Googleアナリティクスに複数サイトの登録が必要なケース

Googleアナリティクスに複数サイトの登録が必要なケースについて確認していきましょう。

複数メディアを運営している

個人、法人、企業の従業員として複数メディアを運営している場合は、Googleアナリティクスに複数サイトを登録することになるでしょう。

メディア運営を任されて間もない方の中には、複数サイトをGoogleアカウントに登録できることを知らず、うっかりアカウントを新規作成してしまう方もいるかもしれません。ご紹介したとおり、プロパティを追加作成した方が利便性が高いので、ぜひそちらを試してみてください。

複数メディアのディレクションを依頼された

Webディレクターが複数のメディアのディレクションを依頼された際に、Googleアカウントに複数サイトを登録します。ワンクリックで分析したいサイトを切り替えられるので、並行して複数サイトを分析できます。

複数サイトを作成してテストしている

Googleの検索アルゴリズムは定期的に変化するため、有効な施策かどうか随時テストすることが重要です。複数サイトで異なる施策を行い、検索順位への影響をテストする際にはGoogleアナリティクスを利用します。

まとめ

Googleアナリティクスは、サイトを分析する業務を行う人にとって必要不可欠なツールです。複数メディアを運営している、複数サイトのディレクションを依頼された、施策効果のテストなど、さまざまなシーンで複数サイトを登録します。今回、ご紹介したGoogleアナリティクスに複数サイトを登録する方法をぜひ参考にしてみてください。

関連記事

アクセス解析導入後にするべきことは?PDCAサイクルを上手く回すコツ

アクセス解析導入後にするべきことは?PDCAサイクルを上手く回すコツ

Webサイトにアクセス解析を導入したものの、その後どうサイト改善に繋げたら良いのか具体策がわからないという方も少なくありません。そこで、アクセス解析ツールを活用してPDCAサイクルを上手く回すコツをお伝えします。

選ぶべきはどのタイプ?Webサイトアクセス解析ツール14選

選ぶべきはどのタイプ?Webサイトアクセス解析ツール14選

Webサイトを運営しているなら、「アクセス解析ツール」の導入は必須です。そこで、アクセス解析ツール選定の具体的な情報収集をしている人に向けて、具体的なツール14選をタイプ別で挙げながら「どんなメリットがあるのか」「どんな人に向いているのか」といったポイントを解説します。