Webマーケティングについて学ぼうと思った時に、カタカナ語の多さにうんざりとしてしまうことはありませんか?
海外から取り入れられた概念も多く、どうしても英語由来の言葉が多いのが現状です。
そのような中でも特に混乱しがちなのが、一部の綴りが同じで意味が違う言葉でしょう。

今回は「イン」や「アウト」がつく言葉について、まとめて解説します。
例えば「マーケットイン」や「インバウンド」「オプトイン」など、ついつい混同してしまうかもしれません。
この機会にまとめて違いを認識し、とっさに意味のわかる単語として理解できるようになりましょう。

[in]と[out]

カタカナ語に触れるよりも前に、元となった英語の[in]と[out]について先に考えてみましょう。
[in]は、場所や空間として「…の中に」という使い方がされます。
また、方向性を表す言葉として「…の中へ」といった使われ方がします。

「イン」のつく言葉は「内側にある・内向きになる」存在として認識するとわかりやすいでしょう。
ただし、[in]は紹介したもの以外にも複数の使われ方がされています。必ずしも場に関わる単語ではないので注意してください。

一方、[out]は「(本来の位置から)外へ」という使い方がされます。
内側に向かっていく[in]とは反対に、外側へ向かっていくイメージをすると良いでしょう。

参考:
小学館『ランダムハウス英和大辞典 第2版』

「イン」「アウト」のつく単語

では、実際にマーケティング用語から11語を解説します。
「イン」と「アウト」がつく単語は対となって存在する場合が多いので、まとめて覚えていきましょう。

ユーザーインサイト

ユーザーインサイト」とは、ユーザーの本質的な欲求や本音を指します。

「インサイト」は直訳すると「洞察」や「直感」という意味を持っています。
消費者の行動を細かく洞察することで、消費者自身も気づいていない核心部分をつこうという視点はマーケティングにおいても大切でしょう。

マーケットイン(⇄プロダクトアウト)

「マーケットイン」とは、顧客の意見・ニーズを読み取って製品開発を行うことを指します。
一方、「プロダクトアウト」は、そのような顧客目線の商品ではなく、会社の方針や作れるものを基準に製品開発を行うことを指します。

ともに製品開発の手法に関わる用語であり、視点が異なっていること意識して理解しましょう。

こちらの記事では「マーケットイン」と「プロダクトアウト」の違いについて解説しています。よかったら参考にしてみてください。

参考記事
プロダクトアウト・マーケットインとは?誤用されがちな両者を解説します

インサイドセールス(⇄フィールドセールス)

「インサイドセールス」は内勤営業とも訳され、電話やメール・Webなどのチャネルを利用して顧客との商談の機会を作り出す役割をおっています。
それだけでなく失注した顧客のフォローや受注後のアフターフォローを行う場合もあります。
企業によって、インサイドセールスの持つべき役割が異なるというのが現状でしょう。

インサイドセールスが獲得したリードを受け取り、顧客と対面で営業を行う役割として「フィールドセールス」が存在します。

参考:
インサイドセールスとは

インバウンド(⇄アウトバウンド)

インバウンド」と「アウトバウンド」はビジネスにおいて、現在2つの使われ方をしています。

1) 観光分野で使われるもの
「インバウンド」外国人が訪れる旅行のこと。
「アウトバウンド」自国から海外へ出かける旅行のこと

2)営業分野またはコールセンター業務で使われるもの
「インバウンド、またはアウトバウンドコール」外からかかってくる電話。問い合わせ。「インカミング」とも呼ばれる。
「アウトバウンド、またはアウトバウンドコール」自社側からかける電話。発信。

このように場面によって意味が異なるので、どちらの意味で使われているのか注意して読み取るようにしましょう。

参考:
インバウンド|JTB総合研究所
[インバウンドコール(Inbound Call)|株式会社市場通信]
(http://www.callcenter.ne.jp/terminology/terminology_000078.html)

インソーシング(⇄アウトソーシング) 

「インソーシング」とは、内製を意味する言葉です。
企業内のリソースで取り組む業務に利用されています。

一方、「アウトソーシング」が外製や外注、外部委託といった使われ方がされています。
特にアウトソーシングは、ビジネスの上でも使うことの多い単語でしょう。

この2つに関わる単語として「インハウス」という言葉があります。
インハウスはインソーシング同様、社内のリソースを元に業務にあたることを指しています。特にコールセンター業務においては、社内に設置したコールセンターのことを表しているので注意しましょう。

参考:
[コールセンター/テレマーケティング用語集]
(http://ccaj.or.jp/glossary.html)
アウトソーシングとは

オプトイン(⇄オプトアウト)

「オプトイン」とはメールマーケティングにおいて、事前にメール配信に同意する意思表示をしてもらう手法を指します。このような同意をもらうことが、顧客との良好な関係づくりには必要でしょう。

一方「オプトアウト」は、受信拒否の意思表示をしてもらうための手法を指します。

例えば、Googleアナリティクスでは「オプトアウトアドオン」という拡張機能を提供しています。この機能はGoogleアナリティクスに自分のデータが使用されるのを無効にできるものです。

参考:
[Eメールマーケティング用語 『意外と混乱?オプトイン・オプトアウトって何?』]
(http://blog.directus.co.jp/email-marketing-optin-optout)
Googleアナリティクスのオプトアウトアドオンについて解説

まとめ

「イン」という言葉がつくものは外から内向きに矢印が向くイメージとして使われています。一方、「アウト」は内から外に矢印が向くイメージを持つといいでしょう。

特に、マーケットインとプロダクトアウトという言葉は企業の戦略の根幹となるものです。それぞれ、消費者の視点を取り入れる製品開発か、会社の方針に合わせて売り出していく製品開発かという違いがあります。消費者と企業の方針の関係において、市場にいる消費者から製品に向かうのか、企業が作り出す製品から市場に向かうのかという方向の違いがあるのを意識しているとわかりやすいでしょう。

「イン」や「アウト」は使われている単語も多いので意味がわからなくなりがちですが、むしろ「方向」として捉えることで単語の意味を理解しやすくなります。
知らない単語が出てきた時には、このように単語の意味を分解しながら考えてみるようにしましょう。