まとめ

現状の数値を把握しないことには、適切な改善を行うことはできません。
URLに適切なパラメータを設定して、感覚による運用からデータに基づく運用へと切り替えていきましょう。