問題解決や思考の整理などをする際、ただ闇雲に物事を考えていてもなかなか先に進めません。「ロジックツリー」を活用することで要素分解をし、順序立てて思考を進めることができます。

この記事では、ロジックツリーのメリットやPowerPointを使用してロジックツリーを作成する方法おすすめツールを紹介します。PowerPointを使用したことのある方はもちろん、初心者の方でもすぐに作図できますので、まずは簡単なロジックツリーを作ってみましょう。

目次

  1. ロジックツリーとは
  2. ロジックツリーを活用するメリット
  3. パターン別ロジックツリー4種
  4. PowerPointでロジックツリーを作る方法
  5. ロジックツリー作成における注意点
  6. PowerPoint以外でロジックツリーを作成できるツール
  7. ロジックツリーで頭の中を「見える化」しよう
ロジックツリーテンプレート。パワーポイント形式です。

ロジックツリーテンプレート。パワーポイント形式です。

ロジックツリーとは

ロジックツリーとは、問題解決や要素の概要を掴む際に用いられるフレームワークです。一つひとつ要素分解して広げていく図が、木が枝を広げている姿に似ていることから名付けられました。

ロジックツリーは問題解決のツールとなるだけでなく、例えばプレゼンテーションの資料としても活躍します。因果関係や分類の区分けなどを矢印の流れだけで解説できるロジックツリーは、視認性がよく伝わりやすい図表として最適です。

また、ビジネスで欠かせない論理思考とも相性が良いツールです。

ロジックツリーを用いると相手に筋道だった方法で伝えられ、かつ、ロジックツリーを通して考えることで自身の論理思考の強化にも役立ちます。

参考:
ロジックツリーとは - Webマーケティング用語|ferret [フェレット]
論理的思考とは?〜基礎知識からトレーニング方法まで解説|ferret [フェレット]

ロジックツリーを活用するメリット

ロジックツリーを活用するメリットとして、以下の4点が挙げられます。

  • 現状の課題を特定できる
  • 解決策を導き出せる
  • 優先順位を決められる
  • アクションを起こしやすくなる

それぞれのメリットについて解説します。

現状の課題を特定できる

ロジックツリーを作成する過程で、課題の定義を行います。そのため、現状の課題を特定することが可能です。明らかな問題があるのにもかかわらず課題が見えていない時などは、ロジックツリー作成に取り組むことで課題が見えてくることがあります。

解決策を導き出せる

ロジックツリーの作成過程で見つかった課題に対しさらにロジックツリーを展開することで、解決策を導き出せます。思いつく解決策を要素として書き出していく手法が一般的です。リスト化することで、多方面から解決策を探れます。

優先順位を決められる

アクションの優先順位を決めやすくなることも、ロジックツリー作成のメリットです。課題に対して解決策となるアクションがリストアップされるため、「どのアクションによる影響力が大きいか」を判断しやすくなります。ひとまず、着手しやすいアクションから始めることも可能です。

アクションを起こしやすくなる

ロジックツリーはアクションの必要性を組織に示す際の根拠となります。そのため、組織にアクションの必要性をスムーズに共有することが可能です。結果的にひとつひとつのアクションを起こしやすくなります。

組織のメンバーがしっかりとアクションの意義を理解したうえで協力してくれるようになるため、メンバーが主体性をもって参加することも期待できるでしょう。

パターン別ロジックツリー4種

1.要素分解(What)ロジックツリー

要素分解.png

商品やサービスの要素などを、細かく分解するロジックツリーです。

セグメンテーションやターゲティングなどで役立つほか、改善点の洗い出しにも活用できます。

改善点が明確になったら、次項目で紹介している「原因究明(Why)ロジックツリー」を使用して根本の問題点を探りましょう。

要素分解ロジックツリーを構築する上で重要なことは、「MECE(ミーシー)」を意識することです。「MECE」は漏れなく、重複なくという意味のロジカルシンキングの概念のひとつ。

一つひとつの項目を丹念に精査し、漏れなく項目を書ききることを意識してください。

MECEについては、以下の記事を参考にしてみてください。

参考:
MECEって?ロジカルシンキングの基本的考え方を理解して思考の抜け漏れを防ごう|ferret [フェレット]

2.原因究明(Why)ロジックツリー

原因究明.png

物事の原因究明を行うロジックツリーです。

階層が下がるごとに細かい原因を探ることができ、改善策が立てやすくなります。原因を突き止めたら、各原因を起点として次項目で紹介している「問題解決(How)ロジックツリー」を使って改善策を決めましょう。

原因究明の際は複数の要素が絡むことが多く、原因究明ロジックツリーは複雑になりやすいことが特徴です。

ここでも「MECE」を意識して、重複のないロジックツリー作成を心がけてください。なお、重複する項目が表れた場合は、複数箇所から矢印を伸ばして説明します。

3.問題解決(How)ロジックツリー

問題解決.png

目的達成や問題解決をするためのロジックツリーです。要素分解(What)ロジックツリー、原因究明(How)ロジックツリーと順序よく取り組むと最大限の効果を発揮します。

ここでのポイントは、個々のポイントに絞って解決策を考えることです。

ロジックツリーでは「分けて考える」ということが重要ですので、全体を眺めるのではなく、一つひとつていねいに注視してみましょう。

4.KPIロジックツリー

問題解決や目標達成のために活用するロジックツリーのひとつです。まず「KGI(Key Goal Indicator/経営目標達成指標)」を設定し、「KPI(Key Performance Indicat/重要業績評価指標)」をツリーで展開します。

問題が明確になったとしても、現実的に達成可能な中間目標に落とし込まなければ解決につながりません。また、数値目標が明確になっていないと、達成までの取り組みが非効率になってしまいます。

KPIロジックツリーを作成すると、問題解決・目標達成までのプロセスを組織の全員で共有することが可能です。そのため、問題解決アクションの実効性が高まります。最終的な目標達成のための羅針盤のような役割を担うロジックツリーです。

PowerPointでロジックツリーを作る方法

1.png

白紙のスライドを用意します。

他の形式のスライドでも問題ありませんが、テキスト入力の項目がない分図形等の配置がしやすくなります。

2.png

ロジックツリーに必要な要素をスライドに配置します。

テキスト入力に必要な四角の枠は「挿入」タブを開き「図形」をクリックすると表示されるメニューの中から「四角形」を入力して挿入してください。

3.png

四角形を挿入する際は、上図のようにあまり大きくしすぎず、小さめに作成することがポイントです。

この段階で大きく作成してしまうと、その後の配置を決める作業で時間がかかってしまいます。

4.png

四角形を挿入したら、必要な項目数だけ四角形を複製します。

四角形を右クリックしてコピー&ペーストすると、複製されます。複製したら階層別に並べておきましょう。

5.png

作成した四角形にテキストを入力します。

図形へのテキスト入力は、図形を右クリックし「テキストの編集」をクリックすると可能です。

文字のレイアウトのコツは以下の3つです。

  • 文字の色は黒か白にすること
  • テキストは中央寄せにすること
  • 文字はできるだけ大きくすること

これらを意識して、文字のレイアウトをしてみましょう。

文字の色は、枠の色が濃ければ白、薄ければ黒がおすすめです。読みやすい色で統一してください。

6.png

テキストの配置が完了したら矢印を配置します。

矢印は「挿入」タブを開き「図形」をクリックすると表示されるメニューの中から「矢印」を選択して挿入できます。

作った矢印はコピー&ペーストをすると、作業時間の短縮になります。

7.png

矢印だけでは、複数の項目をつなぐ際に利用する折れ矢印の作成ができません。

その場合は、「図形」から「直線」を選択して、直線の図形も使用します。

矢印と矢印の間をつなぐように縦に直線を配置すると、折れ矢印を作成できます。

8.png

上図は、完成したロジックツリーです。

シンプルなパターンですので、実際には項目や階層を増やしながらロジカルシンキングを進めていきます。

視認性が高く、思考を整理できるロジックツリーを作成するポイントは、図形の統一を徹底することです。

作業の効率化のためにも、コピー&ペーストを存分に活用してください。

ロジックツリー作成における注意点

ロジックツリー作成では、可能な限り問題を明確に設定する必要があります。問題を曖昧にするほど、解決につながらないロジックツリーが作成されてしまうため注意が必要です。

例として、売上の増加を目的とする場合、数値目標を設定することは前提です。さらに、単に売上を増加させればいいのか、それとも利益率を維持したまま売上を増やしたいのか、といった点を明確にする必要があります。「売上を増やす」という目標が同じだとしても、利益率を加味するかによって展開すべきロジックツリーは大きく変わってくるのです。

仮説思考で要素を分けていくこともポイントのひとつ。あまり問題に直結した解決策にこだわると、要素分解すること自体が難しくなってしまいます。持っているデータを見たうえで「こうすれば解決できるのではないか?」という視点を持つことが大切です。実行するアクションについては後で時間をかけて吟味するため、まずは仮説を立てることを意識しましょう。

また、ロジックツリーの作成は中途半端で終わらせないようにしましょう。ツリーの端が具体的なアクションになるまで掘り下げてください。この点を徹底しなければ、現状の課題析だけで終わってしまうケースがあります。

PowerPoint以外でロジックツリーを作成できるツール

PowerPoint以外のツールでもロジックツリーを作成可能です。以下では、ロジックツリーの作成できるツールから、ExcelとXmindについて解説します。

Excel

Excelでロジックツールを作るのも一般的です。セルを編集しても構いませんが、Excelにはロジックツールに使えるテンプレートが用意されています。アイコンメニューの「図」から「Smart Art」をクリックし、「階層構造」のなかからロジックツールのテンプレートを選択しましょう。

PowerPointとは異なり、Excelのロジックツールは縦・横のスペースを無限に使える点がメリットです。一般的なOfficeソフトのため、組織のメンバー間でロジックツールを共有したい場合も最適といえます。

XMind

XMindはマインドマップ、ロジックツリーの作製用に設計された専用ツールです。直感的な操作で、誰でも簡単にロジックツリーを作成できます。すっきりしたデザインで、見やすいロジックツリーに仕上がる点も魅力です。Evernoteにも共有できることから、チームでロジックツリーシェアしたい場合にも便利です。

4,400円(税込)/6カ月のプランと、6,800(税込)/年のプランがあります。無料トライアルも用意されているため、まずは使用感を確かめてみてください。

ロジックツリーで頭の中を「見える化」しよう

ビジネスだけではありませんが、頭の中だけで物事を考えていると、実はシンプルなことも複雑にとらえてしまったり、ぐるぐると同じことを考えてしまって先に進まなかったりということもあるでしょう。

ロジカルシンキングを使用すれば思考が目に見えるため、無駄なく、もれなく問題解決に取り組めます。

PowerPointでの作図はとても簡単です。ExcelやXmindでも、ロジックツリーを作成できます。ぜひ試してみてください。

ロジックツリーテンプレート。パワーポイント形式です。

ロジックツリーテンプレート。パワーポイント形式です。