Twitterで情報発信を行う際、全く違う毛色の情報が混在してしまうことはありませんか?
例えば、企業の公式アカウントであってもIR情報と採用情報では、情報を受け取りたいユーザー層は異なるでしょう。

どのような情報でも一緒くたに出してしまうと、フォロワーにとっても興味のないツイートが増えることとなり、フォロー解除されてしまうかもしれません。そのような時には、アカウントを分けて、アカウントごとに特化した情報を発信していくようにしましょう。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、Twitterで複数のアカウントを作成する際の注意点と複数のアカウントを運営している企業の事例を紹介します。

企業によっては、ブランドごとや発信する情報の対象ごとにアカウントを分けています。自社でTwitter運営を行っていく上で、どういった運営方法が適切なのかを考えながら見ていきましょう。

Twitterで複数アカウントを運営する際の注意点

Twitterでは1人のユーザーであっても複数のアカウントを運営することができます。
ただし、複数のアカウントから同じ投稿を繰り返すような「スパム行為」や、他人になりきって投稿を行う「なりすまし行為」はTwitterルールで禁止されています。

こういった行為を行った場合、アカウントが永久凍結される可能性もあります。
アカウントを分けて運用を行う際には、発信する情報の内容が異なる場合に限って利用でしましょう。

参考:
Twitterルール|Twitterヘルプセンター

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

複数アカウントを作成するために必要なもの

Twitterアカウントを登録するのに必要なのは以下の4点です。

・名前(ニックネーム)
・電話番号またはメールアドレス
・パスワード
・ユーザー名(@以下に表示される名前)

アカウントを複数作成する場合、ショートメールでの認証が可能な電話番号を複数用意するかメールアドレスを複数用意する必要があります。

名前とパスワードは重複可能ですが、ユーザー名と電話番号・メールアドレスは重複して登録することができないので注意しましょう。

参考:
Twitterに登録する方法|Twitterヘルプ

管理上の注意

パソコン版のTwitterでは、複数のアカウントでログインすることはできません。
そのため、アカウントを切り替えたい場合は一度ログアウトしてからまたログインする必要があります。

iPhoneやAndroid向けに配信されているアプリであれば、1ユーザーにつき複数のアカウントを紐付けて登録することができます。

jpeg.png

アカウントの登録を行っていれば上記のようにプロフィール画面から、手軽にアカウントを切り替えることができます。

1人の担当者がアプリで複数のアカウントを運用する場合、活用してみるといいでしょう。

参考:
複数のTwitterアカウントの管理