まとめ

ビジネスに関する膨大な情報を分析する際は、ETLツールが有用です。複数のソースからデータを抽出し、適切な形に加工する機能により、データ分析業務を効率化できます。

ただし、ETLツールによって機能や扱えるファイル形式が異なるため、自社の目的に合う製品を選ぶことが大切です。ビジネスデータを経営やマーケティングに活用したい方は、この記事で解説した内容を参考にETLツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ETLツールとともに活用されるケースが多いBIツールについてもチェックしてみる

ETLツールとともに活用されるケースが多いBIツールについてもチェックしてみる

BIツール選びのポイントや、そのポイントに沿った各社ツールの比較などを、BIツール導入を検討する方へ向けてお届けします。

関連記事

データ資産をより効果的に活用。DXの第一歩となる「ETLツール」とは?

データ資産をより効果的に活用。DXの第一歩となる「ETLツール」とは?

昨今ビジネスにおいて、データ活用の重要性がますます増大しています。自社内のデータ資産運用に関して課題を解決できるのが「ETLツール」です。この記事では、「ETLツールとは何?」という方に向けて、その特徴、メリット、ビジネスにもたらすインパクトを解説します。

ETLツールとは?機能やメリット、比較して選ぶ際のポイントを解説

ETLツールとは?機能やメリット、比較して選ぶ際のポイントを解説

ETLツールはデータの抽出、加工、格納の3つの機能を持ち、導入によりデータ統合を効率化できる、専門性の高い人材が不要、ミスを減らして人的資源を活用できる、などのメリットがあります。さらに、実際にETLツールを比較して選ぶときのポイントを4つ解説する。