インスタグラムを使っていると、他のユーザーの投稿を自分のフォロワーに共有したいと思ったことはありませんか?

企業であれば自社の商品に関するポジティブな投稿や、自社の取り扱うサービスに関連した投稿などは、積極的にシェアしたいところでしょう。

ですが、インスタグラムにはTwitterでいうリツイートやFacebookのシェアのような機能はありません。
その代わりに定着しているのが「リポスト」という投稿形式です。

今回は、リポストとの仕組みとリポストを行うことができるアプリ3つを紹介します。

他のユーザーの投稿を利用して再投稿を行う「リポスト」は企業のキャンペーンでも利用されるなど、運用担当者なら覚えておきたいノウハウです。
ユーザーとの交流を活性化させる手段の1つとしておさえておきましょう。

リポストとは

インスタグラムにおける「リポスト(Repost)」とは、他のユーザーの投稿を利用して再投稿する形式を指します。

投稿内には元となった投稿へのリンクが設置され、設定によってはキャプションもそのまま引き継ぎます。

上記の投稿の場合、品川祐さんの投稿した内容を渡辺直美さんがリポストしています。
元となった投稿のユーザーアイコンとユーザー名が表記されており、渡辺さんのアカウントながら別のユーザーの投稿であることがわかるでしょう。

また、リポストした際には元の投稿に含まれていたキャプションだけでなく、オリジナルの文章やハッシュタグをつけることもあります。

インスタグラムでは、Facebookのシェアや、Twitterのリツイートのように他のユーザーの投稿を自分のフォロワーに向けてシェアすることはできません。
そのため、専用のアプリを利用して、気になった投稿を再投稿する「リポスト」が活用されているのです。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

リポストを利用したキャンペーン事例

公式の機能ではないものの、リポストは多くのユーザーにとって身近に利用している機能です。
企業でも自社の投稿を多くの人に広めるため、リポストを呼びかけるキャンペーンを実施しています。

1.ALICIA

Instagram_repostキャンペーン.png
http://alicia-online.jp/user_data/150925_insta.php

女性向けのファッションを取り扱うALICIAでは、自社の投稿をリポストしたユーザーに対して、投稿内で着用していたアイテムをプレゼントするキャンペーンを実施しました。

公式アカウントをフォローした上でリポストを行った人を対象にすることで、投稿の拡散だけでなくフォロワーの増加にもつなげています。

2.URBAN RESEARCH

〈Instagram〉URBAN_RESEARCH公式アカウント「Tシャツプレゼントキャンペーン」___アーバンリサーチ_URBAN_RESEARCH.png
http://www.urban-research.com/news/21524/

ファッションブランドのURBAN RESEARCHでは、デザインTシャツの発売に合わせ「いいね!」または「リポスト」を行ったユーザーへのプレゼントキャンペーンを実施しました。
公式アカウントをフォローしたうえで、Tシャツの着こなし方法を提案している投稿に対して「いいね!」または「リポスト」を行う必要があります。

このようにリポストだけでなく、他の機能も併用することで、ユーザーにとっても参加しやすいキャンペーンとなります。
専用のアプリが必要なリポストには抵抗感を覚えるユーザーにも、配慮したキャンペーンと言えるでしょう。

リポストが利用できるアプリ3選

インスタグラムの公式アプリではリポストを利用できません。
そのため、リポストを行う際は、リポスト機能を持った他社製のアプリをダウンロードしましょう。

1.Repost for Instagram

Repost_for_Instagramを_App_Store_で.png
Repost for Instagram|iTunesプレビュー

「Repost for Instagram」は、シンプルな操作画面でリポストが行えるアプリです。
インスタグラム公式アプリから投稿のURLをクリップボードにコピーし、アプリからコピーした投稿をリポストできます。

投稿がリポストであることを示すラベルの色と位置も設定できるだけでなく、通常の投稿と同じようにインスタグラムの写真加工が利用できます。

2.Instapics for Instagram

Instapics_for_Instagram___Repost_ig_videos___Regram_photos_on_phonegram_Freeを_App_Store_で.png
Instapics for Instagram|iTunesプレビュー

「Instapics for Instagram」は、人気の投稿からリポストできるアプリです。

ユーザーまたはハッシュタグから検索を行うこともできるので、インスタグラムアプリに移動して投稿のURLをコピーする手間を省けます。
広告非表示機能など一部、有料の機能があるので注意してください。

3.PhotoAround

PhotoAround_リポスト_バックアップ_for_Instagramを_App_Store_で.png
PhotoAround|iTunesプレビュー

「PhotoAround」は気に入った投稿をリポストできるだけでなく、アプリ内や端末に保存できます。
ハッシュタグユーザーのブックマーク機能もあるので、特定のユーザーが投稿する内容追いたい場合や常時チェックしたいハッシュタグがある際に重宝するでしょう。

まとめ

リポストは、他のユーザーの投稿を利用した投稿形式です。
例えば、自社の商品を購入してくれたユーザーの投稿をリポストすることで、ユーザーとの交流につながります。また、自社の投稿をリポストしてもらえるようキャンペーンを行えば、投稿をより多くの人にみてもらうことができるでしょう。

リポストはインスタグラムの公式アプリから提供されている機能ではなく、利用にあたっては専用のアプリが必要となります。
アプリによってはリポストであることを示すラベルをつけずにリポストできるアプリもあります。
そういったアプリを利用する際は、他のユーザーの投稿が自分の投稿であると勘違いされないよう気をつけてください。

また、ユーザーによっては自分の投稿をリポストされるのを嫌がる可能性もあります。プロフィールページなどに「リポストNG」などの表記がないか確かめた上で、リポストするようにしましょう。