まとめ

2020年に開催されるオリンピックを見据えた上でも、ホームページの多言語化の需要が増えていくでしょう。
多くの海外ユーザーが入国前から情報収集し、入国後にも情報収集を行なっていることを踏まえると国内だけでなく国外に向けた情報発信の必要性も高まっています。

とはいえ、多言語化するにしても時間や費用、人材が必要になります。

多言語化の必要性は分かってはいるものの予算や時間がない方は、今回ご紹介したような多言語化ツールの導入も視野にいれてみましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

競合ホームページの動向を把握する重要性
【視聴必須】マーケティングを学べる動画21選(ジャンル別)+翻訳ワザ
海外に目を向けよう!国外の注目サービスまとめ

このニュースに関連するカリキュラム

競合ホームページの動向を把握する重要性

競合ホームページの動向を把握する重要性

Webという市場は参入障壁がとても低い市場です。言い方を変えれば、競合のホームページがいつ参入してくるかわからない、というリスクが常に存在します。競合の動きを知ることはとても大切です。