法人と個人事業主は何が違う?

ここまでの解説で法人には複数の種類があることがわかったでしょう。それでは「個人事業主」と「法人」の違いはどこにあるのでしょうか。

一般的に個人事業主とは、個人事業主の開業届を出してビジネスをしている「個人」を指します。個人事業主の場合、法人のように設立に資金がは必要なく、税務署に書類を提出するだけなので、個人事業主を名乗るためにコストや手間はほとんどいりません。

「事業の相手としてどちらが優れている」というものではありませんが、「法人」の方が社会の信頼があり、取引相手として選ばれやすい傾向にあります。

参考:
個人事業主・法人の違いは?それぞれのメリット・デメリットを解説
個人事業主と法人どちらがオトク?会社設立・事業運営にかかるコストまとめ

様々な法人の特性を理解する

法人にはそれぞれ対象となる法律があり、内容によって事業活動に制約や取り決めが存在します。一部の事業活動において入札制度に沿った取引が行われる公的法人のように、法人の性質は取引条件にも関わってくるので注意しましょう。

また、各種法人に対応した法律を理解することで、自社のサービスが取引に適しているのかを把握することもできます。新規開拓先として狙いたい法人がある場合は、事業活動だけでなく関連する法規を調べてみましょう。

企業の違いを知る

BtoB(ビートゥービー)の意味とは?BtoC、CtoCとの違いや企業の成功事例を解説

BtoB(ビートゥービー)の意味とは?BtoC、CtoCとの違いや企業の成功事例を解説

BtoB(Business to Business)とは、企業が企業に向けて商品やサービスを提供する取引を指します。企業が販売する製品やサービスには大きくわけて2つ、それぞれBtoB、BtoCと表現され、内容や価格、購入する数の単位が大きく異なります。今回はBtoBやBtoCの意味、そしてホームページを活用し、法人向け製品を消費者向け製品として成功させた事例を紹介します。