SNS運用担当者の皆様は、普段どんな活動を行っているでしょうか。
フォロワー増加施策や、広告出稿、ユーザーとの交流など、様々な運用形式があるかと思います。

誰もが情報の発信者となるSNSでは、企業からアプローチするだけでなく、ユーザー参加型のキャンペーンを実施することもできます。
単純なキャンペーンでも良いのですが、チャリティを目的としたキャンペーンを実施する企業も増えています。

今回は、ハッシュタグを利用したユーザー参加型のチャリティキャンペーンについて、事例を交えて解説します。

SNSを通してただ認知度を高めるだけでなく、CSR活動を実施して社会貢献につなげたい担当者様は必見です。

ハッシュタグとは

Twitterやインスタグラム、FacebookのようなSNSでは*「#(ハッシュタグ)」*と呼ばれる機能を利用できます。

ハッシュタグは、投稿にカテゴリをつけることができる機能です。
例えばスーパーで野菜を売ろうとした時に「じゃがいも」「北海道産」「安い」など、様々な情報を付加するように、ハッシュタグをつけることで投稿の内容にそんな要素が含まれているかを表現することができます。

ハッシュタグは検索もできるので、ハッシュタグをつければ全くつながりのないユーザーにも投稿を見てもらえる可能性が高くなります。

ハッシュタグ__鰤の日.png

投稿に#◯◯と含めるだけなので、ユーザーにとっても気軽に使いやすい機能と言えるでしょう。
Twitterとインスタグラムで特に活発に利用されており、企業のSNSキャンペーンも、Twitterとインスタグラムを対象に、ハッシュタグを起点として実施されるものがほとんどです。

参考記事:
活用できてますか?Instagram(インスタグラム)におけるハッシュタグの使い方
やらないなんてもったいない!SNSでハッシュタグキャンペーンを行うメリット5つ
Twitter・Instagramで注目されるハッシュタグ、Facebookでの使い方を考える。

ハッシュタグを利用した寄付キャンペーン事例

1.世界食料デーキャンペーン おにぎりアクション2016

世界食料デーキャンペーン_おにぎりアクション2016___TABLE_FOR_TWO.png
世界食料デーキャンペーン

イオン、伊藤園 、西友など複数の企業が行なったチャリティキャンペーンです。

Twitter、インスタグラム、Facebookのいずれかで「#OnigiriAction」とつけておにぎりを食べている写真を投稿すると、NPO法人TABLE FOR TWOを通じて開発途上国に給食を届けることができます。

「おにぎり」という生活の中で触れることの多い身近な題材なので、誰でも参加しやすいキャンペーンでしょう。

2.#SmileForTOHOKU

-SmileForTOHOKU【参加方法】―Tカード提示で東北の子どもたちに笑顔を|Tサイト[Tポイント_Tカード].png
#Smile For TOHOKU

Tポイントサービスを提供するTマネーが行ったチャリティキャンペーンです。
Twitterまたはインスタグラムで「#SmileForTOHOKU」とつけた投稿を行うと、ツイート数に応じて東日本大震災の復興支援活動へTポイントが寄付されます。

ユーザーごとの個性が出やすい「自分の笑顔のもと」というテーマで投稿します。

3.FASTINGCHARITY

FASTINGCHARITY|ポッカサッポロ.png
FASTINGCHARITY

ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社が販売しているゲロルシュタイナーという炭酸水のチャリティキャンペーンです。

Twitterまたはインスタグラムでファスティングに取組んでいる様子と共に「#fastingcharity」「#ファスティングチャリティー」というタグをつけて投稿すると、開発途上国の女性支援を行う国連WFPへ寄付されます。

ファスティングとは食事を制限し、水分を補給することで美と健康を維持する為の取り組みのことを指します。
ファスティングとして自身が食事制限を行った分、途上国の食糧支援につながるという仕組みになっています。

4.Salesforce×国連WFP学校給食プログラム Facebook、Twitter 募金キャンペーン

Facebook、Twitter_募金キャンペーン___Salesforce_World_Tour_Tokyo_2016.png
Facebook、Twitter 募金キャンペーン|Salesforce

企業向け営業支援システムを中心に展開しているSalesforceが行ったチャリティキャンペーンです。

FacebookでキャンペーンページシェアするかTwitterで「#salesforce」 と 「#WFP」と投稿につけることで、1回100円分が国連WFPに寄付されます。