会社のホームページやイベント告知の際、地図を表示させたいときというシーンがあると思います。
そんな時、Googleマップを使えば簡単に地図を掲載できます。今回はホームページGoogleマップを貼付ける方法を紹介します。

Googleマップで地図をわかりやすく表示

Googleは地図検索を提供していますが、その地点を地図として引用できます。

参考リンクGoogle Maps API v3のアクセス数を調べる方法 - Google Maps 活用講座

マップの例

具体的には、上図のように自社ホームページなどで、場所を表すときに使えるということです。

GoogleではWebでの利用を認めていています。(詳しい利用規約は後述)

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

Googleマップの貼付け方

Googleマップで住所や社名で検索して、その地点を選択できます。ただ、Googleマップの以前のバージョン(地図画面が全面に広がるタイプではない)から引用しますので、ちょっと気づきづらいかもしれません。

事前準備 以前の地図に戻しておく

Googleの地図検索で何かしら検索をします。そこで、画面右下のはてなマークをクリックすると。以前のGoogleマップに戻すことができます。

以前のUIに戻す

以前のGoogleマップに戻しておけば、準備完了です。

STEP1 Googleマップで住所や社名を検索

Googleで住所や企業を検索します。表示された地図をクリックしますと、Googleマップへ移動します。

住所や社名で検索

STEP2 鎖マークをクリックしiframというくだりをコピー

画面左側に鎖マークが表示されます。そこをクリックしますと貼り付けコードが表示されます。これをコピーしましょう。

iframeを見つけてコピー

STEP3 掲載したいページに貼り付け

最後に、掲載したいホームページに貼り付ければ完了です。なお、貼り付ける際にはHTMLタグ)とよばれるホームページデザインのプログラムが有効な状態で貼り付けましょう。

貼り付けでOK

このようにたった3ステップで貼り付けができるので、とても簡単です。

今のGoogleマップに戻したい!

地図貼り付け時以外は、今の新しいGoogleマップのほうがいい!という方は、新しいGoogleマップに戻すこともできます。

戻すときは新しいGoogleマップで。

Google検索で、「新しいGoogleマップ」などと検索し、Googleマップのトップページにいくと、戻すリンクがありますので、それをクリックすればOKです。

Googleマップ利用の注意点

印刷は不可

利用者がその会社に向かうために、Googleマップを含む掲載ページを印刷するぶんには問題ありません。

地図の作成者が商用利用として、会社のパンフレット等に印刷物としてキャプチャを貼り付けて印刷するなどは認められていません。利用はWebに限定するよう注意してください。

参考リンクGoogle 使用許諾マップ/Google Earth に関するガイドライン

プログラム利用の場合はアクセス数上限がある

前述のようにiframeのコードで貼り付けたときは問題ありません。ただ、システムで利用するような高度なプログラムとして、地図を呼び出すような不動産ホームページや、地域情報でアフィリエイトをしている方などは、表示上限数がありますので、気をつけましょう。

プログラムとして「maps.googleapis.com/maps/api/~」と呼び出す場合は、有償版も用意されていますので参照してみてください。

参考リンクGoogle Maps API v3のアクセス数を調べる方法 - Google Maps 活用講座

Yahoo!も提供している

規約上思うところがあったり、他のデザインが良い、という場合はヤフー地図を検討してみてみても良いでしょう。

参考リンクYahoo!地図ヘルプ-リンク・転載・二次利用について

リアルのイベントや店舗など、ウェブだけで終わらないときには、マップが重要になります。

このニュースに関連する記事

FerretにはFacebookを効果的に運用するカリキュラムが満載。Facebookページ作成やFacebook広告などやさしく解説されていますよ!