Twitter(ツイッター)のタイムラインに流れてくるたくさんの投稿の中でも、一際目立つのが画像付き投稿です。実際に活用している方も多いことと思いますが、実はタイムライン上の画像は元画像をそのまま縮小表示したものではないことはご存知でしょうか。

Twitterでは、タイムラインに表示する際に画像をリサイズすることがあります。そのため、サイズをあまり気にせず投稿してしまうと、特に見せたい箇所が隠れてしまうという結果になってしまいます。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

タイムラインは流し見している方も少なくありませんので、よく見えない写真だとスルーされてしまいがちです。画像を綺麗に表示するためにも、投稿する画像サイズを意識しましょう。

今回は、Twitter投稿に最適な画像サイズを紹介します。

Twitter(ツイッター)の投稿画像はPCとスマホでベストの比率が違う

TwitterにはPC版、スマホ版があり、各タイムラインで画像の見え方やサイズが微妙に異なります。画像サイズを気にせずに投稿してしまうと、PC版では綺麗に見えるのにスマホ版では切り取られてしまっている……なんていうことになりかねません。

特に、ビジネスを利用している方でバナーやチラシ画像などを投稿している方は、画像が切り取られることで効果が発揮できなくなります。思わぬ箇所がリサイズされないようにするためには、投稿画像の比率を意識することが重要です。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

画像をタップすればリサイズされてしまった部分も見れますので、気にならないという方もいらっしゃるでしょう。しかし、肝心な箇所が切り取られた結果そもそも何の画像か分からないこともありますし、わざわざタップしてまで見ないという方も少なくありません。せっかく画像を投稿するのであればやはり意図しないリサイズは防ぎたいものです。

ここからは、PC版の最適な画像サイズ、スマホ版の最適な画像サイズ、両方に共通して最適な画像サイズをご紹介します。画像投稿を行う際の参考にしてみてください。