Googleアナリティクスに登録したサイトの削除方法

Googleアナリティクスに登録したサイトの分析が不要になった際は、次の流れでサイトを削除しましょう。

1.トラッキングコードを削除する

image2.jpg

Googleアナリティクスのトラッキングコード(グローバルサイトタグ)をサイトから削除すれば、分析ができない状態になります。トラッキングコードが見当たらない場合は、管理画面でプロパティを選択して「グローバルサイトタグ」を確認しましょう。

2.削除するプロパティを選択

image7.jpg

削除したいプロパティを選択した上で、管理画面の中央列にある「プロパティ設定」をクリックします。

3.ゴミ箱へ移す

image5.jpg

画面右上の「ゴミ箱に移動」をクリックすれば削除完了です。ゴミ箱に移動してから35日が経つと、完全に削除されます。ゴミ箱から復元したいときは、ゴミ箱を開いて対象のプロパティを選択し、「元に戻す」をクリックしましょう。

Googleアナリティクスのアカウントを新たに作成する方法

登録の手間や利便性を考慮すると、既存のGoogleアナリティクスアカウントにプロパティを追加作成するのがおすすめです。何らかの事情でプロパティの追加作成ができない場合は、Googleアナリティクスのアカウントを新たに作成しましょう。

既存のアカウントを作成したときと同じ方法で作成できます。このとき注意したいのが、個人アカウントだと他者と共有できなくなることです。会社で使用する場合は、会社専用のGoogleアカウントを新規作成するか、まずは管理者としてGoogleアナリティクスに登録後、他のユーザーを登録してください。

1.Googleアナリティクスに登録する

Googleアナリティクスにログインして、「測定を開始」をクリックします。下記項目を入力しましょう。

アカウント名

アカウント名にルールはありませんが、登録するサイトの名称や会社名、屋号など見分けがつきやすい名称を設定しましょう。なお、後から変更できるので、仮で登録しても問題ありません。

アカウント設定:データ共有設定

Googleのベンチマーク、テクニカルサポートなどの項目があるので、必要なものにだけチェックを入れてください。

2.プロパティの設定

ここから先は、1つのGoogleアナリティクスアカウントにプロパティを追加作成するケースと同じ流れです。プロパティの設定およびレポートのタイムゾーンと通貨を選択してください。日本で使用する場合は、「日本」と「日本円(JPY)」を選択します。

3.トラッキングコードをサイトに設定する

ユニバーサルアナリティクスのプロパティを選択し、「トラッキング情報」から「トラッキングコード」を選択し、「グローバルサイトタグ」を表示します。グローバルサイトタグをサイトに埋め込んだら、サイト登録は完了です。