インスタグラムを使っていると、他のユーザーの投稿を自分のフォロワーに共有したいと思ったことはありませんか?

企業であれば自社の商品に関するポジティブな投稿や、自社の取り扱うサービスに関連した投稿などは、積極的にシェアしたいところでしょう。

ですが、インスタグラムにはTwitterでいうリツイートやFacebookのシェアのような機能はありません。
その代わりに定着しているのが「リポスト」という投稿形式です。

今回は、リポストとの仕組みとリポストを行うことができるアプリ3つを紹介します。

他のユーザーの投稿を利用して再投稿を行う「リポスト」は企業のキャンペーンでも利用されるなど、運用担当者なら覚えておきたいノウハウです。
ユーザーとの交流を活性化させる手段の1つとしておさえておきましょう。

リポストとは

インスタグラムにおける「リポスト(Repost)」とは、他のユーザーの投稿を利用して再投稿する形式を指します。

投稿内には元となった投稿へのリンクが設置され、設定によってはキャプションもそのまま引き継ぎます。

上記の投稿の場合、品川祐さんの投稿した内容を渡辺直美さんがリポストしています。
元となった投稿のユーザーアイコンとユーザー名が表記されており、渡辺さんのアカウントながら別のユーザーの投稿であることがわかるでしょう。

また、リポストした際には元の投稿に含まれていたキャプションだけでなく、オリジナルの文章やハッシュタグをつけることもあります。

インスタグラムでは、Facebookのシェアや、Twitterのリツイートのように他のユーザーの投稿を自分のフォロワーに向けてシェアすることはできません。
そのため、専用のアプリを利用して、気になった投稿を再投稿する「リポスト」が活用されているのです。