ブログを運営する際には必須」と言われているのが「アクセス解析機能」を用いた分析です。アクセス解析とは、ブログPV数やUU数(ユニークユーザー数)、流入元、検索キーワード等、ブログの読者にまつわる情報を分析することを指します。アクセス解析を行うことで、ブログの問題点を改善したり、人気のキーワードに関する記事を増やしたり、より訪問者数を増加させることができます。

ブログサービスで有名なものだと、「FC2」「はてなブログ」「アメーバブログ」等が挙げられます。これらは、WEB制作の知識がない人でも簡単にブログを作成できるサービスで、無料で使用できます。

また、それぞれのブログにはアクセス解析機能が付いており、解析できる項目や範囲は各ブログによって異なります。そこで今回は、「FC2」「はてなブログ」「アメーバブログ」に付随するアクセス解析機能と、アクセス解析サービス「i2i」の解析機能を比較してみました。

ブログをレベルアップさせたい人、これからブログを運営したい人は、ぜひチェックしてみてください。

目次

  1. ブログを始めるなら大事な「アクセス解析機能」
  2. 各ブログの基本機能とアクセス解析機能について紹介
  3. FC2の基本機能とアクセス解析機能
    1. マルチデバイスに対応
    2. 6,000種類のテンプレートからセレクト可能
    3. 秘密のブログも書ける
    4. アフィリエイトや商用 ブログもOK
    5. ブログを書籍化できる
    6. 有料の「FC2 ブログPro」がある
  4. FC2のアクセス解析機能
  5. はてなブログの基本機能とアクセス解析機能
    1. たくさんのテンプレートからセレクト
    2. 商用利用NG
    3. HTML編集で高度な編集も可能
    4. 公開範囲を変更できる
    5. グループに参加できる
    6. 有料のはてなブログProがある
    7. はてなブログのアクセス解析機能
  6. アメーバブログの基本機能とアクセス解析機能
    1. たくさんのテンプレートからセレクト
    2. アフィリエイト・商用利用はガイドラインあり
    3. 足あと機能がある
    4. ポップな絵文字が使える
    5. 有料の「Amebaプレミアム」がある
    6. アメーバ ブログのアクセス解析機能
  7. その他のアクセス解析機能
    1. i2iの基本情報
    2. i2iのアクセス解析機能
  8. 各ブログサービスのアクセス解析機能についてまとめ

ブログを始めるなら大事な「アクセス解析機能」

ブログを始めるなら、セットで押さえておきたいのが「アクセス解析機能」です。アクセス解析が大事な理由は、「ブログの目的が達成しやすくなる」からです。分析を元にブログの内容を充実させたり、問題点を改善したりすることで、ブログの訪問者数を増やし、コンバージョン率のアップに繋がります。

###アクセス解析機能で分析できること

具体的に、アクセス解析ではどのような情報を分析できるのでしょうか?アクセス解析で分析できる代表的な指標は以下の通りです。

PV数
ページビューの略語で、ページが閲覧された回数のこと。1ページ読まれたら1PVと換算するため、1人のユーザーが3ページ読んだ場合は3PVとなります。日々のPV数のほか、時間別、週間、月間、記事単位など、さまざまな種別ごとの分析が可能です。
    
UU(ユニークユーザー)数
決まった期間内に、ブログへ訪問したユーザー数を指します。2人のユーザーが3ページずつ読んだ場合、PV数は6、UU数は2となります。

流入元
インターネット上でどんなページをたどってからブログに行き着いたかが確認できます。検索エンジン(GoogleやYahooなど)・SNS・関連性のあるWEBページなどが一般的です。

検索キーワード
検索からサイトを訪問したユーザーが、どんなキーワードで検索してブログにたどり着いたかを確認できます。

ユーザー情報
サイトを訪問したユーザーにまつわる情報が取得できます。たとえば、訪問者の居住地域・訪問者別のPV数・使用OS・ブラウザ、リピーターの情報などが該当します。

アクセスしたユーザーはどのようにしてブログにたどり着いたのか、どのようなユーザーブログにアクセスしているのかなどを知ることで、新しいコンテンツ制作に役立つでしょう。

各ブログの基本機能とアクセス解析機能について紹介

ブログサービスにより、搭載されている機能は異なります。ブログサービスを選ぶ際は、ブログのジャンルやブログを通じて達成したい目的、求める解析機能によって、サービスを選ぶ必要があるでしょう。
FC2、はてなブログ、アメーバブログの特徴を紹介します。

FC2の基本機能とアクセス解析機能

bloghikaku_-_1.jpg
FC2

アフィリエイトや商用利用が全面的に認められていることから、アフィリエイトでの収益UPや自身が運営しているサービスを拡大したい場合に向いています。
アダルトジャンルでもブログが解説可能な数少ないブログサービスです。

また、カスタマイズ性が高いことから、ブログ中級者から上級者に支持されている傾向があります。
有料のコンテンツを販売・購入できる「マガブロ」という機能もあり、ブログから収益につなげたい人にとって価値の高いブログと言えます。

マルチデバイスに対応

PC、スマホなど全デバイスに対応しているため、移動中にスマホでブログを更新することも可能です。

6,000種類のテンプレートからセレクト可能

膨大な数のテンプレートが利用できるうえ、カスタマイズも可能です。

秘密のブログも書ける

設定したパスワードを伝えた人のみが閲覧できる、プライベート性の高い記事も書けます。

アフィリエイトや商用ブログもOK

記事内にアフィリエイト広告を入れる、サービスの申込みを促すなど、ブログを通じて収益をあげることが認められています。

ブログを書籍化できる

ブログ出版局と提携し、ブログ記事を印刷して製本可能です。

有料の「FC2ブログPro」がある

月額300円または、年間プラン3,300円を支払うと、「独自ドメインを利用できる」「ブログ内の広告を非表示にできる」「画像容量が2MBから5MBにアップする」など、無料版よりバージョンアップした機能を利用できます。

FC2のアクセス解析機能

アクセス数:時間別・日別・月別にPV数・UU数が表示されます。自分のIPアドレスを設定することで、自分のアクセス数を除外した純粋なユーザーのみのアクセス結果を確認できます。

ユーザー情報:ユーザーの「IPアドレス」「ホスト名」「リンク元」「OS」「ブラウザ名」が確認できます。

リンク元:ユーザーの流入経路を確認できます。

クリック先:記事内でクリックされたリンクと、リンクごとのクリック数がわかります。

検索エンジン・キーワード:ユーザーがどの検索エンジンを使って、どんなキーワードで流入したかが確認できます。

訪問者情報:ホストの追跡・リピーター・OS・ブラウザ・プロバイダ・地域などの情報が確認できます。

はてなブログの基本機能とアクセス解析機能

bloghikaku_-_2.jpg
はてなブログ

個性的なジャンルの利用者が多く自分の色が出しやすい、初心者でも操作しやすいといった特徴があります。読者を増やして自分の影響力を高めたい人、ブランディングのためにブログを活用したい人、横のつながりを作りたい人に向いているブログでしょう。

「はてなブックマーク」と呼ばれる独自のコミュニティがあり、はてなブログユーザーがお気に入りの記事をブックマークできます。ブックマーク数が増えると上位に表示されることから、一気にアクセス数の伸びが見込めます。はてなブロガー同士でブックマークし合う行為も見られますが、スパム目的だと判断されると表示制限措置や利用停止になる可能性があるため、節度を持った使い方をする必要があります。

たくさんのテンプレートからセレクト

公式テーマのほか、はてなブログユーザーが作成したテーマから選んで利用することができます。

商用利用NG

商用サイトへの誘導や収益を得ることを主目的とした運営はNGとされています。オススメの商品を自分の言葉でレビューし、読者に広める目的で掲載される広告に限ってはOKとされているものの、広告のみを目的とした利用や記事内で直接販売・勧誘を行う行為はNGです。

HTML編集で高度な編集も可能

Web制作の知識がある人なら、「HTML編集」の使用ででより高度な編集が可能です。

公開範囲を変更できる

すべての人に公開、自分のみ閲覧、ユーザーを指定して閲覧を許可・または拒否といった、公開範囲のカスタマイズが可能です。

グループに参加できる

音楽・映画、芸能・アイドルなど、ユーザー同士のグループに参加することができ、グループの一員になるとグループ内のユーザーに読まれやすくなります。

有料の「はてなブログPro」がある

月額1,008円か年間8,434円、または2年間14,400円を支払うと、無料版よりグレードアップした機能を使用できます。具体的には、独自ドメインが使用できる、ブログから広告が消せるなどの機能が挙げられます。

はてなブログのアクセス解析機能

アクセス数:日別・時間別の2種類でアクセス数が表示されます。自分自身によるアクセスは除外されます。

最近のアクセス傾向:最近1,000件のアクセス数を元に、訪問数が多いサイト順に表示されます。検索エンジンやSNS、言及されたブログなど、ユーザーの流入元が確認できます。

言及の一覧:はてなブログ内において自分のブログについて言及された場合、それにまつわる情報を確認できます。言及したユーザー・日時・記事などを、一覧表で見ることができます。

アメーバブログの基本機能とアクセス解析機能

bloghikaku_-_3.jpg
アメーバブログ(アメブロ)

初心者にやさしいユーザーインターフェースであり、「ぺた」や「フォロワー」機能を使ってアクセスを集めやすいブログと言われています。Web知識がまだ少ない人、ブログから徐々にビジネスを展開していきたい人に向いているでしょう。

ポップな絵文字が使えること、子育て・美容・暮らしのジャンルの利用者が多いことから、女性や主婦層向けのテーマのブログと相性が良い傾向があります。

たくさんのテンプレートからセレクト

豊富なテンプレートが用意されており、シンプルやナチュラルなどのカテゴリー・色・レイアウト別にデザインを選べます。

アフィリエイト・商用利用はガイドラインあり

たとえば、ECサイトのリンクを掲載して商品を宣伝する、自分が開催しているセミナーメルマガの宣伝、体験を元にしたアフィリエイト広告の掲載等はOKとされています。

足あと機能がある

「ぺた」と呼ばれる足あと機能があり、自分のブログを訪問してぺたを押してくれたユーザーを確認できます。

ポップな絵文字が使える

アメーバブログ独自の絵文字を使用できます。記事全体にポップな雰囲気を出したいときに便利です。

有料の「Amebaプレミアム」がある

「画像容量アップコース(月額194円)」と「広告をはずすコース(月額1,008円)」があり、無料版よりもグレードアップした機能を使用できます。

アメーバブログのアクセス解析機能

今日のアクセス数:チェックした日のアクセス数が、リアルタイムで表示されます。

昨日のアクセス数:昨日のアクセス数の合計が表示されます。

期間ごとのアクセス・訪問者数:過去3ヵ月分のデータを元に、7日間・30日間などの期間ごとのアクセス・訪問者数が表示されます。

ページごとのアクセス数:ページごとのアクセス数が表示されます。

リンク元:ユーザーの流入経路を確認できます。

デバイス:Amebaアプリ・スマートフォン・パソコンなど、ユーザーが閲覧したデバイスを確認できます。

その他のアクセス解析機能

i2iの基本情報

bloghikaku_-_4.jpg
i2i

i2iはブログパーツで有名な株式会社エムフロが提供しているWebパーツサービスです。アクセス解析用ツールの他に、アクセスランキング用パーツやサイト内ランキングパーツなどがあります。サイトのソース内にタグを埋め込んで設置します。

i2iのアクセス解析機能

生ログ:解析データの元となる生のアクセスログが確認できます。リモートホスト・リンク元・閲覧ページなどで検索が可能です。

PV数:日ごとのPV数が表示されます。

UU数:日ごとのUU数が表示されます。

リピーター:サイトの訪問者が、前回の訪問からどれくらい経って再訪問したかが確認できます。

リンク元:流入元のサイトが、 「リンク元URLすべて(URLフル表示)」と「リンク元ドメイン(ドメイン表示)」の2種類で確認できます。

訪問者の環境:訪問者の多いブラウザを確認できます。

スマートフォンインフラ分析:スマートフォンから閲覧した訪問者について、主にOSやブラウザが確認できます。サイトのコーディングや広告を貼る際に参考になります。

携帯インフラ分析:携帯電話から閲覧した訪問者について機能別の分析ができ、通信方式・ブラウザ種別・機種・画面文字数・ウェブ画面サイズ・待受画面サイズ・表示カラー数などを確認できます。モバイルサイトを作成する際に参考になります。

各ブログサービスのアクセス解析機能についてまとめ

ブログを開設する際は、第一にブログ開設の目的に応じたブログサービスを選ぶことを心がけましょう。初心者や小さくビジネス展開したい人に向いているのはアメーバブログ、大きな収益につなげたい人はFC2、ブランディング目的や横のつながりを増やしたい人に向いているのがはてなブログ、と言えそうです。

また、ブログに付随するアクセス解析機能は、FC2がもっとも本格的な仕様になっており、次いでアメーバブログ、はてなブログと続きます。i2iはキーワード検索ができないものの、数字やリンク元、訪問者の環境などは細かく把握できるので、各ブログのアクセス解析機能に満足できない場合に、プラスして使ってみると良いのではないでしょうか。