コンテンツマーケティング」の事例というと、どういったものをイメージされるでしょうか。
企業がホームページ上で、消費者の役に立つ情報を発信していくオウンドメディアをイメージされている方も多いかもしれません。その中でコンテンツマーケティング=記事を作ること」というイメージを持たれている方は多いでしょう。

今回は、記事以外のコンテンツを通して、コンテンツマーケティングを行っている国内の事例を紹介します。
なかには「これも、そうだったのか」と感じるものもあるかもしれません。
コンテンツマーケティングとは必ずしも記事を通して行われるものことを、実際の事例を通して学んでいきましょう。

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとはユーザーに対して価値あるコンテンツを制作および提供し続けることで、ユーザーを惹きつけ、最終的な収益に繋がる行動をユーザーに取ってもらうための一連の手法」を指します。

たんに自社の売りたい商品の広告や情報を発信するマーケティングとは異なり「いますぐ購入したい」という顧客以外も対象としているのがポイントです。

例えば、あなたがパソコンを購入する時、どのようなプロセスを辿って購入までたどり着くでしょうか?
すぐに「◯◯社のパソコンが欲しい」とは、あまりならないはずです。

その前には、現在使っているパソコンが使いづらくなってきたとか、テレビで見たパソコンがかっこよくて惹かれるとか、ブログを見て複数の機種を比較してみるといった感情や行動の変化があるでしょう。

コンテンツマーケティングは、このような購買に至るまでの一連の行動に働きかけます。

そのため必ずしもコンテンツ=記事というわけではありません。
先ほどの例のようにCMやブログコンテンツの1つであり、消費者の目に触れるもの全てがコンテンツになりえます。

コンテンツマーケティングとコンテンツSEOの違いとは

では、なぜコンテンツマーケティングの中でも「ネット上で記事などの消費者の役にたつ情報を発信すること」が注目されるようになったのでしょうか。

この理由の1つとして「ホームページに書かれている内容がユーザーの満足度につながる良いコンテンツかどうか」をGoogleが重視していることが挙げられます。
そのため、ホームページ上でユーザーの役に立つ記事を配信することで検索順位が上がり、より多くのユーザーコンテンツが届きやすくなりました。
このようなSEOの手法をコンテンツSEOと言います。

コンテンツSEOが注目されることで、コンテンツマーケティング=記事を作成するというイメージを持つようになった方も多いかもしれません。
ですが、実際のコンテンツマーケティングは動画や雑誌など、様々な媒体を用いて行われます。
必ずしもWeb上で記事を作成することではないと覚えておきましょう。

コンテンツマーケティングとは何かについて、こちらの記事で詳しく説明しています。参考にしてみてください。
参照記事:
[コンテンツマーケティングとは何か 〜 歴史・事例などから解説 〜]
(https://ferret-plus.com/5379)

参考:
More guidance on building high-quality sites