サイト運営をしていると、アクセス解析のようなタグ埋め込みが必要なツールを活用する機会は多くなります。

また計測タグを1ページずつページに直接埋め込んでいくと、仕様変更でタグの差し替えをしなければならないことがあります。その際、ページの数だけタグを書きなおす作業も発生します。

このようにツールを活用するほど、計測タグの管理は煩雑になります。このような問題を解決してくれるのがタグマネージャです。

今回は、Googleが提供するタグマネージメントツールの「Googleタグマネージャ(GTM)」について解説します。

Googleタグマネージャー(GTM)とは?

image3.jpg

出典:Googleタグマネージャ

まずはGoogleタグマネージャーについて解説します。ツールを導入しようにも、どのような特徴を持つツールかを知らなければ、イメージも難しいでしょう。そこで、主な機能や他のタグ管理ツールとの違いについて紹介します。

タグの一元管理・更新ができるツール

Googleタグマネージャ(google tag manager)とは、Googleが提供するツールで、様々なタグを一元管理(タグマネージメント)できるのが大きな特徴です。「GTM」の略称で呼ばれることもあります。無料で提供されており、誰でも使えます。

Googleタグマネージャのタグページに設置し、管理画面にGoogleアナリティクスやGoogle広告などのタグを登録すると、HTMLの変更を行わずとも、管理画面内でタグの変更や更新などが可能です。

タグの変更を管理者や開発担当者に依頼しなければ出来なかったというケースはよくありますが、Googleタグマネージャを使えば、HTMLの変更が必要ないので自分でタグの設置ができます

他のタグ管理ツールとの違い

タグ管理ツールには、Googleタグマネージャー以外のものも存在します。Yahoo!が提供する「Yahoo!タグマネージャー」はその代表格といえるツールの1つです。今回はYahoo!タグマネージャーとの比較を通して、違いにクローズアップしていきます。

まずは導入方法についてです。Yahoo!のタグマネージャーを使用するためには、Yahoo!プロモーション広告を出稿していることが条件となります。無料で活用はできますが、参照権限のみの場合利用できないので注意しましょう。アカウントを作成していれば利用できるGoogleに比べて、多少利用にハードルを感じる仕様です。

またYahoo!とGoogleタグマネージャーでは、対応しているタグが異なります。Google系のサービスを主に活用するのであれば「Googleのもの」を。その他のサービスがメインなら「Yahoo!のもの」を活用するとよいでしょう。タグの対応種類にも違いがあり、Yahoo!は「200種類以上」、Googleは「80種類」となっています。

しかし、これらの情報はあくまで指標の1つです。ツールによって特徴が異なるため、目的によって適したものを選ぶ必要があるでしょう。