するメリットについてご紹介します。

YouTuberとは?

YouTuberとは、YouTube上に自身で制作した動画を継続的に投稿している個人や団体を指す言葉です。
海外ではYouTube開設後間もなくYouTube上で人気を獲得するユーザーが現れはじめ、ジャスティン・ビーバーのようにYouTubeへの投稿がきっかけでデビューし、世界的な人気を獲得するケースも多数あります。
日本でもここ数年で徐々に認知が広まり、YouTubeが「好きなことで、生きていく」をキャッチコピーとして大々的にYouTuberキャンペーンを展開したことで更に認知が拡散しました。
日本で最も登録者数が多いYouTuberであるHIKAKINの場合、メインチャンネルの「HIKAKIN TV」のチャンネル登録者数は約278万人(2016年2月10日現在)、合計で30億近い再生回数を記録しています。

YouTuberと企業のタイアップ動画事例

YouTuberと企業とのタイアップ動画も盛んに行なわれています。タイアップ動画は、広告ではあるものの、動画の内容やクリエイティブはYouTuberの独自性を尊重するケースが多く、一般的なテレビCMとは異なる個性的なプロモーション動画が制作されています。
例えばHIKAKINに次ぐ人気を獲得しているはじめしゃちょーの場合、以下のようなタイアップ動画を公開しています。

タイアップ動画を提供している企業はBtoCビジネスを展開するメーカーが多い傾向にあり、食品や玩具、アプリ等が親和性が高いようです。
あるカテゴリに特化した内容を配信しているYouTuberの場合、チャンネル登録者数の属性も把握しやすいという利点があります。

(HIKAKIN, はじめしゃちょーはUUUM所属のクリエイターです。)

企業がYouTuberを起用するメリットは?

現状、YouTuberを起用している企業はメーカーが中心ですが、それ以外の企業でも活用するメリットがあります。
どの企業にも共通するメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

1.態度変容率が高いため、リーチ数は少なくとも高いCVRが期待できる
2.SNSを活用するYouTuberが多いため、拡散も期待できる
3.ターゲット選定しやすい

1.態度変容率が高いため、リーチ数は少なくとも高いコンバージョン率が期待できる

YouTuberはインフルエンサー的な立ち位置を獲得しやすく、動画を見たユーザーの態度変容率(動画を閲覧したユーザーの中で、興味を持った、認知した、好感を持った等なにかしらの態度の変化があった割合)が高い傾向にあります。(※4)
テキストや画像に比べて訴求力が高い動画の場合、よりユーザーの態度や行動に変化を起こせる確率が高いため、テレビCMなどのマス向けの公告よりも高いコンバージョン率が期待できます。

2.SNSを活用するYouTuberが多いため、拡散も期待できる

YouTuberは自身のチャンネル登録者と積極的に交流する傾向が強く、ほとんどがTwitterなどのソーシャルメディアも運用しています。
YouTuberの動画公開告知をファンがシェアすれば、SNS上での拡散が期待できます。

3.ターゲット選定しやすい

YouTuberは自身の特技や個性を活かした動画を制作する場合がほとんどのため、YouTuberごとによってファン属性は大きく異なります。ユーザー属性が近いYouTuberを起用すれば、よりプロモーション効果が期待できます。

YouTuber起用のメリットは豊富にあるとは言え、広告予算が潤沢な大手企業がプロモーションの一環としてYouTuberを起用する、というイメージが根強いかもしれません。
しかし、広告にあまり予算を割けない企業でも、YouTuberプロモーションを利用できるプラットフォームが生まれています。

低予算でYouTuberを起用したプロモーションを行える「iCON CAST」

iCON_CAST_企業様が_YouTuber_を利用する大きなメリット.png

iCON CASTとは?

iCON CASTとは、YouTuberに動画制作を依頼したい企業とYouTuberをつなげるプラットフォームです。
1,520名のYouTuberが登録しており(2016年2月10日現在)、その中から自社にあったYouTuberを選出し、動画制作依頼できます。

iCON CASTの特徴

10,000円から利用可能

YouTuberの募集自体は無料で、YouTuber 1人あたりの予算を 10,000 円から設定可能なため、広告予算に余裕が無い時でも利用可能です。

YouTuberのチャンネルデータを開示

登録されているYouTuberのチャンネル登録者のデータを開示しているため、自社に最適なYouTuberを選出しやすい仕組みになっています。

【閲覧できる視聴者データ】
・年齢
・性別
・国(地域)
・使用デバイス
・平均視聴時間

高いエンゲージメント

ファンとの交流を密に取るYouTuberが多いため、エンゲージメントも高い数値が出ています。動画の平均閲覧時間は5分を超えており、動画公開直後だけでなく、公開後3ヶ月を過ぎても継続して視聴が続きます。

活用事例

FYUSE

「空間撮影」ができるスマホアプリ「FYUSE」のプロモーション事例です。
通常撮影とおなじ感覚で立体的な3D画像を撮影できる「FYUSE」は、旅行やスナップ撮影など様々なシーンでの活用が期待できます。
今回のプロモーションではファッション感度の高い日本国内の女性をターゲットとして5名のYouTuberを起用し、各々の個性を活かした独自の動画が公開されました。

選出したYouTuber 選定理由
aoinoaoi8 ファッション感度の高い女性に人気
sara sawano ファッション感度の高い女性に人気
JUNPEI TV 女性視聴者を獲得している
sekiguchi aimi アプリの魅力を引き出せる
変顔女王 アプリの魅力を引き出せる

タイアップ動画事例1:SekiguchiAmi

タレント、クリエイターとして活動するsekiguchi aimi氏とのタイアップ動画で、「空間撮影」という耳慣れない機能をわかりやすく伝えるための工夫が随所に凝らされています。 冒頭でFYUSEで実際に撮影した動画を数本紹介し興味を引いたうえで、実際の操作画面を見せながら丁寧に解説されています。 チャンネル登録者数は約50,000名で、今回のタイアップ動画は20,000再生を超えています。  

タイアップ動画事例2:JUNPEI TV

株式会社サイバーエージェントの子会社である株式会社WAVEST代表の松村淳平氏はYouTuberとしても活動しており、今回のFYUSEプロモーションにも参画しています。 若年層の女性ファンを多数獲得しており、SNSを通じたファンとのコミュニケーションも密に行っているため、非常に高いエンゲージメントを期待できます。       各タイアップ動画公開後、iOSAndroid上でのDLランキングの順位に大きな変化が現れました。
OS Youtuber動画公開前 公開後
iOS 335位 97位
Android 圏外 269位

図3.png

今回起用されたYouTuberはファンとの交流をかなり密に行っているため、ファンとの繋がりが強く、エンゲージメントも高いと考えられます。
5名ともフォロワー数は数千人~数万人規模ですが、ファン数がそれほど多くない場合は1人1人の視聴者との距離が近くなります。
リーチ数は少ないものの高いコンバージョン率が期待できるため、「ターゲット層が合致」しており、「ファンと密に交流している」YouTuberであれば、ファン数が少なくてもプロモーションに起用する価値があると見て良いでしょう。

お問い合わせ・登録は無料!

iCON CASTへの登録は無料です。動画でのプロモーションを考えている方は是非一度お気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら

iCON CAST運営会社

THECOO株式会社 /「できっこない」に挑み続ける
YouTuber と企業を繋ぐ iCON CAST : https://icon-cast.com/
マーケティングとインフルエンサー」について考える RIPPLY : http://ripply.biz/
TEL:03 - 6435 - 1212