ferret編集部:2015年11月5日に公開された記事を再編集しています。

デザイナーでなくとも、一手間加えるだけで簡単にきれいなビジュアルが作れるとしたら、いかがでしょうか?
じつは一手間加えれば、パワーポイントやエクセルのみで、簡単に描けるのです。

本記事では、そんなビジュアル作成のコツをご紹介します。

目次

・インフォグラフィックスとは
・Case1:円グラフをキレイに魅せる
・Case2:イラストをキレイに魅せる
・Case3:積み重ねグラフで魅せる
・商用利用可の無料素材サイトまとめ(無料フォント、無料画像・イラスト、配色のコツ)

※Macの方は、本文の操作手順について、[CTRL]を[Command]キー、[ALT]を[Option]キーに置き換えてお読みください。

インフォグラフィックスとは

インフォグラフィックスとは、たんなるグラフやチャートではなく、デザイン的要素やビジュアルを加え、より魅力的にデータを魅せる手法のことです。

近年マーケティング分野が注目されるなかで、その伝え方として広がりを見せています。

インフォグラフィックス

データ量やデザイン性などこだわればキリがありません。それでもデザインのコツをおさると、パワーポイントやエクセルだけでも、見栄えのするグラフィックにすることが可能です。

本記事では、パワーポイントをつかった簡単でオススメなテクニックを紹介します。みなさんのコンテンツづくりにお役立て下さい。

参考リンク「インフォグラフィックス」の作り方とツールまとめ - NAVER まとめ
参考リンクインフォグラフィックス-infogra.me(インフォグラミー)
参考リンクインフォグラフィックスの作り方(関ヶ原の戦い兵力ツリーマップ篇) | ビジュアルシンキング

ビジュアルのデザインアップするコツ

エクセルやGoogleアナリティクスをそのまま貼付けるだけでは、味気ないものです。本記事では以下のテクニックを紹介します。

・オートシェイプの「パックマン」「回転矢印」は使える。
・グラフはEXCELで作り、パワーポイントでトレースする。
・クリップアートはグループ分解できる。
・書体や配色、背景を変えるだけでデザインアップ。
・エクセルの積み重ねグラフはデキる子

以下に、ワーク形式で具体的な使い方を紹介しています。

Case1:円グラフをキレイに魅せる

題目:about:HPW: 11/02 Google Analytics 利用率は 58.8% (前回から 0.1 ポイント増)

パワーポイントを使って、インパクトのある円グラフを描いてみましょう。

STEP1 まずはエクセルで円グラフを作ります

・ 範囲選択のショートカット [SHIFT]+[矢印キー]
・ グラフ作成のショートカット [ALT]+[F1] ※作成後グラフの種類を変えればOK

エクセルでグラフ作成

シンプルなグラフであれば、最初からパワーポイントで作成しても構いません。

STEP2 パワーポイントに貼り付けます

以前のバージョンのパワーポイントでは、貼り付けたグラフを分解できたのですが、最近のバージョンでは出来ないようなのでトレースします。

パワーポイントに貼り付け

完成

貼り付けたグラフを参考にオートシェイプでトレースします。あとは、書体を変えたり、パワーポイント標準の図形の効果などを加えれば完成です。

完成例

ちなみに上図はフォントも画像効果も、すべて標準のもので描いています。一手間加えるだけでこれだけ変わるんですよね。EXCEL臭は消せていると思います。

背景は、スライド上で右クリックして「背景の書式設定」で変更できます。

おすすめオートシェイプ

このパックマンのような図形、いい働きをします。あまり、厳密性を問わない、明らかに「嘘」とまでならなければ、オートシェイプを使ったトレースはオススメです。

パックマン