コールトラッキング(電話効果計測)は、電話数架電された経路などを把握できる仕組みです。問い合わせや申し込みなどを電話で受け付けている企業は、コールトラッキングの導入によって様々なメリットが得られます。

この記事では、コールトラッキングの仕組みや実現できること、向いている企業を解説するとともに、おすすめのコールトラッキングツールも紹介します。電話数などを正確に把握し、マーケティング施策に活かしたい企業の担当者の方はぜひ参考にしてください。

目次

  1. コールトラッキング(電話効果計測)とは?
  2. コールトラッキングツールを導入することで実現できること
  3. コールトラッキングツールの導入が向いている企業
  4. おすすめコールトラッキングツール6選
  5. コールトラッキングで数値を可視化してマーケティング施策に活かそう!

▼コールトラッキングについて知りたい方はこちら

はじめてのコールトラッキング

はじめてのコールトラッキング

電話と広告の関係性からコールトラッキングのついて重要性を紐解きます。

コールトラッキング(電話効果計測)とは?

コールトラッキングとは、電話に関する様々なデータを計測し可視化できる仕組みです。

コールトラッキングとは.png

以下のような企業におすすめです。

  • 店舗ビジネスを運営している企業
  • 電話での問い合わせ受付けをしている企業
  • 電話によるサポートを提供している企業

ここでは、コールトラッキングの仕組みや取得できるデータについて解説します。

コールトラッキングの仕組み

コールトラッキングの一般的な仕組みは次の通りです。

①コールトラッキングのシステムによって計測用の電話番号が提供される
②計測用の電話番号を企業のWebサイトや広告媒体上に記載
③計測用の電話番号を見た人が架電
④コールトラッキングのシステムが受電に関するデータを収集
⑤コールトラッキングのシステムから企業の電話へ転送
⑥通話が開始される

コールトラッキングの仕組み.png
話し中や担当者不在などで通話が開始されなかった場合も、架電の記録はコールトラッキングのシステム上に残ります。ツールの種類や設定によっては、架電時や入電時などに音声ガイダンスを流すことも可能です。

コールトラッキングツールで取得できるデータ

コールトラッキングツールでは、主に次のようなデータを取得できます。

  • 入電日時
  • 通話時間
  • 流入経路
  • 通話時の音声(録音データ)
  • 発信者の電話番号
  • 媒体ごとの電話数

取得したデータは、ツールの管理画面などで確認が可能です。ツールによっては、取得したデータをCSV出力したり、外部の顧客管理ツールに連携したりといったこともできます。

コールトラッキングツール導入で実現できること

コールトラッキングツールを導入すると、次の2つのことが実現できます。

  • 広告の 効果測定と最適化
  • 電話業務の効率化と品質向上

広告の効果測定と最適化

コンバージョン方法に電話が含まれる広告について、次のような取り組みが可能です。

●電話数の正確な計測

コールトラッキングツールでは、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールよりも正確に電話数を計測できます。

Googleアナリティクスで電話によるコンバージョンを計測する方法としては、スマートフォンで電話番号がタップされたことを検知する「タップ計測」が代表的です。ただ、タップ計測では誤ってタップされた場合でも回数が計測されてしまうため、実際に通話した回数を正確に計測できない場合があります。

一方、コールトラッキングツールは入電があった時点でデータが記録される仕組みです。誤タップなどの回数は計測されないため、電話がつながったかどうかも含めて電話数を正確に計測できます。

●架電された経路の把握

コールトラッキングツールより提供された複数の計測用電話番号を活用することで、架電された経路の把握が可能です。例えば、リスティング広告と雑誌広告で掲載する電話番号を変えておけば、どの媒体を見たユーザーから電話があったかを確認できます。

●オンライン・オフラインデータの統合

コールトラッキングツールの種類によっては、アクセス解析ツールと連携して、オンラインとオフラインのデータを統合することもできます。

通常、Googleアナリティクスなどのアクセス解析ツールでは、Webサイト上で発生したアクションしか計測できません。しかし、コールトラッキングツールで取得したコールログをインポートすると、電話経由のコンバージョンGoogleアナリティクス上で計測することが可能です。

電話業務の効率化と品質向上

コールトラッキングの導入により、電話業務の効率化や品質向上も実現できます。具体的な内容は次の通りです。

●音声ガイダンスの活用などによる効率化

音声ガイダンス機能があるコールトラッキングツールなら、電話業務を効率化できます。音声ガイダンス機能があれば、問い合わせ内容に応じて番号をプッシュしてもらい、接続先を振り分けるガイダンスを流せるので、適切な部署に電話をつなぐことが可能です。

例えば、「○○に関するお問い合わせの場合は1を押してください」というガイダンスを流せば、電話を受けてから該当する部署に転送する手間がかからなくなるので、業務効率化につながるでしょう。

●電話対応時の課題把握による品質向上

コールトラッキングツールの種類によっては、通話内容の録音機能や音声をテキストする機能が備わっています。録音データや通話内容のテキストを確認することで、電話対応時の課題を把握し、対応品質の向上に活かすことが可能です。

例えば、架電数や通話数が多いもののサービスの購入などになかなか至らない場合に、通話内容を振り返りトークスクリプトを見直し品質を向上するといった対応がとれるでしょう。

●電話対応ができなかった場合のフォロー

コールトラッキングツールは、電話対応ができなかった場合のフォローにも役立ちます。話し中や営業時間外など、電話対応ができなかった場合には、しばらく待ってもらうように伝える音声ガイダンスを流したり、不在時に転送先の電話番号を変えたりすることが可能です。

また、架電があったことをメールで通知することもできるため、機会損失の防止にもつながります。

コールトラッキングツールの導入が向いている企業

コールトラッキングツールは、店舗ビジネスを運営している企業や、電話によるサポートセンターがある企業などに向いています。業態別に見ると、以下のようなメリットが期待できます。

業態 期待できるメリット
店舗ビジネス
(飲食店やエステサロンなど)
集客施策の最適化
 ・広告施策の改善
 ・営業時間外の電話をフォロー
電話によるサポートを行っている企業 対応品質の向上
業務の効率化

▼コールトラッキングについてもっと知りたい方はこちら

はじめてのコールトラッキング

はじめてのコールトラッキング

電話と広告の関係性からコールトラッキングのついて重要性を紐解きます。

おすすめコールトラッキングツール6選

コールトラッキングツールには様々な種類があります。ツールによって利用できる機能や料金プランなどが異なるため、自社に合うツールを選ぶことが大切です。ここでは、おすすめのコールトラッキングツールについて、特徴やサービス内容を紹介します。

CallTracker(コールトラッカー)

image4.png
画像出典:CallTracker(コールトラッカー)

●多機能かつ24時間365日のサポートが受けられる

コールトラッカーは国内で初めて提供され、現在も多くの企業で導入実績があるコールトラッキングサービスです。Web広告だけでなく、テレビやラジオ、チラシなどあらゆる媒体からの問い合わせを測定できます。

通話内容のテキスト化やAIによる自動判定、メール通知、Googleアナリティクス連携など便利な機能が充実24時間365日サポートが受けられることも特徴です。

項目 内容
料金 フリートライアル:無料
スターターパック:6,500円~14,000円/月
スタンダードプラン:50,000円/月
主な機能 ・電話数、流入経路の測定
・二者間通話記録
・音声ガイダンス
・通話結果の判定
・メール通知
・コールキューイング
・順次転送
・音声テキスト
特徴 ・豊富な便利機能
・充実したサポート体制
外部連携 Googleアナリティクス
・API連携

Callノート

image6.png
画像出典:Callノート(電話効果測定ソリューション)

●安定的な電話基盤を備えたサービス

Callノートは、計測用の仮想電話番号をリアルタイムに作成できるコールトラッキングサービスです。月間1,000万通話の規模を支える高いインフラ技術により、大規模な電話転送にも対応できます。

また素早く導入できるという特徴もあり、7営業日ほどを目安に導入することが可能です。

項目 内容
料金 要問合せ
主な機能 ・通話情報の記録、レポート化
・電話転送
・時間外転送
・音声ガイダンス
・メール通知
特徴 ・計測用の電話番号をリアルタイムに作成できる
・規模を問わず安定した電話転送を提供
外部連携 要問合せ

AdSiP(アドシップ)

image3.png
画像出典:AdSiP(アドシップ)

●月額3,000円からの低コストで利用できる

AdSiPは、月額3,000円からという比較的低価格で利用できるコールトラッキングサービスです。初期費用は2,000円で、業界トップクラスの番号保有数を誇っています。マーケティング向け機能も充実しており、GoogleアナリティクスやGoogle広告、Yahoo!広告との連携が可能です。

項目 内容
料金 【0120ライトプラン】
初期登録料:2,000円
番号取得料:1,000円
番号使用料:3,000円/月
通話料:従量課金

【基本プラン】
初期登録料:50,000円
番号取得料:0円~1,000円
システム基本料:50,000円/月
番号使用料:50円~950円/月
通話料:従量課金
主な機能 ・通話履歴のグラフ化
・条件付きアフィリエイト設定
・SMS送信
・メール通知
・二者間通話録音
・IVR(音声分岐機能)
・ナンバーディスプレイ表示
・管理画面の発行
・音声ガイダンス
・時間外転送
特徴 ・低コストで運用できるプランあり
マーケティング向け機能が充実
外部連携 広告管理ツール(Google、Yahoo!など)
Googleアナリティクス

コール・インテリジェンス

image1.png
画像出典:コール・インテリジェンス

●広告運用改善と顧客管理改善を実現できるサービス

コール・インテリジェンスは、Googleアナリティクスと連携し、Webと電話のコンバージョンを一元管理できるコールトラッキングサービスです。電話効果を含めた広告効果を100%計測できるため、全ての成果に至るデータを把握できます。リスティングキーワード単位での計測も可能なので、広告の効果をより正確に測定できるでしょう。

また、入電を取り逃した電話番号を電話機のナンバーディスプレイに表示する機能があるため、顧客へのスピーディーな折り返しが可能です。

項目 内容
料金 要問合せ
主な機能 ・通話ログ管理
・音声ガイダンス
・ナンバーディスプレイ表示
・通話録音
・着信拒否、非通知拒否設定
特徴 広告の効果測定に役立つ機能が豊富
・顧客へのスピーディーな折り返しが可能
外部連携 Googleアナリティクス
・API連携

ADgainer(アドゲイナー)

image2.png
画像出典:ADgainer(アドゲイナー)

●目的に合わせてトラッキング方法を2種類から選べる

ADgainerは、コンバージョンが発生した場所を地図上で表示するといった独自の分析機能を備えたコールトラッキングサービスです。来訪メディア単位で電話の反響を測定するソーストラッキングと、リスティング広告や自然検索のキーワード単位で電話反響を測定するキーワードトラッキングの2種類が利用できます。

項目 内容
料金 【ソーストラッキング】
6,000円~21,000円/月

【キーワードトラッキング】
7,000円~280,000円/月
主な機能 ・電話コンバージョン計測
・ロケーショントラッキング
CSVレポーティング
・メール通知
・計測番号のランダム発行
特徴 ・独自のロケーショントラッキング機能
・2種類から選べるトラッキング方法
外部連携 Googleアナリティクス

Call Data Bank(コールデータバンク)

image5.png
画像出典:Call Data Bank(コールデータバンク)

●様々なツールと連携できる

Call Data Bankは、様々なツールと連携できるコールトラッキングサービスです。Google広告やYahoo!広告Googleアナリティクス、ADEBiSなどと連携できるため、データを柔軟に運用できます。

また、計測できるデータの種類が多いのも特徴です。入電日時といった一般的なデータはもちろん、電話の切断理由や端末種別、直前に見ていたURLなどのデータも確認できるので、分析・改善に役立つでしょう。

項目 内容
料金 【オフライントラッキング/メディアトラッキング】
・番号費用:5,000円~15,000円/月
・通話料金:従量課金

【キーワードトラッキング】
・番号費用:10,000円~50,000円/月
・通話料金:従量課金
主な機能 ・電話計測
・通話録音
・ナンバーポータビリティ
・ナンバーディスプレイ表示
・CVメール通知
・音声ガイダンス
・SMS送信
特徴 様々なツールと連携できる
外部連携 Google広告
・Yahoo!広告
Googleアナリティクス
・ADEBiS

コールトラッキングで数値を可視化してマーケティング施策に活かそう!

コールトラッキングツールを導入することで、電話数や架電された経路を正確に把握できるのため、広告施策の最適化に取り組めます。また、音声ガイダンスの活用などによる電話業務の効率化品質向上も可能です。

コールトラッキングツールの種類によって、利用できる機能やコストは異なります。自社で把握したいデータの種類や受けられるサポート内容、予算などに応じて最適なコールトラッキングツールを導入し、マーケティング施策に活かしましょう。

▼コールトラッキングについてもっと知りたい方はこちら

はじめてのコールトラッキング

はじめてのコールトラッキング

電話と広告の関係性からコールトラッキングのついて重要性を紐解きます。