動画市場が急速に盛り上がりを見せています。
昨年もyoutubeに動画をアップし、アクセスを集めて収入を得る「youtuber」が大きな話題となりました。

アメリカでは動画市場は既に成熟してきていますが、日本でもMCN(マルチチャネルネットワーク)を取り扱う企業が増えており、2015年は本格的に大きなブームが来ることが予想されます。

MCNの詳細はこちら

2015年注目のマルチチャンネルネットワーク(MCN)とは

スマホが普及し、4G/LTE回線も国内ではほぼ使える環境になったことで、いつどこにいても動画を閲覧しやすい環境になりました。
更にスマホ環境が整備され、動画閲覧のハードルはますます下がっていくでしょう。
テキストや画像に比べて訴求力の高い動画は、あらゆるプロモーションに応用されることは明確です。

今回は、昨年特徴的な動画プロモーションを打ち出して話題になった企業の事例を集めました。
自社サービスの認知度アップ、ブランド訴求を行いたいと考えている方は是非参考にしてみてください。

1.人気キャラクターを起用するだけでなく、内容も充実した動画を

***
心を動かし、イメージを向上させる「動画プロモーション」の展開方法とは

こちらの記事ではフジテレビの情報番組内で放送されているアニメ「紙兎ロペ」と資生堂の日焼け止め「ANESSA」がコラボして作成されたプロモーション動画が紹介されています。
資生堂は2012年にyoutubeに資生堂チャンネルを開設しており、国内化粧品業界でいち早く動画プロモーションに乗り出しています。ブランド毎や就活生向けのチャンネルなども開設し、かなり戦略的に動画を活用しているようです。
紙兎ロペとのコラボレーション動画も1ヶ月半で50万回再生されています。ただ人気キャラクターを採用するだけでなく、キャラクターの持ち味と商品の訴求ポイントをうまく抱き合わせたコンテンツを構築しています。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

2.サプライズ満載の海外のプロモーション

***
世界中でバズったWEB動画プロモーション事例まとめ10
こちらの記事では、海外で話題になったプロモーション動画がまとめられています。
Google Earthのような重厚なストーリーを持つものもありますが、一般人を対象としたゲリラプロモーションの様子を捉えているものが多いようです。
4番目に紹介されているLGのテレビを使ったドッキリ企画は、企画内容の面白さに加え現実と区別がつかないような映像の鮮明さが伝わる内容になっています。

3.youtuberを起用し、youtubeユーザーに訴求

***
ネットで話題になっていたWEB動画たちを掘り起こしてきた。
こちらの記事で最初に紹介されているプロモーション動画では、男性向けシャンプーである「スカルプD」と人気youtuberのヒカキン氏がコラボしています。
「スカルプD」はテレビCMでは多数の芸能人を起用し大々的にプロモーションを行っていましたが、youtubeにおいては芸能人ではなく、youtube界隈で圧倒的な人気を誇るyoutuberを起用することでyoutubeユーザーに受け入れられやすい土壌を作っています。

4.ブランドイメージを伝えるための動画とは?

***
動画がブランドイメージを変える!?プロモーション動画のBefore-After
かなり早い段階から動画プロモーションに力を入れていたアウトドア用品メーカーのコールマンは、製品の使い方だけでなく、実際に製品を使ってキャンプを楽しんでいるストーリー性のある動画を作成しています。

まとめ

動画コンテンツは、テキストや画像に比べて伝えられる情報量が圧倒的に多くなります。
サプライズで人々が驚いている様子や、短編映画のようなストーリー性のあるコンテンツテキストで表現するのは難しく、動画を活用することで上手に表現できるようになります。
まだまだ大手企業がブランディングの為に利用するイメージの強いプロモーション動画ですが、今後確実に利用する企業が増えていくでしょう。

競合他社と差別化できる強力なコンテンツとなりえる可能性が高いので、早い段階で動画プロモーションに踏み切ってみるのも良いかもしれません。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

Webマーケティングとは
Webマーケティングの基礎~3C分析を使ってみよう
マーケティングの基本である市場分析とポジション

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティング戦略の基礎について説明しています。