3.相手の様子を窺いながら複数回にわけて状況確認の連絡をする

検討期間中に、判断するうえで不明瞭な点がないかどうか、確認の連絡をしましょう。

こちらからまめに連絡することでお客様も質問がしやすくなります。
お客様の様子を窺いながら、しつこいと思われない程度に連絡するようにしましょう。

上記のようなステップを踏んだ後で、検討結果を聞きましょう。
何もせず1週間を過ごすより、成約率は上がるはずです。

まとめ

せっかくの商談が無駄にならないよう、忘却曲線を意識して連絡を取るタイミングを決めてお客様に継続的にアプローチをしていきましょう。

特に、商談後のお礼メールは当日中に送るのが鉄則です。
ビジネスマナーとしてはもちろんのこと、記憶の大半が流出しないようにリマインドしておくことは非常に重要です。

人は忘れる生き物だということを念頭に置き、辛抱強くアプローチしましょう。