LPは広告からサイトにアクセスしたユーザーが最初に閲覧するページで、上手く活用すれば大きな効果が得られます。しかし、その一方でポイントを押さえて作成しなければ最大限の効果が得られません。

そこで、LP作成の際に押さえておきたいチェックポイントや、効果が出ないときの改善手順を紹介します。LPの作成や最適化に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. LPとは
  2. 効果の出ないLPの特徴
  3. LP改善の手順
  4. 効果を最大化させるLPのチェックポイント
  5. LP改善で広告効果を最大限に高めよう

▼LP改善の手順や方法をすべて確認したい方はこちら

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップについて解説いたします。

LPとは

LPとは「Landing Page」の略で、検索窓の上部などに表示される広告をクリックした際に表示される1枚のWebページです。上から下までさまざまな情報が詰め込まれたページで、下部には問い合わせフォームなどが用意されています。

また、商材のアピールポイントや特徴などが各所に散りばめられているのも特徴です。LPの多くはデザインにもこだわっていて、商材に合わせたカラーや画像の配置を研究しながら作成する必要があります。

LPはアクセス数が増えていても、CV(コンバージョン)数が増えなければ広告効果を最大化できているとは言えません。CV数が増えていないのであれば、改善をしながら広告効果をアップさせていくことが重要です。

効果の出ないLPの特徴

ここでは、効果の出ないLPの特徴を詳しく見ていきましょう。1つでも当てはまっているものがある場合には、LPを改善すれば広告効果がアップする可能性があります。

顧客のニーズに合っていない

image1.png

LPは顧客の購買意欲を搔き立てるためのものなので、顧客のニーズに合っていなければ必然的に効果は出なくなってしまいます。その商品やサービスを購入したいと考えている顧客が、どんな情報を求めているのかを考えながらページを作成しましょう。

例えばダイエットや健康関連のLPなら、顧客は実際にどんな効果が得られるのか知りたいはずです。入っている成分や期待できる効果を載せるのはもちろんですが、実際の口コミを記載することでリアルな使用感を伝えられるでしょう。

また、口コミには商品の感想だけでなく、悩みも含ませるとより効果的です。「こんな悩みを抱えている」という流れから、商品を試して悩みが解決したとなれば共感を生みやすくなります。

さらに、顧客のニーズは時間と共に変化していくものです。一度作ったら終わりではなく、定期的に見直すようにしましょう。

構成の順序にミスがある

image5.png

LPを作成する際は、全体の構成が非常に重要なポイントになります。LPの構成は大きく分けて、ファーストビューボディクロージングの3つのパートに分けられています。ファーストビューは顧客が最初に目にする部分で、商材のキャッチコピーなどを記載するのが基本です。

ボディでは商品の詳しい情報や口コミなどを記載し、購買意欲を高めていきます。そして、最後のクロージングには、問い合わせフォームや購入ボタンを設置します。この3つのパートがバラバラになっていると、LPのCV数アップは見込めないでしょう。

例えば、最初に問い合わせフォームや購入ボタンがあっても、そこからアクションを起こす人はいません。顧客は商材の魅力や情報を知った上で利用するかどうか判断します。そのため、最低限この3つの構成順序は守るようにしましょう。

同じバナーを長期間使っている

image8.png

同じバナーやLPを何度も目にすると、顧客はどうしても飽きてしまいます。飽きられたLPやバナーは効果が徐々に下がっていき、クリック率やCV数もどんどん悪化してしまうでしょう。そのため、バナーやLPのデザインはこまめに見直して改善していく必要があります。

飽きられないような工夫をしながら、いろいろなアイディアを入れていきましょう。見直しのタイミングは商材によってさまざまですが、リニューアルなどで新たに追加された情報がある場合には必ずLPの更新を行ってください。

古い情報のまま載せてしまうと、顧客に思わぬ混乱をもたらす可能性があります。最新の情報を常に載せるのはもちろん、定期的に見直しを入れながら常に最新情報を確認できるLP目指しましょう。

▼LP改善の手順や方法をすべて確認したい方はこちら

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップについて解説いたします。

LP改善の手順

image9.png

効果の出ないLPの特徴が分かったところで、次は改善の手順を詳しく解説します。

1. 問題点を把握する

image11.png

まずは、どこに問題点があるのか仮説を立てながら考える必要があります。LPを改善するためには、効果が出ない原因を把握しなければなりません。最初に現状を正しく理解し、既存のLPがどのような状態なのか
をチェックしましょう。

CV数は目標に対してどれほど達成しているのか、足りていない場合にはセッション数やインプレッション数が減っていないかを確認する必要があります。セッション数は広告の閲覧数、インプレッション数は広告の表示数となります。これらの数値からCVR(コンバージョン率)を計算します。

さらに、直帰率と呼ばれる数値も確認しましょう。直帰率は広告を閲覧したユーザーのうち、1ページのみの閲覧で離脱してしまった割合を示すものです。直帰率が高い場合、LPがユーザーのニーズにマッチしていない可能性があります。

このように、どこの数値が減っているのかによって解決するべき問題点が異なります。問題点が把握できたら、どのように改善すれば効果が上がるのか仮説を立ててみましょう。

2. 改善したうえでテスト

image10.png

仮説を立てたあとは、その仮説が正しかったかどうか検証を行います。検証をする際は、以下の2つのポイントに着目してみましょう。

  • 変数を1つに絞る
  • 同時期に検証を行う

変数を1つに絞る理由は、2つ以上にしてしまうとどの部分の変化によって効果がアップしたのか分からなくなってしまうためです。例えば、ボタンの変更をする場合には、デザインかテキストか一方のみを変更して検証しましょう。

両方を変更して検証を行って効果が得られた場合、どちらの要因が効果をアップさせたのか分からなくなってしまいます。

また、検証をするタイミングによって結果は少しずつ変化していきます。平日と土日ではユーザーの動きが異なるほか、季節のイベントなどが絡むと結果が大きく変化する可能性があります。検証をする日時はできるだけ合わせるようにし、時間や時期による影響が出ないように心がけましょう。

効果を最大化させるLPのチェックポイント

次に、効果を最大化させるためのLPのチェックポイントを解説します。

効果の出る正しい構成

image6.png

1つ目のチェックポイントは、効果の出る正しい構成になっているかどうかです。LPを見てくれているユーザーが何を求めているのか、心理を理解しながら構成を作成する必要があります。商材の魅力を上手く伝えられるよう、ファーストビュー・ボディ・クロージングの3つを意識しながら作っていきましょう。

また、顧客の悩みを解消できる情報を組み込むことも重要なポイントです。まずはファーストアプローチとして商材のキャッチコピーを記載し、次にユーザーが感じている悩みと解決策を提示します。

さらに商品の詳しい紹介を挟んでユーザーを惹きつけ、購入によって得られるメリットや口コミなどを記載します。最後に問い合わせフォームや購入ボタンを設置し、後半まで読み進めてくれたユーザーに対してアクションを促しましょう。

LP全体のデザイン

image3.png

次にLP全体のデザインをチェックしましょう。まずは、ファーストビューに伝えたいメッセージや重要なキーワードが組み込まれているかどうか確認します。

ファーストビューのみを見て離脱してしまうユーザー60%程度いるとも言われており、第一印象が悪いと多くの場合では先に進んでもらえません。

image2.png

また、デザインに関しては文字の視認性も重要なポイントになります。いくら有益な情報がたくさん記載されているLPでも、文字が見えにくいと読む気になりません。パッと見たときに違和感なく読める色合いや文字の大きさを意識しましょう。

背景が濃い色なら白い文字、薄い色なら黒い文字を使うなど工夫をしてみてください。あまりたくさんの色を使いすぎると逆に見にくいため、商材に合う色を数色用意して組み合わせながら作成しましょう。

CVボタンの内容

image4.png

次に、CVボタンの内容をチェックします。CVボタンとは商品の購入や問い合わせなど、具体的なアクションを促すためのボタンです。商品紹介のLPなら購入ボタン、サービスの紹介なら問い合わせボタンなどを設置するのが基本です。

CVボタンの内容やデザイン、設置場所によってはユーザーがボタンを押しにくくなる可能性もあります。例えば、LPを最後まで読んでくれたユーザーが購入を考えた場合、ページの最下部にCVボタンがなければ面倒になって離脱してしまう場合もあるでしょう。

せっかくLPを読んでくれたユーザーを上手くCVボタンに促すためにも、見やすくクリックしやすい位置に設置するのがおすすめです。設置場所はもちろん、クリックしたくなるような文章や色合いにするのも大切なポイントとなります。

情報入力フォームの使いやすさ

image7.png

情報入力フォームの使いやすさも大事なチェックポイントです。購入や問い合わせをする際は名前や住所などを入力しますが、項目が多すぎると面倒になって離脱されてしまいます。入力フォームは最低限の項目に抑え、シンプルに仕上げるようにしましょう。

フォームの周りにはリンクや画像を設置せず、情報の入力に専念できるようにするのがおすすめです。ごちゃごちゃとしていると気が散ってしまい、情報を入力する気になりません。また、誤ってユーザーが別のリンクをクリックしてしまうと、元のページに戻ってきても入力内容がリセットされてしまいます。

一度リセットされると購買意欲がなくなり、せっかくの顧客を逃してしまう結果になりかねません。

LP改善で広告効果を最大限に高めよう

LPは広告などからアクセスしてくれたユーザーが最初に閲覧するページなので、購買意欲を高める工夫が必要になります。ただLPを作るだけでは効果はほとんど得られず、せっかく作ったページが無駄になってしまうこともあるでしょう。

このような失敗を防ぐためにも、LPを作る際は今回紹介したコツやポイントを参考にしてみてください。また、すでにLPを作ってある場合でも、コツを押さえて改善すれば広告効果を最大限に高めることができます。

自分で改善するのが大変だと感じる場合には、LP作成に便利なツールを取り入れてみるのもおすすめです。改善ツールにはさまざまなものがあるので、自分に合うものを探してみましょう。

▼LP改善の手順や方法をすべて確認したい方はこちら

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

広告効果最大化のための【LP改善チェックリスト】

マーケティング担当者が今おさえるべき動画マーケティングのトレンド完全マップについて解説いたします。