つい先日、大きく話題となった中国の大手ショッピングモールAlibaba(アリババ)。世界最大の上場を果たし、この上場によって手に入れた資金は約250億ドルと言われています。

東南アジアを中心にネットショップ市場は急成長しており、2018年には東南アジア6ヵ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)におけるBtoC(企業と消費者)におけるネットショップの市場規模は、2013年の70億米ドルから2018年には345億米ドルになると予想されるほどです。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/asiacolumn/20140827/412969/

注目せざるを得ない海外市場ですが、日本の事業者が進出する際に、最も障壁となるのが言語の問題です。
そのため、最近では中国語対応の翻訳ツールなどが人気となっており、翻訳ツールの需要がますます高まりそうです。

今回は、無料で活用できる翻訳ツールについてまとめました。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

Skype Translator

Skype Translator

Microsoft社が開発する翻訳ツールです。驚くべきは、インターネット電話サービスのskypeを使ってリアルタイムで翻訳できるところです。現在は、プレビュー版ということもあり、英語とスペイン語のみの対応ですが、最終的には45を超える言語が対応される予定になるので要注目の翻訳ツールです。

http://blogs.skype.com/2014/12/15/skype-translator-preview-an-exciting-journey-to-a-new-chapter-in-communication/

Google翻訳

Google翻訳

最も王道の翻訳ツールです。ブラウザ上でサクっと翻訳したい場合などに最適です。
なにより使い方がシンプルで使いやすいというのも特徴です。

https://translate.google.co.jp/?hl=ja

対応言語数:80

ちなみに、ブラウザでChromeを利用している方であれば、アドオンも利用することができます。

https://chrome.google.com/webstore/detail/google-translate/aapbdbdomjkkjkaonfhkkikfgjllcleb?hl=ja

Worldictionary Lite

Worldictionary Lite

スマートフォンの翻訳アプリです。このアプリの特長的な機能として、翻訳するための文章を入力する必要がないところです。翻訳するために行うことは、カメラのレンズに写すだけ。
出先のちょっとした翻訳などには、便利そうなツールです。

https://itunes.apple.com/jp/app/worldictionary-lite-shun-jian/id536491559?mt=8

対応言語数:22

iVoiceスピーチ翻訳

iVoiceスピーチ翻訳

こちらもスマートフォンの翻訳アプリです。アプリを起動し、スマートフォンに翻訳したい言葉を話すだけで、翻訳する事が出来ます。
また、レストランや銀行でよく使う慣用句なども登録されているので、使いたいフレーズはそちらから使用することができます。

http://app-liv.jp/536091314/

Weblioポップアップ英和辞典

Weblioポップアップ英和辞典

Chromeのアドオンで使える翻訳ツールです。見ているページの翻訳したい箇所をドラッグするだけでポップアップで翻訳文が表示される機能です。また、辞書登録もできるので英会話の勉強にも活用できます。

http://goo.gl/Erh0N

通訳要らず

通訳要らず

スマートフォンの通訳アプリです。基本機能としては、文字を入力して翻訳することができます。特徴としては、ネット環境がなくても10,000以上のフレーズを、表示させることができます。
「良いレストランはありますか?」といった日常会話で使えるフレーズ集、発音の自信が無くても、見せるだけで伝えられる実用性の高さがおすすめです。

対応言語数:28

https://itunes.apple.com/jp/app/tong-yi-yaorazu/id514586393?mt=8

PowerPoint ミニ翻訳ツール

PowerPoint ミニ翻訳ツール

PowerPointで標準で使える機能の1つに翻訳ツールがあります。
意外に知られてない機能で、単語または語句の発音を音声で再生することもできます。
ちなみに、ミニ翻訳ツールはPowerPointだけでなく、OfficeソフトのOneNote、Outlook、Wordにも搭載されています。

詳しい使い方はこちら:http://goo.gl/9Wmf8Q

まとめ

ビジネスのみならず、海外旅行や語学学習にも活用できそうなツールが無料で使えるのは嬉しいですね。
特に、始めにも紹介したSkype Translatorに関しては、日本の事業者が海外市場に進出する際の障壁を大きく下げるほどの可能性があるのではないでしょうか。
今後の動向に注目です。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。