Twitterのタイムラインに流れてくるたくさんの投稿の中でも、一際目立つのが"画像付き投稿"です。実際に活用している方も多いことと思いますが、実はタイムライン上の画像は元画像をそのまま縮小表示したものではないことはご存知でしょうか。

Twitterでは、タイムラインに表示する際に画像をリサイズすることがあります。そのため、サイズをあまり気にせず投稿してしまうと、特に見せたい箇所が隠れてしまうという結果になってしまいます。

タイムラインは流し見している方も少なくありませんので、よく見えない写真だとスルーされてしまいがちです。画像を綺麗に表示するためにも、投稿する画像サイズを意識しましょう。

今回は、Twitter投稿に最適な画像サイズを紹介します。

Twitter(ツイッター)投稿画像の比率を知っておくべき理由

TwitterにはPC版、スマホ版があり、各タイムラインで画像の見え方やサイズが微妙に異なります。画像サイズを気にせずに投稿してしまうと、PC版では綺麗に見えるのにスマホ版では切り取られてしまっている……なんていうことになりかねません。

特に、ビジネスを利用している方でバナーやチラシ画像などを投稿している方は、画像が切り取られることで効果が発揮できなくなります。思わぬ箇所がリサイズされないようにするためには、投稿画像の比率を意識することが重要です。

画像をタップすればリサイズされてしまった部分も見れますので、気にならないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、肝心な箇所が切り取られた結果そもそも何の画像か分からないこともありますし、わざわざタップしてまで見ないという方も少なくありません。せっかく画像を投稿するのであればやはり意図しないリサイズは防ぎたいものです。

ここからは、PC版の最適な画像サイズ、スマホ版の最適な画像サイズ、両方に共通して最適な画像サイズをご紹介します。画像投稿を行う際の参考にしてみてください。

Twitter(ツイッター)PC版の最適な画像サイズ

多くのホームページの情報によると、PC版のTwitterでは「2:1」が最適な画像の比率とされています。

また、投稿画像はタイムライン上に横幅が506pxに収まるように表示します。そこで、実際にTwitterにテスト画像をツイートしてみました。

twhttps://ferret.akamaized.net/images/593b78f87f58a81b2900016f/original.png?1497069815
横506px × 縦253pxの画像を投稿したところ、タイムライン上に画像全体を表示することができています。

tw2.png
続いて、横253px × 縦506pxの画像を投稿してみましたが、こちらもタイムライン上に画像全体を表示することができています。全体像は問題なく見えたものの、極端に縦長だとどうしても内容が見づらい印象を受けます。

tw3.png
今度は「比率2:1」とは異なる、横700px × 縦253pxの画像を投稿してみました。タイムライン上に画像が収まるように若干縮小表示しています。

tw4.png
最後に「比率2:1」で、横100px × 縦50pxの画像を投稿してみました。タイムライン上ではかなり小さい表示となり、文字を読むのが困難なレベルになっています。

今回のテストツイート結果では、画像が切り取られることはなく、タイムラインに画像の全体像を表示することができました。その中でも「横506px × 縦253px」の画像が一番はっきりと表示することができているのではないでしょうか。しかし、サイズがあまりにも小さかったり縦に長過ぎるなど、比率によっては画像が見づらくなっています。

参考:Twitter投稿に最適な画像サイズとは?PC版・スマホ版では比率が違うので要チェック!|Social Media Lab