まとめ

帰納法は様々な視点から行った調査や観察の結果から導き出される納得感を重視する際に適しています。

演繹法は、前提となる原則の正確な知識がある場合や戦力的な思考、組織構成の立案時などそれまでの実績をもとに次の戦略を練り利益につなげたい際に利用するといいでしょう。

アブダクションはプレゼンテーションの場などで思い付いた案に説得力を持たせて説明した場合に適しています。

目的に応じて帰納法・演繹法・アブダクションの3つの論理展開を使いわけられるようにしましょう。