現在日本国内で販売されているプリインストール型・永続ライセンス型のOfficeには、Personal・Home&Business・Professionalの3つのエディションがあります(Academicを除く)。このうち、PowerPointが含まれているのはHome&BusinessとProfessionalで、最も安価なOffice Personalエディションでは利用できません。

PowerPoint Onlineなら、PCにPowerPointやOfficeがインストールされていなくても、クラウド上にてPowerPointのプレゼンテーションを無料で作成できます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

目次

  1. PowerPoint Onlineとは
  2. PowerPoint Onlineの特徴
  3. 登録方法
  4. PowerPoint Onlineの使い方
    1. 新規作成
    2. 保存
    3. ダウンロード
    4. 共有
      1. ユーザーの招待
      2. リンクの取得
  5. まとめ

PowerPoint Onlineとは

2.png
https://office.live.com/start/PowerPoint.aspx?omkt=ja-JP

PowerPoint Onlineは、Microsoftが公式に提供するクラウド版のPowerPointです。従来のインストール型のPowerPointに比べると機能は制限されるものの、同様のプレゼンテーションをクラウド上にて無料で作成・保存・編集・共有できます。

PowerPoint Onlineの特徴

● 従来のインストール型のPowerPointの基本的な機能が無料で利用可能
● PCにPowerPointがインストールされていなくても利用可能
● クラウド上で複数人同時編集
● 特定のユーザーへの共有と、URLでの共有
● 作成した文書はOneDriveで検索・管理
● PDF・ODP・PPTX形式でダウンロード

登録方法

3.png
TOPページの「新しいアカウントにサインアップ」をクリックします。

4.png
メールアドレスとパスワードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

5.png
入力したメールアドレス宛に、4桁のセキュリティコードが届きます。

6.png
コードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

7.png
携帯電話の番号を入力し「コードの送信」ボタンをクリックします。国コードが表示されていますが、冒頭の0は省略せず入力します。

1.png
アクセスコード入力欄が表示されますので、携帯電話に届いたコードを入力し、「次へ」ボタンをクリックします。

9.png
登録が完了し、そのままログインします。

PowerPoint Onlineの使い方

1. 新規作成

10.png
プレゼンテーションを新規作成するには、「空白のプレゼンテーションを新規作成」をクリックします。

11.png
新規プレゼンテーションが開きます。

2. 保存

12.png
PowerPoint Onlineの文書は、作成した時点で「プレゼンテーション」という名前で自動保存されるため、保存ボタンはありません。プレゼンテーションの名前を変更するには、上部の「プレゼンテーション」をクリックします。

13.png
別の方法として、プレゼンテーションの保存場所と名称を指定して、コピーを保存できます。メニューバーの「ファイル」をクリックします。

14.png
「複製保存」をクリックします。

15.png
「複製保存」をクリックします。

16.png
保存先のフォルダを選択し、「保存」ボタンをクリックします。

17.png
ファイル名を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

3. ダウンロード

18.png
メニューバーの「ファイル」をクリックします。

19.png
「形式を指定してダウンロード」をクリックします。

20.png
ダウンロードできるファイル形式別に3つのボタンがあります。ローカルのPowerPointで開ける形式でダウンロードするには、「コピーのダウンロード」をクリックします。

21.png
「プレゼンテーションをダウンロードするには、ここをクリックします。」というリンクをクリックすると、PCにファイルをダウンロードできます。

4. 共有

プレゼンテーションを共有する方法は2種類あります。ユーザーを招待する方法と、リンクを取得して共有する方法です。前者は不特定多数の閲覧・編集を防ぎユーザー単位で権限を管理したい場合、後者は不特定多数がブックを閲覧・編集する場合に向いています。

1. ユーザーの招待

22.png
まず、ユーザーを招待する方法です。「共有」ボタンをクリックします。
23.png
宛先にメールアドレス、必要に応じてメッセージを入力し、「共有」ボタンをクリックします。

24.png
「受信者に編集を許可する」リンクをクリックすると、プルダウンが2つ表示され、受信者に編集を許可するかどうかと、受信者がMicrosoftアカウントを所持している必要があるかどうかを任意で選択できます。

25.png
共有完了すると、「共有する相手」の欄にユーザーが表示されます。

26.png
共有されたユーザーには、メールで通知が届きます。

2. リンクの取得

27.png
リンクを共有する方法です。「リンクの取得」をクリックし、プルダウンから「編集」あるいは「表示のみ」を選択し、「リンクの作成」ボタンをクリックします。

28.png
共有用のリンクが生成されます。「別のリンクを作成」をクリックすると、「編集」と「表示」でそれぞれ1つずつリンクを作成できます。

まとめ

PowerPoint Onlineを活用すれば、PCにPowerPointやOfficeがインストールされていなくても、PowerPointプレゼンテーションをクラウド上にて無料で作成できます。作成中に随時自動保存されるため、PCにトラブルが起こってもファイルが消えないのも、クラウド型の長所です。

従来のインストール型のPowerPointに比べると機能が制限されるとはいえ、Home&BusinessやProfessionalエディションに含まれるPowerPointを無料で使えるメリットは大きいので、積極的に活用しましょう。