この記事は2015年8月8日に公開された記事を更新しています。

サイト運営をしていると、アクセス解析のようなタグ埋め込みが必要なツールを活用する機会は多くなります。

また計測タグを1ページずつページに直接埋め込んでいくと、仕様変更でタグの差し替えをしなければならないことがあります。その際、ページの数だけタグを書きなおす作業も発生します。

このようにツールを活用するほど、計測タグの管理は煩雑になります。このような問題を解決してくれるのがタグマネージャです。

今回は、Googleが提供するタグマネージメントツールの「Googleタグマネージャ」について解説します。

ちなみに今回の内容はWebマーケティング講座でも解説しています。ぜひ活用ください。

▼合わせてチェック▼
GTMのアカウント作成とGoogle アナリティクスの実装

Googleタグマネージャとは

gtm01.jpg
Googleタグマネージャ公式サイト

Googleタグマネージャとは、Googleが提供するツールで、様々なタグを一元管理(タグマネージメント)できるのが大きな特徴です。無料で提供されており、誰でも使えます。

Googleタグマネージャのタグページに設置し、管理画面にGoogleアナリティクスやGoogle AdWordsなどのタグを登録すると、HTMLの変更を行わずとも、管理画面内でタグの変更や更新などが可能です。

タグの変更を管理者や開発担当者に依頼しなければ出来なかったというケースはよくありますが、Googleタグマネージャを使えば、HTMLの変更が必要ないので自分でタグの設置ができます。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Yahoo!タグマネージャーとの違い

タグマネージャーといえば、Google以外にもYahoo!タグマネージャーがあります。これらの違いは何があるのでしょうか。

Yahoo!タグマネージャーの利用にはYahoo!プロモーション広告の利用が必要

Yahoo!タグマネージャーを使うためには、Yahoo!プロモーション広告スポンサードサーチ、YDN)に対して広告を出稿している必要があります。出稿していれば、無料で利用が可能です。ただし、参照権限のみの場合は使用できません。

対応しているタグの種類はYahoo!タグマネージャーの方が多い

GoogleタグマネージャとYahoo!タグマネージャーでは、対応しているタグテンプレートの数に違いがあります。
Yahooは国内外120種類に対応していますが、Googleの場合は80種類です。

参考:
機能と特長 - Yahoo!タグマネージャー
タグ - Tag Manager ヘルプ

Googleタグマネージャは、Google系のサービスのタグに対応していますが、Yahoo!タグマネージャーGoogle系のサービスへの対応が出来ていないものがあります。たとえばGoogleのユニバーサルアナリティクスをタグマネージャーで管理する等の場合は、Googleタグマネージャを使わなければいけません。

Googleタグマネージャ導入のメリット

Googleタグマネージャを導入するメリットとしては何があるのでしょうか。大きく分けて次の4つが挙げられます。

  1. バージョン管理ができる
  2. タグの設置が容易になる
  3. 公開前にプレビューできる
  4. タグ管理が容易になる

それぞれ見ていきましょう。

1.バージョン管理ができる

gtm02.png

Googleタグマネージャではバージョン管理ができます。バージョンとは、いつ更新されたか、何番目に公開されたかを示すものです。この機能があることで、現在公開中のバージョンになにかトラブルが起きた際、トラブル前の状態にすぐに戻せます。

Googleタグマネージャで新しく変更を加えると、自動的に新しいバージョンが作成され、途中で編集を止めても続きから編集することが可能です。

2.タグの設置が容易になる

前述したとおり、Googleタグマネージャを使うと、管理者や開発担当者に依頼することなく自分でタグをソースに埋め込めます。

今までサービスごとに発行されたタグは、それぞれページのソースコードの中に書いていく必要がありました。しかしGoogleタグマネージャを使うと、タグマネージャ管理画面に入力して保存すればページのソースに反映されます。

3.公開前にプレビューができる

gtm03.png

設定内容の動作確認用の機能として、プレビューモードがあります。

これは、ページで設定内容が正しく配信されているか確認できる機能です。
正しく動作している場合はそのまま公開ボタンを押すと、実際のページに反映されます。

4.タグ管理が容易になる

タグ設置が増えてくると、どのタグがどのページに埋め込まれているのか分からなくなります。タグの設置漏れなども発生してしまいます。

しかし、Googleタグマネージャを使うと、全てのページに一気に設置できたり、どのタグを埋め込んでいるのかもわかりやすく管理できます。

Googleタグマネージャの設置方法

今回はGoogleタグマネージャを使って、Googleアナリティクスのタグを設置してみます。

1.Googleタグマネージャにログインします

gtm01a.jpg
Googleタグマネージャ公式サイトの画面右上にある「Sign in for Tag Manager」を選択します。

2.新しいアカウントを作成しよう

gtm04.jpg

Googleタグマネージャを始めるには、アカウントを作成する必要があります。アカウント名はあとからでも変更ができるので、分かりやすい名前を付けておきましょう。入力が終わったら続行を選択します。

3. コンテナを設定しよう

gtm05.jpg

アカウントの設定が終わると、コンテナの設定に移ります。
コンテナとは、Googleタグマネージャにおける管理の箱を意味します。コンテナを設置すれば、その中で自由にタグの出し入れが可能になります。

分かりやすいコンテナ名を入力し、コンテナの使用場所を選択します。Webサイトに設置したいので、「ウェブ」を選択します。「iOS」と「Android」はアプリ用、「AMP」はAMPページ用になります。作成を押すと、利用規約が表示されるので同意すると次の画面へ移動します。

4.タグを取得し、ページに埋め込みます

gtm06.jpg

表示されたコードを、ページに全て指示どおり埋め込むとGoogleタグマネージャが使えるようになります。

Googleアナリティクスのタグを追加する

5.コンテナにタグを追加しよう

gtm07.jpg

ワークスペース>新しいタグを追加 を選択すると、下記画面が表示されます。

gtm08.jpg

赤枠の部分に分かりやすいタグ名を付け、タグの設定と、そのタグが発動する条件(トリガー)を設定します。

_gtm09.jpg

タグの設定を選択すると設定項目が表示されますので、「Google Analytics - Universal Analytics」を選択します。

gtm11.jpg

トラッキングタイプは「ページビュー」、Google アナリティクス設定はデフォルトのまま、「このタグでオーバーライド設定を有効にする」にチェックをつけます。トラッキングIDを入力するフィールドが表示されますので、そこにGoogle アナリティクスのトラッキングIDを入力します。

トラッキングIDはGoogle アナリティクスの管理画面から確認できる「UA-」から始まるIDです。

gtm12.png

Google アナリティクスの「管理」から該当のプロパティを選択し、「トラッキング情報> トラッキングコード」に「UA-」のIDが表示されています。

次にトリガーを設定します。

image3.jpg

上記で設定したタグが発動する条件(トリガー)を設定します。トリガーをクリックするとトリガーの選択画面が表示されますので、「All Pages」を選択します。

これでタグの設定は完了です。

タグを公開しよう

7.プレビューモードで正しく実装されている確認する

gtm80.jpg

画面右上の「プレビュー」を選択すると、「プレビューモード」が始まり、画面中央にオレンジの枠が表示されます。

gtm81.jpg

この状態で、タグを埋め込んだ実際のページへアクセスすると、画面下にGoogleタグマネージャのプレビューモードが表示されます。発動していれば「Tags Fired On This Page」に該当のタグが表示されます。

このページでは、「FB - Pixel Tag」と「GA - Tracking Tag」が発動していることがわかります。

プレビューモードは、Googleタグマネージャを開いているブラウザ上でページにアクセスした時のみ表示されます。

8.タグの公開

gtm82.jpg

発動していることを確認したら、管理画面に戻り、プレビューモードを終了し、公開ボタンを押すことで実際のページタグが反映されます。

9.Googleアナリティクスでアクセスを確認しよう

imagegtm-1.jpg

タグを公開したら、Googleアナリティクスのリアルタイム解析で確認します。
タグを埋め込んだページに自分でアクセスし、グラフが動いていれば問題ありません。

まとめ:Googleタグマネージャを導入してタグの管理を効率化

今回は、Googleタグマネージャの基礎から実際にGoogle アナリティクスのタグを埋め込むまでを解説しました。

導入に手間は掛かりますが、タグ管理が煩雑になっているのであれば、ぜひおすすめしたいツールです。

▼こちらもチェック▼
GTMのアカウント作成とGoogle アナリティクスの実装