まとめ

動物写真は見ているだけで癒され、SNSで動物写真が流れてくるたび思わずクリックしてしまうって方は少なくないのではないでしょうか。
昨年大流行したバイラルメディアでも、犬・猫の写真や動画が多数アップされており、爆発的なトラフィックを稼ぐのに一役買ったようです。
動物の写真は引きが強い分、多くのユーザーの関心をひきやすいものではありますが、アクセスが集まりやすいからと言ってホームページの内容と全く無関係な画像をサムネイル等に設定すると、当然ユーザーはサイトを訪れてもすぐ離れてしまいます。
ユーザー導線を考慮し、動物画像を使う時はある程度関係性のある内容を発信する場合のみにしましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ