PowerPointは、WordやExcelと同様にビジネスに欠かせないツールのひとつです。主にプレゼンテーションで使われるようなイメージがあり、新入社員であっても触れる機会はあるでしょう。昨今では、すでにPowerPointの知識がある新入社員も多くなっていますが「使いこなせる方」となると意外と少ないかもしれません。

そこで今回は、新入社員が知っておくべきPowerPointの活用を学べるferretの記事を紹介していきます。

PowerPointはビジネスツールの代表格

PowerPointはビジネスツールの代表格です。しかし、ビジネスツールと言いながらも、大学でのプレゼンテーションや高校での授業においてPowerPointを扱うケースも増えています。そのため、PowerPointの操作が行える方は多いかもしれません。となれば、新入社員として企業に求められるのは操作ができるかどうかではなく、そのクオリティになります。

PowerPointのクオリティを高めるテクニックは?

PowerPointでのビジネス資料作りにおいては「どう伝わるか」を意識して作成する必要があります。自分や自社の意見を伝えるためには「見やすい」「惹きつける」ことを意識した表現をするコツやテクニックを身につけるとスムーズになるでしょう。

こちらの記事では、デザインの基本からフォントの種類・色の使い方など、すぐに役立つノウハウが記載されています。また、初心者が知りたい基本からスゴ技までを紹介。まさにPowerPointを使いこなすために、まず読むべき記事となっています。

デザインで魅了する!最高のプレゼンテーションを行うためのパワーポイント資料作成テクニック

デザインで魅了する!最高のプレゼンテーションを行うためのパワーポイント資料作成テクニック

今回は、パワーポイント資料作成時のデザインテクニックをご紹介します。 デザインといえばセンスのあるなしが大きく作用すると思われがちですが、実際にはいくつかのルールに合わせていけば、美しく説得力のある資料を作成するのは難しくありません。

パワポのクオリティが上がる!プレゼン資料を作るために参考にすべき10記事

パワポのクオリティが上がる!プレゼン資料を作るために参考にすべき10記事

プレゼンテーションはもちろんのこと、ビジネスにおいて物事を伝える手段として活用されるパワーポイント。これまで、多くの会議やセミナー、説明会において使われてきたことでしょう。一見、シンプルなようにも思いますがパワーポイントのクオリティ次第で相手に「どう伝わるか?」が関わってくる重要ポイントです。