こんにちは、ライターのナッツこと永田優介です。
皆さんの会社では、マーケティングの一環としてインスタグラムを使われていますか?

TwitterやFacebookに並び、SNSの中で非常に存在感を増しているインスタグラム。
画像・動画を投稿できるSNSのインスタグラムは、いまや国内ユーザー数だけで1,092万人(ニールセン調べ)を越える注目サービスの一つです。

各社、いかにインスタグラムを自社のマーケティングに用いるかと奮闘されている様子……
ですが、実際問題、どんな投稿をすればいいのかどんな頻度で投稿をすればいいのか、と試行錯誤の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、国内外の注目企業がどのようにインスタグラムを活用しているのかを、紐解いていきます。

対象となるのは、フォロワー数TOP15の企業アカウント
ferretが提供するインスタグラム解析ツール「ナビスタ」(2018年時点で提供終了しています)を使い、企業アカウントTOP15の特徴、そしてそこから学びとれる実践アイデアをご紹介いたします。

参考:
インスタグラム【instagram】/ferretマーケティング用語辞典
「Instagram」アプリの利用者数が2016年4月に1,000万人を突破 ~ニールセン、スマートフォンアプリの利用動向を発表~

インスタグラム国内フォロワー数TOP15の企業アカウントまとめ

今回は、インスタグラム企業アカウントの『フォロワー数TOP15』が、どのようにインスタグラムを活用しているのかを徹底分析!

下記の順にご紹介していきます。ご期待ください!

・フォロワー
・1日の平均投稿数
・直近1ヶ月の平均いいね数
・特徴

なお、ご紹介するアカウントは、日本国内からフォローされているアカウントになります。そのため、海外企業のアカウントも含まれます。
※それぞれの数値は2016年11月時点のものです

1. NIKE

nikeさん(@nike)が投稿した写真 -

・フォロワー:66.1百万人
・1日の平均投稿数:0.19回
・直近1ヶ月の平均いいね数:406,353

◆特徴
最初からナンバー1をご紹介いたします。
6千6百万フォロワーを抱えるNIKEが堂々の1位!過去最高の"いいね数"が集まった投稿は上記投稿で、"92万いいね"がついています。NIKEの特徴は、投稿頻度が月6回ペースと非常に頻度が少ないことです。それに加え、直近1ヵ月でいえば、6投稿中5投稿は動画コンテンツとなっており、動画によるアプローチを非常に大切にしていることがわかります。

2. ナショナルジオグラフィック

・フォロワー:63.4百万人
・1日の平均投稿数:9.28回
・直近1ヶ月の平均いいね数:695,333

◆特徴
第2位は、雑誌メディア『ナショナルジオグラフィック』アカウントです。
過去一番"いいね数"が集まったのは、カナダ・バンフ国立公園の写真でした。同アカウントの特徴は、なんといっても世界の美しい写真を毎日10投稿近くあげていることで、ナショナルジオグラフィックにしか撮れないような1枚1枚の写真が、ユーザーの心を掴みます。ぜひオススメです。

3. ヴィクトリアズ・シークレット

・フォロワー:47.3百万人
・1日の平均投稿数:3.63回
・直近1ヶ月の平均いいね数:355,105

◆特徴
下着を中心としたファッションブランド『ヴィクトリア・シークレット』。
過去最高の"いいね数"が集まった投稿は、今年2016年のハロウィン投稿でした。同アカウントの特徴は、1日平均3投稿するうちの1つは動画投稿であることで、NIKE同様、やはり動画に注力しているようです。個人的には美女が被写体になっているだけで即いいねしてしまいます。

4. H&M

H&Mさん(@hm)が投稿した写真 -

・フォロワー:17.5百万人
・1日の平均投稿数:3.28回
・直近1ヶ月の平均いいね数:132,772

◆特徴
皆さんご存知の『H&M』。
過去最高いいね数の投稿は、上記のコーディネート投稿でした。H&Mは、ほぼ毎日コーディネート写真を投稿しており、どれも"いいね数"を多く集めているのが特徴です。その他にも美容関連にまつわるナレッジ動画を定期的に投稿しており、主に女性向けに役立つアカウントとしての存在感を強めています。

5. シャネル

・フォロワー:16.2百万人
・1日の平均投稿数:0.88回
・直近1ヶ月の平均いいね数:97,317

◆特徴
CHANEL(シャネル)の投稿は、もうどれもハイレベル。ハイブランドらしく、1枚1枚の写真のクオリティが非常に高いのが特徴です。
"いいね数"が一番多かったのは、2016年のシャネルのミューズに起用されたクリスチャン・スチュワートの写真。シャネルは、女性中心に人気を集めた映画『トワイライト』でも主演を努めた彼女を起用することで、さらに女性のファンを獲得することに成功しています。

6. adidas

・フォロワー:15.5百万人
・1日の平均投稿数:1.88回
・直近1ヶ月の平均いいね数:143,060

◆特徴
他のファッションブランドがライフスタイル中心の投稿をしている中、アディダスは新着商品の投稿で一番多くの"いいね数"を獲得しています。根強いファンがいるからこそ、ファンに届くコンテンツを意識している姿勢が感じられますね。

7. ZARA

ZARA Officialさん(@zara)が投稿した写真 -

・フォロワー:14.5百万人
・1日の平均投稿数:1.28回
・直近1ヶ月の平均いいね数:85,148

◆特徴
ファッションブランド『ZARA』のインスタグラムです。
過去最高の"いいね数"が集まった投稿は、上記の子どもの写真。なんと、ZARAの"いいね数"が多く集まった投稿TOP3の全てが子どもの写真で、『親子でファッションを楽しめる』というメッセージの訴求をしているのが大きな特徴とも言えます。

8. ルイ・ヴィトン

・フォロワー:13.7百万人
・1日の平均投稿数:0.56回
・直近1ヶ月の平均いいね数:83,476

◆特徴
高級ブランド『ルイ・ヴィトン』のインスタグラムです。
1日平均0.5投稿と、そこまで積極的に投稿はしていません。しかし長い期間で分析してみると、春夏秋冬の最新コレクション発表のタイミングでは頻繁に写真をインスタグラムに投稿しており、ブランディングよりも新着商品の認知拡大を目的として活用しているのかもしれません。

9. VOGUE

Vogueさん(@voguemagazine)が投稿した写真 -

・フォロワー:13.2百万人
・1日の平均投稿数:1.66回
・直近1ヶ月の平均いいね数:128,815

◆特徴
ファッション雑誌『VOGUE』のインスタグラムです。
上記画像のミシェル・オバマさんが表紙を飾った写真の投稿が過去最高の"いいね数"を獲得。昨今の大統領選への注目度が高まっていただけに、オバマ夫人のアサインはさすがのVOGUE!といった感じです。なお、コレクションの写真だけではなく、イベントの裏側の様子を投稿するなど、VOGUEに対しての親近感が生まれる投稿が特徴的です。

10. Dior(ディオール)

Dior Officialさん(@dior)が投稿した写真 -

・フォロワー:12.5百万人
・1日の平均投稿数:2.0回
・直近1ヶ月の平均いいね数:95,179

◆特徴
こちらは、Dior(ディオール)のインスタグラムになります。
投稿で過去最高の"いいね数"を獲得したのは、ウーマン・オブ・ザ・イヤー2016を受賞したエマ・ワトソンの写真。女性のフォロワーが多いDiorだからこそ、エマ・ワトソンを祝福する投稿には多くの反応がありました。また #starsindior というハッシュタグを用いて、様々なスターたちの写真を投稿しているのがDiorの特徴です。

11. M・A・C(メイクアップアートコスメティックス)

・フォロワー:12.4百万人
・1日の平均投稿数:6.06回
・直近1ヶ月の平均いいね数:109,823

◆特徴
コスメティックブランドの『M・A・C』のインスタグラムです。
カラフルな口紅の投稿が過去最高いいねを獲得!インスタグラムに投稿されている写真のモデルは、アジア人、欧米人、男性、女性と年齢、人種、男女問わずにコスメティックの良さを伝える投稿が特徴的です。「誰でも化粧を楽しんでいい」というのが伝わる投稿が共感を得ているポイントかもしれません。

12. Starbucks

・フォロワー:12.1百万人
・1日の平均投稿数:0.91回
・直近1ヶ月の平均いいね数:309,507

◆特徴
スターバックスは、お菓子の家でつくられた店舗が、過去最高のいいねを獲得しています。スターバックスのカップを用いたイラスト・アート写真やユーモアな写真、心があたたまる写真など、ホッと一息つきたい時に思わずスターバックスを連想しやすい投稿が特徴的です。コーヒーを飲むシーンの感情を、的確に写真で表現しているのがグッときます。

13. FOREVER 21

forever21さん(@forever21)が投稿した写真 -

・フォロワー:11.8百万人
・1日の平均投稿数:3.84回
・直近1ヶ月の平均いいね数:155,006

◆特徴
『FOREVER 21』が過去最高の"いいね数"を獲得したのは、2年前にアリアナ・グランデが21歳の誕生日を迎えた時の投稿でした。『FOREVER 21』は1日平均3投稿しており、そのうち1つはほぼ必ず動画の投稿になっているのが特徴です。なかなか写真と動画を毎日投稿するのは手間がかかりますが、それを惜しまないFOREVER 21の努力、すごいです。

14. GUCCI

Gucciさん(@gucci)が投稿した写真 -

・フォロワー:11.3百万人
・1日の平均投稿数:3.63回
・直近1ヶ月の平均いいね数:61,676

◆特徴
高級ブランド『GUCCI』の過去最高の"いいね数"が集まったのは、ファッションショーのライブストリーミングを教える情報コンテンツでした。
単なる世界観の押し付けではなく、フォロワーに有益な情報を届けることの大切さを再認識させられる投稿です。また時期に応じて新作商品の画像を投稿だけ、イベント写真の投稿だけ、ポートレート写真の投稿だけ、と投稿のトンマナを期間に応じて揃えているのが特徴的です。

15. ドルチェ&ガッバーナ

・フォロワー:11.2百万人
・1日の平均投稿数:6.5回
・直近1ヶ月の平均いいね数:57,643

◆特徴
『Dolce & Gabbana』(以下ドルガバ)は、ファッションショーの写真が過去最高の"いいね数"を獲得しています。撮影写真ではなくイラストを定期的に投稿しているのが特徴的な同アカウント。他の企業やユーザーが写真を投稿する中で、タイムラインに現れるドルガバのイラスト投稿は目を惹きますね。

インスタグラムTOP15アカウントから学ぶ5つのポイント

以上、インスタグラムのフォロワー数が多い企業アカウントTOP15を見てきました。
すでにお気付きかもしれませんが、これらの企業アカウントから学び取れる5つの実践アイデアをまとめてみました。

1. 目に留まりやすい動画コンテンツを積極的に投稿する

各社、動画投稿を積極的に投稿しています。インスタグラムでは、タイムラインで動画が自動再生されますので、写真の投稿よりも動きがある分、目に留まりやすくなります。写真だけだとタイムラインでサッとスクロールされてしまう可能性があるため、積極的に動画投稿は心がけたいですね。

2. 1日に複数回投稿する

調べて見ると、上記15アカウントの平均投稿頻度は、1日3.03回! 1日1回投稿するのも一苦労だと感じられている企業担当者も多いかもしれませんが、しっかりと社内体制を組み、なるべく多くの投稿を心がけることで、フォロワーの目に留まる回数も増えます。

3. フォロワーの共感を得られる投稿を心がける

今回取り上げた15アカウントは、いずれも、ただの押し売りをする宣伝ツールとしてではなく、ファンに楽しんでもらえるツールとしてインスタグラムを活用しているのが感じ取れます。ブランドターゲットとなるユーザーが共感する内容はどういったものなのかを明確にし、何よりもエンターテイメントとしての写真や動画はどうあるべきかを考えることが大切です。

4. フォロワーのニーズを満たす投稿を心がける

フォロワーの中には、そのブランドのコアなファンがいるはずです。共感を心がけつつ、そういったコアなファンが求めている情報を発信するツールとしても、インスタグラムは重要なのだと感じました。
自社サイトやFacebook、Twitterだけで告知するのではなく、ビジュアルを上手く活用しながら情報発信を行っていきたいですね。

5. 「自社らしさ」を明確にし、世界観を確立する

上記15アカウントは、どれも1枚の写真だけで『そのブランドだ』とわかる世界観を確立しています。自社らしさを明確にし、その自社らしさをビジュアルに落とし込んだ場合どうなるのかといった、ブランディング戦略が重要です。ファンを増やしていくためにも、自社らしさを表す世界観を確立していきましょう。

おわりに

以上、フォロワー数の多いインスタグラム企業アカウントTOP15をご紹介してきました。

「これからのWebマーケティングにおいて、インスタグラムは重要だ」というのは感覚的にはわかってはいても、いざこうして他企業のインスタグラムの活用方法をみると、本格的な体制を整えて運用する重要性を実感します。

ちなみに、Redbullのインスタグラムがどれもエクストリーム過ぎてビビりました。それでは、また!

Post your reaction when someone says you're staying the night here @redbulladventure #mountain #camping #outdoors

Red Bullさん(@redbull)が投稿した動画 -