Web担当者の皆様は「IoT」という言葉を聞いたことはありますでしょうか。
「IoT」「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、昨年から急速に注目を集め始め、2015年はより本格的に議論されると予想されています。
Googleトレンドを見ても、注目度が急上昇していることがよくわかります。
***
https://www.google.co.jp/trends/explore#q=IoT

今回はモノのインターネットとはどういうことなのか、なぜ今にわかに注目を集めているのかが理解できる記事をまとめました。
「IoT」の意味をしっかり理解し、今年のトレンドを把握しておきましょう。

1.IoT=あらゆる「モノ」がインターネットに接続される

***
モノのインターネット(Internet of Things:IoT)とは
IoT=モノのインターネットとは、インターネットに接続できるのはパソコンのみ、という状態ではなく、あらゆるモノがインターネットに接続可能な状態になることを指しています。
IoTという概念自体は1980年代から存在し、繰り返し議論されてきましたが、技術の発達により本格的に実現可能な状況になったため、再注目されはじました。

2.人口の3倍の数のデバイスがインターネットに接続される時代

***
いよいよ本格化する Internet of Things
現在の全世界の1人あたりの平均デバイス所持数は3.47と世界人口の約3倍にも登ります。
インターネット接続できるデバイスが増えていけば、今後更にデバイス所持数は増えていくでしょう。
それに伴い、インターネット界隈のビジネスチャンスが広がるということになります。
(http://www.advertimes.com/20150108/article179663/2/)

3.サムスンもIoT分野に大型投資を実行すると宣言

***
主役はモバイルからIoTへ、世界が注目するテクノロジーの祭典??現地からレポート「CES2015」②
毎年ラスベガスで行われているCES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)は、出展企業が2,700社以上、世界140カ国から15万人以上が参加する世界最大規模の家電トレードショーです。
最初に基調講演を行ったサムスンのCEO、BK Yoon氏は、「IoTはすでに“ここ”に存在し、それを止めるものはほとんどない」と語り、IoT重視の姿勢を見せました。サムスンは今後5年間で自社製品の全てをIoT化し、この1年間でIoT領域に1億ドルの投資を行うと発表しました。
アメリカでもIoT領域への大型投資が盛んに行われており、各社しのぎを削ってこのチャンスをものにしようとしているようです。

4.Iotで混雑予測を行い、効率アップ

***
激安スーパーを支えるIoT、30分後の混雑予測
北関東を中心に約130店舗のス―パーマーケットを展開するベイシアグループが佐倉店に導入したIoTシステムを紹介されています。
30分後の店舗の混雑状況を予測できるシステムで、その予測と店舗側が設定したKPIに合わせて開けるレジの台数を調整し、混む時間帯でも行列ができないように調整することが可能となりました。
流通業界でここまでIoTを活用している企業はまだ少ない状況ということですが、このシステムの価値が広く認知されれば利用企業が増えていくのは明白です。

5.パソコンだけじゃない!車や家電にもセキュリティ対策が必要な時代に

***
家電や自動車がサイバー攻撃の標的になる「IoT時代のセキュリティ対策」とは?

IoTが進み、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続された時、絶対に気をつけなければいけないのがセキュリティ対策です。ウィルス等に対するセキュリティ対策はパソコンだけのもの、と考えてしまいがちですが、インターネットに接続される以上はどんなモノでもしっかり対策を行うべきです。
また、パソコンと違い、人名に影響をおよぼす可能性があることも忘れてはいけません。たとえばインターネットで制御されている自動車のシステムが乗っ取られたらどうなるか、インターネット接続している家電を乗っ取られ、真夏にエアコンを作動させないような設定にされたらどうなるのか、考えただけでも恐ろしいですね。ID・パスワードを初期設定から変更する、ソフトウェアを常に最新の状態にしておくなど、最低限の対策は行っておきましょう。

まとめ

IoTという言葉は知らなくても、パソコン、スマートフォンに続き、スマートウォッチやスマートグラス等のウェアラブルデバイスや車、家電などにもインターネットが接続されていることが日常的なことだと感じ始めている方は多いのではないでしょうか。
サムスンのCEOが語ったように、既にIoTは改めて認識する間もなく日常に溶け込み始めています。
いわゆるガジェットとよばれるようなものだけでなく、鉢植えなどもIoTの対象となりえるのです。

今後、IoTが更に進化すると、Webマーケティングも大きく変わってくる可能性があります。もはや無視できない存在となってIoTについて、定期的にチェックするようにしましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。